2016年08月21日

遅ればせながら2016年夏コミ(コミックマーケット90)お疲れさまでした〜

IMG_6074.JPG IMG_6075.JPG

リオオリンピックの方は今も続いていますが
夏コミはすでに終了してちょうど1週間になりますか・・・(汗)。
コミケ前にサボっていた仕事やら冬コミの申込みやらで、ここ数日ゴタゴタしてしまい、
イベント後のご挨拶がすっかり遅れてしまってすみません。
 
IMG_6078.JPG

今回の夏コミも、無事終了しましたね〜。
サークル・一般ともに、参加されていたみなさんは今回も暑い中お疲れさまでした。
今回は3日間ともやや曇り気味の天気だったこともあってか
いつぞやの猛暑というほどの暑さではなかったため
体感的には幾分過ごしやすい夏コミだったかな?という感じではありましたけど、
それでも1日会場にいると熱気でムンムンするのは、やっぱり夏コミだなぁというところでしょうか。
今回の来場者数は1日目:15万人、2日目:17万人、3日目:21万人(3日間延べ53万人)とのことで、
前回の冬コミと比べて1万人多かったものの、昨年の夏コミと比べると2万人少なかったそうですが、
毎度あのもの凄い人の群れを目の当たりにしていると、
そんな統計的な数の推移などもはやあまり意味が無いような気もしてきますよね。
ただ、今回はビッグサイト自体が4年後に開催される東京オリンピックへ向けて改装工事中で
その影響によりサークルの配置スペースや企業ブースの出展日が削られるなどの改変があったため
その分人の流れにも多少の影響はあったかもしれません。
4年後の夏はいよいよここもオリンピック会場ということで、その時のコミケがどこで開かれるのかはまだ未定ですが
この大きな会場を毎年夏冬ごとに、コミケのために使えているということ自体、
一(オタク)参加者としても感謝すべきことなんだなと、改めて思ってしまいましたね。

そして、当サークル「虹の卵」のブースも、
今回も多くのみなさんにお越しいただき、ありがとうございました。
こちらとしては今年は5月のコミティアを欠席してしまったため、冬コミ以来のサークル参加で
新刊も『てつもえM』の1冊のみと、いろいろ出遅れた感があったんですが、
いつものように多くの方にお越しいただき、お声をかけていただいたり、差し入れもいただいたりと
本当に感謝の連続で言葉もありません。
今回のうちのブースは西2ホールのはずれの西1ホールとの境目付近の袋小路的(?)なエリアに
配置されていて、正直ちょっと目立たない位置だったという印象が拭えず、また
午前中は目の前の西1ホールとの境に島本和彦先生のサークル「ウラシマモト」の大行列もあり
付近の通行が不便だったせいもあってか、いつもより遅めにお越しになる方が多かったようですが、
結果としてはいつも通りたくさんの方にお越しいただき、午後にはペーパーも尽きておりました。
午前中はいつもに比べ出足が悪いかな?と思っていた新刊の売れ行きだったんですが、
最終的にはいつもと同じ程度の売れ行きになっていたので、実はホッとしたというのもありましたね。

IMG_6107.JPG
(↑)そもそも今回の西1・2ホールは、2日目までは企業ブースだったそうで、
  サークル席が設置されたのは3日目のみだったんですね。
  サークル席に配布されているチラシ類もいつもに比べて驚くほど少なかったです。



そしていつものごとく、14時半頃になって会場内を少しだけ廻った私だったんですが、
やはりこの時間になっても凄い人で、なかなか思うように動けなかったですね(汗)。
ご挨拶に伺うべきサークルさんにもなかなか辿りつけず、結局ほとんどご挨拶できずじまいで
そのへんは悔やまれました。

IMG_6080.JPG IMG_6082.JPG
(↑)「僕たちのステージが聖地から始まる」
   ・・・今回のコミケ会場限定スポーツドリンクはERIMO氏のデザイン。

IMG_6086.JPG IMG_6085.JPG
(↑)今回のコミケは、前回までは企業ブースだった西3・4ホールがすべてサークルブース。
  いつぞやの事故で長らくコミケでは使用されてなかった西ホールエントランスと西ホール4階を結ぶ
  長いエスカレーターもフル稼働していました。この光景をコミケで見るのは何年ぶりのことか!?

IMG_6084.JPG
(↑)緑玉、赤玉は以前もアップしたので、今回は青玉を撮って・・・と思ったんですが
  西ホールの待ち合わせ場所等に活用されているらしく、いつも人だかりに囲まれていて
  なかなか全容が見えませんでしたね(汗)。

IMG_6088.JPG IMG_6089.JPG
(↑)東ホールへの移動はいつものことながら苦労しました。一旦外へ出てコスプレ広場を横目に延々歩く歩く・・・
  「東ホールに行くだけなのに、どうしてここまで苦労しなきゃなんないの?」と泣きたくなってきた頃(?)
  ようやく東ホールに到着です。

IMG_6093.JPG IMG_6091.JPG
(↑)東ホールももちろん凄い人でした。
  右の写真がやや霞んで見えるのはコミケ雲ではなく、ちょっと露出オーバー気味に撮っているためです、ハイ(汗)。


そうこうするうちに、時刻は16時。
なんだかんだで今回も楽しく無事終了した夏コミでしたが、
コミケを支えてくれているスタッフやその他多くのみなさんにも今回も心より感謝しつつ、会場を離れます。


そしてイベント後はもちろん、
仲間内での打ち上げ宴会(最近はあまりお酒は飲みませんが)で、盛り上がります。
今回は豊洲のららぽーと内のちょっと雰囲気の良い(?)イタ飯屋さんでの宴会でしたが
コミケの後に焼き立てのピザなどを頬張りながら飲むビールはやっぱり最高でしたね(笑)。

IMG_6099.JPG
(↑)ほろ酔い加減で外を見れば、架道橋(?)のイルミネーションがなにやら美しい、豊洲の夏の夜でした。

IMG_6103.JPG
(↑)〆のデザート撮影もなにかと恒例(?)になっている私たちです。

IMG_6101.JPG
(↑)・・・って、上の全部私が食べたわけじゃないですよ(苦笑)。私のはこのパンナコッタだけです。  

IMG_6106.JPG

かさねがさね、今回のコミケもありがとうございました。
次は冬コミでお会いしましょう。
posted by 松風あおば at 01:25| 日記

2016年08月12日

コミックマーケット90参加します &オリンピックのの夏2016

IMG_6059.JPG IMG_6062.JPG

今年も8月に入っていますが、連日のように猛暑が続いていますね。
リオデジャネイロではオリンピックも開催されており
各種目での日本選手の活躍のニュースも連日のように聞かれる今日この頃ですが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、
私たちオタにとって8月といえば、やはり夏のコミックマーケット・・・ということで、
すでに今日が夏コミ(C90)の第1日目だったりするんですが、
今回の夏コミも、当サークル「虹の卵」は3日目(14日)の「創作少年」ジャンルにて
サークル参加の予定です。

今回の「虹の卵」のスペースは

 西2ホール と−20b

今回の新刊は、鉄オタ女子高生のお話の『てつもえM』。
実はもう一つ読み切りもの作品も出したいところだったんですが
この2ヶ月ほど本業の方で思わぬ仕事にてこずってしまって原稿が進まず、
結局はこの1冊のみとなってしまいました(汗)。
5月コミティアの前後で体調を崩してしまいコミティアに出られなかった分
この夏はいくつか出したいところではあったんですが、なかなか思うように手がまわらず、
予告していたものも何かとお待たせしてしまっていて申し訳ありません。
秋以降は『てつもえ』の総集編を含め、いろいろまた出していきたいと思いますので、
いつもお読みいただいている読者のみなさま方には
気長にお待ちいただければ幸いです。

今回もおそらく夏コミの会場内はうだるような暑さかと思いますが
参加されるみなさんは熱中症対策などを万全になさった上で、
今回も楽しいコミケを思いっきり堪能していただければと思います。
私も「虹の卵」のサークルスペースにて、
今回もみなさんにお会いできるのを心より楽しみにしております。


さて、コミケの告知を済ませたところで・・・
久々の日記でもありますので、最近のことなども一つお話したいと思います。

実は、先日こんなものを買ってしまいました(↓)。

IMG_6043.JPG IMG_6051.JPG IMG_6050.JPG

(↑)Bトレインショーティの「JR北海道 はまなすAセット 14系+24系25形(4両)」と
  同じく「JR北海道 はまなすBセット 14系(3両)」

青森から青函トンネルを通って札幌まで結ぶ夜行列車として長年活躍し
今年3月21日にラストランを迎えたJR最後の定期急行列車、急行「はまなす」。
寝台車と座席車で構成され、ドリームカーやカーペットカーなどの改造車両も特徴的で
鉄道マニアのみならず一般の旅行者からも大変人気の列車でもあったんですよね。

で、その「はまなす」号の客車編成・・・、鉄道模型でもNゲージの方では、
すでにかなり前からマイクロエースやKATO(関水金属)の製品が販売されていますが
(思えば私の描いてる『てつもえ』もこれの取り合いの話から始まったんでした(笑))、
今回はデフォルメ(ショーティー化)された鉄道模型であるBトレインショーティの方で
その牽引機関車のED79形電気機関車とともに初めて発売になったということで、
早速(客車の方のみ)購入してみたという次第です。
お値段はAセット・Bセット合わせて、量販店価格でも5千円超・・・(汗)
正直Bトレセットの中ではかなり高めですが、そのへんはマニアの間で人気列車ゆえに
バンダイさんもユーザーの足元を・・・いや需要をよく見てるな〜というところでしょうか(苦笑)。


というわけで、それを早速組み立てて(Nゲージ化して)みたのがこれです(↓)。

IMG_6061.JPG IMG_6063.JPG IMG_6066.JPG

AセットとBセットで、
スハネフ14(寝台車)+オハネ25(寝台車)+スハフ14+オハ14(カーペットカー)
+オハ14(ドリームカー)+オハ14(ドリームカー)+スハフ14
と、増結車を除く「はまなす」の基本編成(7両)が再現できるようになっているんですね。
いや、なかなかいい雰囲気出てますよ。ここは機関車(ED79)もやはり買うべきでしたか(?)。

IMG_6068.JPG IMG_6069.JPG IMG_6056.JPG

テールマークや、寝台車マーク、カーペット車マークものシールも細かく再現されています。
今は姿を消してしまった実車の「はまなす」も思い出されるところですが、
こういう列車、またいつか復活してほしいものだなぁと、つい思っちゃいますね。

ちなみに今回のNゲージ化にあたり、下回りはKATOの小型車両用台車を利用していますが、
このセット、今までのセットでは付属していたはずのNゲージ化用のシャーシ(床板)が
付いていなかったんですよね。
バンダイ製の(別売りの)走行台車への換装であればシャーシは不要なので、
これもバンダイさんが「Nゲージ化するんなら、他社のじゃなくてうちのパーツ使えよ」と
暗に言っているんでしょうけど(苦笑)・・・私はKATOの台車の方が好きなので、
今回も他の車種の余剰パーツのシャーシを転用して、KATO仕様でNゲージ化させてもらいました。
そのへんをカスタマイズしやすいのもこのBトレインの楽しいところでもありますかね。


・・・って、いきなりマニアックな話ばかりですみません(笑)。
今回の新刊『てつもえM』にもいろいろ鉄分(?)入っておりますが、
本の方は、鉄道に特に興味の無い読者様向けにも、
なるべくわかりやすく、楽しいものにするよう努力しておりますので
かさねがさね、今後とも「虹の卵」の作品をよろしくお願いします(笑)。
posted by 松風あおば at 19:36| 告知