2016年06月30日

気迫の投手戦〜2016年 横浜DeNA × 千葉ロッテ交流戦(1)〜

IMG_5170.JPG IMG_5188.JPG

またもごぶさたしてしまっておりました。この一ヶ月ほどは、
思わぬ仕事の難題と格闘しているうちに、いつしか時間が過ぎていたという感じだったんですが、
今回は遅ればせながら6月最初の週の週末にありました、プロ野球のセ・パ交流戦
「横浜DeNAベイスターズ vs 千葉ロッテマリーンズ」観戦記を綴りたいと思います。

ロッテファンの古き友人と球場で観戦するのが毎年の恒例行事になりつつある
このカードなんですが、今年の舞台はわが横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアム。
昨年はリーグ首位という絶好調のチーム状態で臨んだはずの交流戦で
3勝14敗1分という悪夢のような結果に沈んだわがベイスターズ(泣)でしたが
ラミレス新監督率いる今年のチームはその雪辱を果たせるのか?
最初の西武との3連戦ですでに1勝2敗と負け越しているので
この本拠地でのロッテとの3連戦はもう絶対負けられん・・・ということで
今年は6月3日(金)の第1戦、4日(土)の第2戦をその横浜スタジアムにてライブ観戦です。
相手のロッテもここまでパ・リーグ2位とはいえ
首位を突っ走る強豪ソフトバンクとのゲーム差は広がる一方、
ファンの苛立ちも日に日に増しているところで、この交流戦で何とか勢いづきたいところだったはずですが、
そんな両者が激突した今年の対決は・・・はてさて、どうなったでしょうか?


3日(金)の第1戦は平日のナイターということで、友人も私も仕事を早めに切り上げて
そこそこ余裕をもって球場に来たんですが、夕方の横浜スタジアムはすでにお祭り状態(?)
とばかりに双方のファンが大勢ひしめいていました。

IMG_5168.JPG
(↑)夕方5時近くといえども、まだまだ明るい初夏の青空の下の横浜スタジアム。
  すでに汗ばむ陽気の中、ファンの熱気も暑苦しいまでに立ち込めてます。

IMG_5171.JPG
(↑)とはいえ、スタンドの方はやはりまだガラガラ・・・平日のナイターは
  会社帰りの人が後からじわりじわりと増えてくるので、試合開始時刻近くになっても
  まだまだ空席が目立ちます。

IMG_5174.JPG
(↑)試合前のひと時、ここは横浜スタジアム名物の「みかん氷」でも食べて涼んでいたいところ・・・ですが

IMG_5173.JPG
(↑)今年からのメニューなんでしょうか?
  定番の「みかん氷」とは別に「大人のみかん氷」なるものが売られていました。
  青々としていますが、これはなんとウォッカベースのリキュール漬けカキ氷!?一口食べると・・・
  間違いなくお酒です(笑)。なかなか至福の味(?)ですが、結構酔いますよ、これ。
  未成年の方はハワイアンブルーの爽やかな色に惑わされて思わず買わないようご注意を。

IMG_5185.JPG IMG_5186.JPG
(↑)フィールドの方に目を向けると、ベイスターズマスコットのDBスターマンが
  交流戦イメージキャラクターのセカパカ君たちを引き連れて練り歩いていました。

IMG_5193.JPG IMG_5194.JPG
(↑)なんかちょっと・・・シュールな光景でもあります(笑)。

IMG_5184.JPG IMG_5238.JPG
(↑)レフトスタンドのロッテファンも相変わらず元気です。
  ライトスタンドよりもレフトスタンドの方が先に埋まっていく様子に、
  今年もロッテファンの凄さを感じましたね。

IMG_5176.JPG IMG_5191.JPG
(↑)本日のスタメン発表です。先発投手は横浜DeNA:久保(康)、千葉ロッテ:涌井。
  久保は元ロッテ・阪神の選手、涌井は元西武の選手ですが
  ともに全球団勝利を達成している投手同士の投げ合いです。
  今日はどちらに軍配が上がるのか? 試合前から緊張感がみなぎります。

IMG_5195.JPG IMG_5197.JPG
(↑)・・が、その前に、緊張感をほぐすちょっとした試合前イベントが。
  この日の試合前イベントは「伝説のOB 1打席対決」と称する両チームOBのレジェンド対決。
  元千葉ロッテ投手の前田幸長、そしてベイスターズ初代4番打者・ブラッグスが登場。
  ともに往年のプロ野球ファンにとってはとても懐かしい顔です。

IMG_5199.JPG IMG_5203.JPG
(↑)1打席とはいえちゃんと昔の背番号をつけた今のユニをまとっての対決
  ・・・ですが、前田の投じた初球は、ブラッグスの背中の後ろを通過するビーンボール。
  ブラッグスがバットを叩きつけマウンドに駆け寄り、昔の彼の乱闘騒ぎをも彷彿させましたが
  ここは仲良く握手と抱擁をかわし、穏やかに和睦(笑)。
  この勝負は結局カウント2―2からの6球目をレフト前へと運んだブラッグスの勝ちでした。

IMG_5213.JPG IMG_5214.JPG
(↑)そして、いよいよ本日の試合開始です。
  先発・久保の立ち上がりは・・・1回を3者凡退に討ち取る上々の立ち上がり。
  勝利への期待がかかります。

IMG_5221.JPG IMG_5222.JPG
(↑)とはいえ、相手の先発投手も昨年のパ・リーグ最多勝投手のエース涌井。
  この涌井をベイスターズ打線がいかにして攻略できるか?
  1回裏のベイスターズの攻撃が始まります。

IMG_5224.JPG IMG_5225.JPG
(↑)1番・梶谷(写真左)は三振。やはり涌井を打ち崩すのは容易ではなさそう・・・というところでしたが
  続く2番・関根(写真右)はしぶとくレフト前へヒットを放ちます。

IMG_5228.JPG IMG_5231.JPG
(↑)3番・倉本(写真左)は三振でしたが、この間に1塁ランナーの関根が2塁への盗塁を決め、
  続く4番・筒香(写真右)は一度もバットを振らずストレートのフォアボールを選び、
  2アウトながら1塁2塁のチャンス。

IMG_5236.JPG
(↑)ここで迎えるは、ここ11試合連続ヒットと絶好調の5番・ロペス。


(↑)そのロペスが、1・2塁間を鮮やかに抜けるタイムリーヒット。ベイスターズが涌井から先制点を奪いました。
  横浜DeNA 1−0 千葉ロッテ

IMG_5237.JPG
(↑)続いて打席に入るは・・・来日ホヤホヤ出場3試合目の新外国人選手・エリアン。
  なんですが、実はこの時点でまだヒットは1本も打てていません。
  ですので、そろそろでかいのを・・・と期待したんですが、やはりここもセカンドフライに倒れます。
  ん〜・・・やっぱりまだ日本の野球になじめていないのかな?


(↑)・・・と思いきや、守備ではこんなガッツも見せるエリアン。
  3回表のロッテの攻撃・・・ノーアウト1塁の場面で打席に入った投手・涌井が
  送りバントを試みて打ち上げた打球をファウルグラウンドでダイビングキャッチ!?
  ・・・って、実はこれ、3バント失敗なので取らなくてもアウトだったんですけどね(笑)。
  野球のルール分かってるのかな?とか、カウント読み間違えてたのかな?とか
  普通なら不安もよぎるところではあるんですが、
  勝利への執念をも感じさせるこの気迫のこもったプレーは
  むしろこの後の展開に好影響を与えたように思えました。

IMG_5275.JPG IMG_5276.JPG
(↑)2回・3回と、両チームともヒットやフォアボールのランナーは出すも得点ならず。
  そして迎えた4回裏の横浜DeNA の攻撃でした。
  1アウトから石川がセンター前ヒットで出塁。続く戸柱が三振で
  2アウトとなって打席に迎えるは投手の久保だったんですが
  その久保がボテボテのなんともラッキーな内野安打で出塁します。
  そして打順トップに帰って打席に入るは前の打席でヒットを放っている1番・梶谷・・・

6.3highlight1.PNG IMG_5282.JPG
(↑)梶谷の当たりは高々と上がる内野フライ・・・3アウトチェンジか、と思えた次の瞬間でした。
  ロッテの内野陣がボールを譲り合ってタイミングを外し、サード中村がまさかの落球
  その間に石川がホームインし、思わぬ形でベイスターズに追加点が転がり込みました。

IMG_5283.JPG
(↑)横浜DeNA 2−0 千葉ロッテ

IMG_5286.JPG IMG_5284.JPG
(↑)追加点も入り、本拠地に集まったベイスターズファンも絶好調。
  応援歌「勇者の遺伝子」にのせて、ライトスタンドには「I☆YOKOHAMA」のビッグフラッグがはためきます。
  試合開始時は空席が目立っていたスタンドはこの時にはほぼ満員状態でした。

IMG_5301.JPG IMG_5311.JPG
(↑)その後も試合は久保・涌井両投手の投手戦が続きます。
  ともにヒットのランナーを出しても後続はきっちり討ち取るピッチングで得点は許さず、
  エース対決らしい白熱した展開になってきました。

IMG_5313.JPG IMG_5327.JPG
(↑)他球場の途中経過も気になるところですが・・・
  それより「セか?パか? どっちが強いの?」で、マスコットは
  アルパカならぬ「セカパカ」なんですね・・・どうでもいいんですけど(笑)。

IMG_5321.JPG IMG_5318.JPG IMG_5317.JPG
(↑)ラッキーセブンの7回はスタージェットタイム。
  チアチームdiana(ディアーナ)のメンバーも球団歌「熱き星たちよ」に合わせて登場します。
  青い風船が夜空に舞い上がりますが、そろそろ打球が豪快に上がるのも見たいものです。

IMG_5329.JPG 6.3highlight3.PNG
(↑)・・・と思ったら、それが観られたのはその次の8回の表、ロッテの攻撃でした。
  ロッテは9番・涌井の打席で加藤を代打に送りますが、その加藤がなんと
  ここまで好投の久保からフェンス直撃のスリーベースヒット。
  いきなりノーアウト3塁のピンチです(汗)。

IMG_5331.JPG
(↑)続く1番・清田をピッチャーゴロに討ち取って1アウト3塁。
  ここで打席に入るは2番・高濱に代わり、代打・井口。
  ベイスターズとしてはこの試合最大の踏ん張りどころを迎えます。

6.3highlight4.PNG
(↑)その井口はサードゴロ・・・しかし3塁ランナーの加藤がなんとホームに突っ込みます。
  サード・エリアンからキャッチャー戸柱への送球は・・・・・・タッチアウト!!
  いや〜・・・ヒヤヒヤもんでしたが、これで2アウトです。

IMG_5336.JPG IMG_5335.JPG IMG_5340.JPG
(↑)しかし、疲れの見え始めた久保はその次の3番・角中にもヒットを打たれ
  2アウトながら再び1塁2塁のピンチを迎えてしまいました。
  ここでラミレス監督は久保をあきらめ、三上をマウンドに送ります。
  ベイスターズとしてはこのまま勝ちパターンに乗せたいところ、・・・だったんですが


(↑)その三上も、続く4番・デスパイネにセンター前ヒットを打たれてしまいます。
  井口に代わって代走に入っていた細谷が2塁から一気に生還。
  ついにロッテに得点を許してしまいました。
  横浜DeNA 2−1 千葉ロッテ

IMG_5345.JPG IMG_5344.JPG
(↑)なおも2アウト1塁3塁のピンチで、打席に迎えるは5番・ナバーロ。
  3塁ランナーの角中が生還すれば同点で、振り出しに戻ってしまう場面。
  このピンチを切り抜けられるか・・・三上。
  手に汗握る展開に球場全体のベイスターズファンの視線が若き右腕に集まります。

IMG_5347.JPG
(↑)結局ナバーロは、ライトフライに倒れ、長かった8回表が終了〜。
  三上よくぞ抑えた。野手もよく頑張った。観ている方も・・・疲れがどっと出ました(苦笑)。

IMG_5356.JPG IMG_5357.JPG
(↑)8回裏はロッテの2番手投手・藤岡に3者凡退に抑えられたベイスターズ。
  なのであとは9回表のロッテの反撃を食い止め、この1点差リードを守り切るのみ。
  9回のマウンドに立つのは、もちろん、この男・・・

IMG_5366.JPG IMG_5363.JPG
(↑)「小さな大魔神」の異名を持つベイスターズの若き守護神、山崎康晃。
  ベイスターズファンの「やすあき」コールが球場全体に響き渡る中、
  颯爽とマウンドに立つその姿はいつ見ても頼もしいです。

IMG_5372.JPG
(↑)・・・が、その山崎、
  この回先頭の6番・鈴木にいきなりヒットを打たれ、ノーアウトのランナーを許してしまいます。
  続く7番・中村が送りバントをしっかり決めて、1アウト2塁のピンチ。
  またも1打同点の場面を迎えてしまいますが・・・

IMG_5373.JPG IMG_5375.JPG
(↑)山崎は実に落ち着いていました。
  続く8番・田村を三振に、そして投手・藤岡に代わって代打に入った岡田も
  ファーストゴロに仕留めゲームセット。ベイスターズが接戦を制しました(悦)。


(↑)この試合のハイライトまとめはこちら。

IMG_5377.JPG IMG_5379.JPG
(↑)横浜DeNA 2−1 千葉ロッテ

IMG_5388.JPG

いや〜、エース涌井先発のロッテに勝ちましたよ、ラミレスベイスターズ。
久保は8回途中1失点とよく投げ勝ちました。
というわけで、今日のヒーローはもちろん久保・・・なんですが、

IMG_5394.JPG IMG_5398.JPG

なんと、ヒーローインタビューの準備ができるとスタジアム全体の照明が消え、
観客に対しスマホ・ケータイのモバイルライトを点灯するようアナウンスが入ります。
ここ横浜スタジアムでは、今シーズンよりベイスターズ勝利時には
光と音楽との特殊演出で祝うようになったんですね。
(昨シーズンより、スタジアムのナイター照明設備がLED化され、
瞬時に点灯・消灯出来るようになったので、こういう演出も可能になったんだとか)
幻想的なスポットライトの中、久保のヒーローインタビューが始まります。

IMG_5400.JPG IMG_5405.JPG



予想通りの投手戦で、1点差を争う試合になりましたけど
こういう試合はちょっとしたミスが命取りになりやすいもの。
この日のロッテの敗因も、久保の好投の前に、送りバントでの失敗、
内野フライを落球するタイムリーエラー、強引な走塁をしてのタッチアウト
・・・といったミスの積み重ねと言っても過言でなく、
好投の涌井を見殺しにしてしまった感も否めないものでした。
伊東監督のやり方にかねてより不満だらけ(?)の
横にいるロッテファンの友人の愚痴も案の定絶えませんでしたが(苦笑)・・・、

IMG_5410.JPG IMG_5412.JPG

この日の勝利を祝う〆の花火がとても美しく、友人もご機嫌を直してくれました(笑)。
いや〜、プロ野球もゲームの内容、選手たちのプレイのみならず
スタジアムの演出までが毎年毎年更なる進化を遂げてるのに驚かされますね。

IMG_5389.JPG

さて、初戦は白熱の投手戦の末にベイスターズの勝利で終わった
今年の横浜DeNAベイスターズ vs 千葉ロッテマリーンズの交流戦・・・
実はこの翌日土曜日の第2戦も凄い試合になったんですが・・・
その話はまた次回にしたいと思います。
posted by 松風あおば at 22:44| 日記

2016年06月13日

コミックマーケット90参加のお知らせ

コミケ90.png

夏コミの抽選結果って、すでに出ていたんですね。
またしても周囲からの報告で気が付く始末・・・(汗)。
いや、このところは来月に横浜スタジアムで開催されるプロ野球オールスターゲーム第2戦の
ベイスターズファンクラブ会員枠チケットの先行抽選の結果ばかり気にしていて
(結局こっちは落ちました(悲))、
夏コミの抽選の方はすっかり忘れておりました。

で、その夏コミですが、
当サークルは今回も無事抽選通っております。
今度の夏コミ(コミックマーケット90)の「虹の卵」のスペースは

  8月14日(日) 西地区 と−20b

新刊は『てつもえM』と、他に読み切りの話が1冊出るかと思います。
なお『てつもえ総集編V』の方なんですが、こちらはすみません(汗)・・・当方の都合により、
出品は秋以降に延期させていただくことにしました。何卒ご了承ください。

2年続けて5月のコミティアに参加できず、
今回も前年の冬コミ以来半年以上ぶりの参加になってしまいますが
今年の夏コミも猛暑に負けずに頑張って参加したいと思っておりますので
この夏もまたサークルスペースにて、みなさんとお会いできるのを楽しみにしております。
今回も何卒よろしくお願いします。



さて、コミケの抽選結果だけでも面白くないので、ここは近況報告など・・・

私・松風は、このところは体調なども良くなり、原稿描きの方も復活させておりますが
それとは別に、最近ちょっとばかり片手間ながら自分の中でハマっていることがあります。
それは・・・

IMG_5160.JPG IMG_5161.JPG

IMG_5163.JPG IMG_5164.JPG
(↑)デザート作り
  (写真は夏みかんゼリーと、ヨーグルトババロアを作っている途中の物)

・・・といっても、大したものを作ってるわけでもないんですけどね。

きっかけは、賞味期限の切れたばかりの牛乳がほぼ1本分残っていたことや
よそ様から頂いた(とても酸っぱくてそのまま食べるにはちょいつらい)夏みかんがたくさんあった
といったことにあったんですが、
これらを美味しく一気に消費するためにどうすればよいか? ということを考えた末、
これらを使ったデザートでも作ってみよう、ということになったんですね。

はじめは「フルーチェ」とか市販のデザート商品から始まったものの
やっているうちにだんだん面白くなってきたというか、もうちょっといろいろ試してみたくなり、
やがてゼラチンや寒天、甘味料、ヨーグルトの種菌なども買い足して
自分なりのものもいろいろ作るようになった、という次第でして、
まだまだ試行錯誤の連続ながら、そこそこ食べられる(?)ものは出来ているというところでしょうか?
自分なりに「これだ」という完成品ができた時は、またこの日記でも改めて紹介したいと思いますが、
いろいろ創意工夫が試されるデザート作りの世界・・・やればやるほど奥が深そうです

でも、そんなデザート作りを始めてみて一つ気づいたのは・・・
砂糖などをそこそこの量入れたつもりでも、意外と甘さが足りないと思うことが多いことなんですよね。
特に冷やして食べるものというのは、味覚としての甘さを感じにくくなる傾向が強いようで
かなりの量の砂糖を加えないと「甘い」とは感じられないものなんだというのは
実際自分で作ってみるとよくわかります。
・・・となると、普通に冷やして食べて普通に甘いと感じる市販のデザートというのは
一体どれだけの糖分を含んでいるのやら? と、ちょっとばかり空恐ろしくなったりもするんですけど(汗)
やはり自分でトライしてみることで、肌で知ること、実感することってあるな〜って
改めて思いますね。


・・・という、私には似つかわしくない(?)お菓子作りのお話でしたが
コミケ参加も決まったということで、この先はやはり
同人誌の原稿作りの方に重きを置きたいと思います。ハイ。
posted by 松風あおば at 01:58| 告知