2016年10月31日

コミックマーケット91参加のお知らせ

10月も終わりに近づき、南関東もかなり肌寒さを感じるようになってきました。、

プロ野球の日本シリーズの方は
日本ハムの10年ぶりの優勝(日本一)で終幕しましたが
いや〜今年のファイターズはやっぱり強かったですね。なんといっても大谷君が
・・・と、野球の話をしている場合じゃありません(汗)。
実はつい先日、冬のコミックマーケットの当落発表がありまして
その結果が判明しましたので、今日はまずそちらの報告からしたいと思います。

c91サークルカット.png

当サークル「虹の卵」は
今回も無事抽選に通りまして、ブースを確保することができました。
今度の冬コミ(コミックマーケット91)の「虹の卵」のスペースは

  12月31日(土) 東地区 w−23b

とのことです。

今回の新刊は、『てつもえV』
いつもの鉄オタ女子高生のお話『てつもえ』の第9話〜第12話に
描き下ろしの読み切り話などを収録した総集編の3巻となります。
こちらはもう少し早く出す予定だったんですが、
当方の都合で遅れに遅れてしまい、
長らくお待ちいただいたみなさまには大変申し訳ありません。

今年の冬コミも大晦日のサークル参加となりますが
今回もサークルスペースにて、みなさんのお越しを心よりお待ちしております。



さて、コミケ参加の話はここまでなんですが、
いつものごとく最近の私・松風の近況報告なども少々書いておこうかと思います。

実は、つい先日のことなんですが、こんなものを購入してしまいました(↓)。

es-lv7a-a.jpg
(↑)パナソニック メンズシェーバーES-LV7A-A (青)ラムダッシュ5枚刃

電気シェーバー・・・要は「髭剃り」です。
私自身これまでももちろん電気シェーバーは使っていたんですけど、
つい最近まで使っていたのは12年前に購入したブラウンの3枚刃シェーバー。
こまめに洗浄し、内刃・外刃とも時々交換しつつ長年使用してきたそのシェーバーも
いよいよ調子悪くなり動かなくなってきたので、ついに買い替えたというわけなんですが、
今回は自分なりにちょっと奮発して、ややお値段高めのものを選びました。
それがこの最新のES-LV7A-A ラムダッシュ5枚刃だったというわけです。

正直、どのシェーバーにするのかは結構悩んだんですよね。
TVで流れているシェーバーのCMとかって、昔からツッコミどころ満載のものが多かったりで
どれもいまいち納得できないというか、買う気が起こらないのが多くて・・・(苦笑)。
実際このラムダッシュのCMも、
「3Dアクティブサスペンション&スムースローラーによるかつてない肌への密着と圧倒的な深剃り」
・・・とか、ちょっとピンと来ない売り文句とCG映像で紹介されていたもので
髭を剃った西島秀俊のやたらスッキリした顔が最後に流れるたびに
「フッ・・・」とハナで笑っていた私だったんですよ。

・・・が、そんなCMにもどこか印象に残るものがあったのか(?)
私自身いろいろ迷いに迷った末、結局これを買ってしまいました(汗)。
CMに敗北した感も拭えないままに使い始めた、そんなES-LV7A-A ラムダッシュ5枚刃・・・
さて、その実際の剃り心地はどうだったのかと言いますと・・・

IMG_6839.JPG IMG_6840.JPG
(↑)凄くいいです(笑)。

いや、正直驚きました。
これまで使ってた3枚刃のシェーバーとは全く別モノと言っていいです。
まずCMの宣伝文句通り、肌への密着感が違います。そして良く剃れる剃れる♪
軽く当てただけで肌に密着し、何度か撫でただけで剃り残しもほとんどなくなり
肌への負担感もほとんどありません。
12年前のブラウンの3枚刃シェーバーと
最新のパナソニックの5枚刃シェーバーを単純に比較すること自体
ブラウンさんにあまりに失礼というか、ナンセンスであるのも分かってますし、
そもそも12年前に私がそのブラウンの3枚刃シェーバーを購入した時に
両社とも上はどのくらいまで高性能のものがあったのかすらよく知らないんですが、
この使い心地の差を実感してしまうと、この12年間の髭剃りの技術の進歩は
もしかして想像以上に目覚ましいものだったんじゃないのか?と
思わざるを得ないものがあります。
いや、本当に心から感動しました。

あまりこんなことを書くと、
お前はパナソニックの回し者か?とか思われてしまいそうですけど(苦笑)、
CMの謳い文句も侮れないというか、
今回は一つの品目における企業努力の底力というものを垣間見た気がしましたね。
世界にも誇る日本のモノづくり技術は日進月歩・・・きっとシェーバーだけでなく、
今もいろんな品目で日々絶え間なく進歩は重ねられつつあるんだと思います。

ということで、
私のモノづくり・・・いや原稿づくり技術も、もっといろいろ進歩したいところではあるんですが、
とりあえず、今回の冬コミ原稿も頑張りたいと思います、ハイ(汗)。
posted by 松風あおば at 00:30| 日記

2016年10月22日

東急・電車とバスの博物館

IMG_6012.JPG IMG_6014.JPG

神奈川県は川崎市宮前区、東急田園都市線の宮崎台駅に隣接するその田園都市線の高架下に
東急電鉄が運営する「電車とバスの博物館」という博物館があります。
その名の通り、東急の「電車」と「バス」に関する保存・展示を行っている施設で、
もともとは同じ田園都市線の高津駅の高架下にあったものだったんですが
田園都市線・大井町線の二子玉川〜溝の口間の複々線化工事に伴い
2003年(平成15年)に現在地に移転し、現在に至っています。

東急田園都市線沿線の住民であり、鉄道マニアである私・松風にとっては
とても身近で気軽に楽しめる鉄道展示施設ということで、
高津時代も宮崎台移転後も何度か訪れたことのある
この「電車とバスの博物館」・・・なんですが
実はこの博物館、昨年2015年(平成27年)に再び工事のため一時休館し
今年2月に再リニューアルオープンしておりまして、
その再オープン後の半年あまりは一度も足を運んでいなかったんですね。

ということで、
先日、外出先から田園都市線での帰路、あえて宮崎台駅で途中下車して
ひさびさにこの「電車とバスの博物館」を見学してきたんですが
今日はその時の写真でこの博物館のことを簡単にご紹介したいと思います。


IMG_5957.JPG
(↑)東急田園都市線・宮崎台駅で電車を降り、改札を抜けると・・・

IMG_5960.JPG IMG_5959.JPG
(↑)改札口のほぼ向かいに「電車とバスの博物館」の入口を示す看板があり、
  その先には緩やかなスロープの通路が博物館の玄関まで続いています。

IMG_5962.JPG IMG_5963.JPG
(↑)玄関前には、電車の車輪と踏切の遮断機があり、
  電車のドアを模した入口ドア横では、東急のマスコットキャラ「のるるん」が
  来館者を出迎えていました。

IMG_5964.JPG
(↑)館内に入ると、右手の吹き抜けの柵の向こうのデハ3450形のパンタグラフがまず目につきますが
  その先にある券売機で入場券を購入し自動改札を通って入館します。
  入館料は大人(高校生以上)200円 子供(3歳から中学生)100円 。
  ちなみに高津時代の入館料は大人・子供ともに10円でした。

IMG_5967.JPG
(↑)館内はそれほど広くはありませんが
  高架下の傾斜地を利用して作られた建物のため構造がちょっと複雑です。
  4Fから1Fまで降りていく順路に従って進んでいきましょう。

IMG_5968.JPG
(↑)3Fは至る所で鉄道模型が走っているお子様大人気のエリア。
  まずは東急電鉄の歴史を、パネルや映像とともに解説しているコーナーから始まります。
  その歴史は、前身の鉄道会社の目黒蒲田電鉄の創設(1922年)から始まり
  その後、旧東京横浜電鉄や池上電気鉄道などの吸収合併等を通じ、
  (さらに戦時下には今の小田急や京急、京王電鉄なども合併した「大東急時代」もあり)
  さまざまな経緯を経て現在の東急電鉄(東京急行電鉄)へと至るもので
  その成り立ちはかなり複雑なものだったことが窺えます。

IMG_5970.JPG
(↑)年代ごとの車両の変遷も、模型車両(HOゲージ)で分かるようになっています。
  旧5000系や5200系あたりは私もかろうじてその現役時代を覚えていて、何か懐かしいものを感じますね。

IMG_5965.JPG IMG_6042.JPG
(↑)パノラマシアターは、現在東急で活躍している各形式の電車の模型(HOゲージ)が
  映像やオリジナル楽曲にあわせジオラマを走っているコーナーで、お子様方にとりわけ人気のコーナーです。
  東急の現役車両や歴代車両、鉄道マンの業務を紹介した短編ムービーが一定時間ごとに放映されていて、
  大人もいろいろ勉強になります。

IMG_5973.JPG
(↑)Nゲージジオラマで実際にNゲージの模型車両を走らせることができる「Nゲージパーク」。
  今年のリニューアルオープン以後に新設されたコーナーみたいですね。
  Nゲージ車両は借りることも、自分の車両を持ち込んで走らせることもできるとのこと。
  利用は予約制ですが、ここもかなり人気のコーナーのようで、この日の予約はすでに締め切られていました。

IMG_5974.JPG IMG_5977.JPG
(↑)東急らしく、横浜周辺の風景をイメージしたジオラマレイアウトで街並みもよくできていますね。

IMG_5975.JPG
(↑)こちらは「東急コレクション・旧高津駅」。
  昭和30年代頃の高津駅を再現したもので、中をのぞくと当時の駅務室の様子がわかります。

IMG_5976.JPG
(↑)昭和39年頃の定期運賃表。表記されている運賃そのものになんとも時代を感じますね。

IMG_5980.JPG
(↑)昔の車両(デハ1型)を再現した空間で、鉄道雑誌などの資料を閲覧できる
  ミニライブラリーもなかなか凝っています。

IMG_5981.JPG IMG_5995.JPG
(↑)昔の車両の行き先サボや記念列車のヘッドマークなども所々に展示してあります。

IMG_5982.JPG IMG_5984.JPG IMG_5992.JPG
(↑)こちらは鉄道模型の運転を通じて、信号などの電車運行の仕組み、運転台の操作を体験できる
  「ジオラマシミュレーター」。田園都市線でおなじみの5000系などの模型車両(HOゲージ)を、
  信号などを見て運行指示に従いながら運転するコーナーです。
  車両に小型カメラが搭載されているので、運転台からの映像と車両の走行シーンを同時に楽しめますが、
  みなさん緊張した面持ちでコントローラーを動かしていました。
    
IMG_5988.JPG IMG_5991.JPG

IMG_5990.JPG IMG_5986.JPG
(↑)駅係員、運転士、司令員、車両整備士など東急の鉄道マンの仕事内容や
  1日のスケジュールを、パネルや実際の道具の展示で紹介しているコーナーです。
  説明中心なのでお子様方にはあまり人気のコーナーではなさそうでしたが、
  私のような大人の鉄ちゃんにはとても勉強になるコーナーでした(笑)。

IMG_5993.JPG
(↑)一般の東急電車の利用者にとってはあまりなじみのない
  電気検測車(デヤ7550 TOQ-I)の説明も細かくされています。
  鉄道の安全を守る縁の下の力持ち的存在を一般の人にも知ってもらういい機会ですね。

IMG_5994.JPG
(↑)さて、3Fを見学した後は順路に従って階段を下り、一気に1Fまで出ます。
  階下には出入口があり、ここを出て道路を渡った向かいにはB棟という建物があるんですが
  そこは、子どもが簡単に電車の運転ができるシミュレーター(「キッズ・シミュレーター」)や
  プラレールのジオラマなどがあり、とりわけお子様向けに特化したブースとなっています
  (リニューアル前はイベントスペースとして利用されていた場所でした)。
  今回はB棟には行かず、このまま1Fの展示エリアに進みます。
   
IMG_6001.JPG IMG_5997.JPG
(↑)1Fは実物の車両(電車とバス)を体験できるコーナーになっています。
  入ってまず目に入るのは昔の東急バス・日野RB10。
  昭和40年代〜50年代に東急沿線の路線バスで活躍したバス車両です。

IMG_6015.JPG
(↑)路線バスの乗務員が運転士1人のみのワンマン運転というのは今では普通ですが、
  このバスが登場した頃(昭和30年代末)はまだワンマンカーは珍しい存在でした。
  「ワンマンカー」という言葉自体もなじみが薄かったのか、
  「無車掌バス」とも付記されているのが面白いですね。

IMG_6016.JPG IMG_6017.JPG IMG_6018.JPG
(↑)バス車内に入ることもできます。
  全体的に丸みを帯びた天井に板張りの床・・・どこか古き良き時代を感じさせます。
  床の一部は外されていて、床下機器も分かるような展示がされています。

IMG_5998.JPG
(↑)バス乗務員の制服や行き先表示などバスに関する資料もあります。

IMG_5999.JPG IMG_6000.JPG
(↑)新旧のバスの模型も何種か展示されていました。
  さすがにボンネットバスが普通に走っていた時代は、私はまだ生まれていませんが、
  日産U20H(写真右)タイプのバスは小さい頃によく乗った記憶があります。

IMG_6011.JPG
(↑)こちらは、バスではなく路面電車・・・旧玉川線(玉電)のデハ200形電車です。
  1955年(昭和30年)から1969年(昭和44年)まで、渋谷と二子玉川園(現・二子玉川)間の
  路面軌道を走っていた車両で、6編成あったうちの1編成(204号)がここで静態保存されています。
   
IMG_6022.JPG IMG_6023.JPG
(↑)やや下膨れの丸っこくてユーモラスな外見から「いもむし」とか「ペコちゃん」の愛称で親しまれた200形。
  この博物館でもシンボル的な存在で、今なお多くの人たちに親しまれています。

IMG_6025.JPG IMG_6026.JPG
(↑)車内に入ることもできます。少し小さめのシンプルな通勤電車という感じですが
  全体的に丸みを帯びた車体であることが車内にいてもよくわかりますね。
  とてもいい状態で保存管理されていて、座席に座ると今にも走り出しそうな雰囲気でした。

IMG_6028.JPG IMG_6027.JPG 
(↑)車内には現役時代の写真が展示され・・・

IMG_6031.JPG

IMG_6030.JPG IMG_6036.JPG IMG_6032.JPG

IMG_6033.JPG IMG_6034.JPG IMG_6035.JPG
(↑)「玉電204のおはなし」というタイトルで、この車両の誕生から引退、
  そしてこの博物館に静態保存されるまでの経緯が204号自身(?)の言葉で語られています。

IMG_6013.JPG IMG_6037.JPG
(↑)2車体を連接台車で結合した連接車であるのが特徴のデハ200形電車。
  旧海軍の航空機技術を応用したモノコック構造やボディマウント構造を採用し、
  超低床構造かつ超軽量、高加減速性能・・・と、
  愛嬌ある姿ながら、実は当時の最先端技術の粋を集めた車両でした。
  玉川線の廃止に伴い、わずか14年で全車が引退となりましたが
  他路線に引き継がれることもなくそのまま廃車となったのは、その特殊性ゆえに
  保守に手間やコストがかかること、他の車両との規格の統一が図れなかったことなどが
  大きな理由と言われています。なんとも皮肉な運命の車両でもありました。

IMG_6005.JPG IMG_6002.JPG
(↑)さて、こちらも昔の東急電車の車両、モハ510形電車。
  東急電鉄の前身の目黒蒲田電鉄・東京横浜電鉄時代の1931年(昭和6年)に登場し
  後にデハ3450形へと形式変更(改造)を経て、1989年(平成元年)まで60年近くにわたって
  東急線各線で活躍した名車です。その車体の一部が昔のレトロな姿のまま保存されていました。

IMG_6009.JPG
(↑)「こばたり断御???」・・・じゃなくて、「たばこ御断り」ですね(苦笑)。
  半鋼製車両で壁面や床は全て木製の車内・・・昔の車両はこんなだったんですね。
  晩年のデハ3450形には私も大井町線・池上線などでかろうじて乗った記憶がありますが、
  もちろん改造に改造を重ねた後の車両で、この510形時代の面影は全くありませんでした。

IMG_6007.JPG IMG_6003.JPG
(↑)その隣には・・・こちらは近年まで走っていた車両、8090系のカット車両です。
  1980年(昭和55年)に登場し、東横線や大井町線で長らく活躍していたステンレス車両で
  東急線の利用者なら見覚え(乗り覚え)のある人は多いかと思います。
  東急電鉄からは2013年(平成25年)をもって全車が運用離脱しましたが、
  一部の車両は秩父鉄道や富山地方鉄道に譲渡されていて、現在も活躍中です。

IMG_6004.JPG
(↑)8090系の運転台です。
  ここは実写の映像や実録の音を再現した本格型運転シミュレーターになっていて
  300円(要予約)で、田園都市線「長津田→二子玉川」、大井町線「二子玉川→大井町」、
  東横線「渋谷→横浜」のいずれかの運転を体感することができます。
  列車種別は「各停」のほか「急行」も選択でき、また「ノーマルモード」のほか、「ガイダンスモード」、
  朝ラッシュを再現した「エキスパートモード」なども選べるとか・・・なかなか凝ってますね(汗)。
  
IMG_6038.JPG
(↑)小さな博物館ながら、じっくり見ていると結構疲れます。そのため休憩エリアも設けられていますが、
  その椅子も全て東急バスの廃品シートを再利用したもの・・・交通博物館らしい工夫ですよね。
    
IMG_6039.JPG IMG_6040.JPG IMG_6041.JPG
(↑)1Fを見学した後は再び階段を上って4Fの出口へと向かいますが、
  その途中で最後の見学ブース、2Fの「ゾーン3450」に立ち寄ります。
  ここは、玄関を入った時にパンタグラフだけ見えたデハ3450形のカット車両が展示されているエリアですが
  このデハ3450形こそ、少し前に見たモハ510形の形式変更後の車両です。
  ちなみに、この日スルーしたB棟の方には、カット車両ではない1両丸々のモハ510形電車
  (デハ3450形より復元し直した車両)が展示されていますが
  そちらはまた次の機会にも改めて見に来ようと思います。
   
   
知識を身につけるだけなら書物やネットで十分情報を得られる時代とはいえど
やはり「現物」を直接自分の目で見ることができる博物館・資料館というのは
視覚や臨場感による強いインパクトとともに
そのジャンルについての知識や関心を高めてくれる格好のスポットであり、
いろいろな意味で刺激を与えてくれる貴重な場でもあります。
同じ博物館に二度三度と訪れても、やはりその都度学ぶものはあるもので
やはり鉄道の趣味も、いろいろな場所に足を延ばしてこそ得られるものは多いなと改めて思いますね。

鉄道の博物館としては
JR東日本の「鉄道博物館」(埼玉県さいたま市大宮区)、
JR東海の「リニア・鉄道館」(愛知県名古屋市港区)
JR西日本の「京都鉄道博物館」(京都府京都市下京区)
など、JRの大型の博物館が近年話題を集めていますが、
この「電車とバスの博物館」のような
私鉄各社やその他の財団などが運営する中小の鉄道博物館も各地に多数あり
東京近郊では
東武鉄道の「東武博物館」(東京都墨田区東向島)
東京メトロの「地下鉄博物館」(東京都江戸川区東葛西)
京王電鉄の「京王れーるランド」(東京都日野市)
野外施設が中心の「青梅鉄道公園」(東京都青梅市)や
信越線の廃線跡を利用した「碓氷鉄道文化むら」(群馬県安中市)などが有名です。

私自身まだ行ったことのない博物館もたくさんあるので
自分の描いている『てつもえ』の資料集めなども兼ねて(?)今後もいろいろ行きたいと思っていますが、
みなさんも機会あればぜひ、地元の、あるいは旅先の土地のこういった博物館・資料館などに
立ち寄ってみてください。なんとなく展示物を眺めているだけでも、結構楽しいですよ。
posted by 松風あおば at 23:56| 日記

2016年10月15日

声優・種田梨沙さん

プロ野球、セ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ・・・
わが横浜DeNAベイスターズは敵地・広島でも最後まで粘りを見せてくれましたが
結局1勝4敗(アドバンテージ1敗含む)にて終了・・・。やっぱり今年のカープは強かったですね。
でも今シーズンのベイスターズも本当によく頑張りました。ファンとして誇りに思います。
今後のチームの更なる躍進を祈って、来シーズンも精いっぱい応援したいと思います。

・・・ということで、野球のお話はこれにておしまいとしまして、
今日は別のお話をしたいと思います(↓)。

gochiusa_new.PNG

まだ詳細については未発表なんですが、
『ご注文はうさぎですか?』 新作アニメスペシャルエピソードの劇場上映が決定
・・・と、公式サイトで発表されていますね。
喫茶店「ラビットハウス」に下宿する女子高生・ココアたちがおりなす日常を描いた4コマ漫画が原作の
少しメルヘンチックな、ほのぼのかわいらしいお話『ご注文はうさぎですか?』(通称『ごちうさ』) ・・・
すでに2期まで放映されているTVアニメの続編は、TVアニメ3期ではなく劇場版(?)
というのがちょっと意外なところながら、『ごちうさ』好きとしてはやはり見逃せないところで、
今から心ぴょんぴょん、とっても楽しみです。

・・・が、
これに関連して、ちょっと一つ気になることがあるんですよね。

gochiusa_rize.jpg

この『ごちうさ』のリゼ役の声優さんである種田梨沙さんが
先月より「病気療養」のため休業しており、今なお復帰の目途が立っていないんですね。
所属事務所(大沢事務所)の発表によると
「以前から治療を続けておりましたが、回復の兆しが見えないため、治療に専念する事と致しました」
とのことで、以前から何か病気を患われていたようなんですけど
いろいろなアニメ作品のメインキャラ役で活躍する人気声優さんだけに
突然の休業宣言にネット上でも心配する声が多く上がっているようです。

病名が公表されていないため
仕事疲れのうつ病か?とか、はたまた妊娠か?とか、いろんな憶測も飛び交っているようですが
声優業を休業するまでに至らせた病気とは一体何なのか・・・?
声優さん個人のことをあれこれ騒ぎ立てるのもどうかと思うところながら、
同様のケースで
「少しでも早く治療に取り組まないといけない病気の療養のため」ということで休業し
そのまま復帰することなく、昨年秋に亡くなられた
声優の松来未祐さんのこともまだ記憶に新しい今は
この手のニュースには過剰に不安を覚えてしまう、というのも正直なところです。

種田梨沙さんがこれまで演じたキャラは

 『きんいろモザイク』 小路綾
 『ストライク・ザ・ブラッド』 姫柊雪菜
 『ゆゆ式』 日向縁
 『四月は君の嘘』 宮園かをり
 『食戟のソーマ』 薙切えりな
 『艦隊これくしょん』 足柄さんとか妙高型の何人か
 『ラクエンロジック』 揺音玉姫
 ・・・・・・などなど

ざっと思いつくだけでもいろいろありますけど
これだけいろいろな作品のメインキャラ役を演じている声優さんの休業となると
これらの作品の続編(2期・3期)なども含めて
その影響が今後少なからず生じることが懸念されます。
現に一部のアニメ・ゲーム作品では、すでに種田さんが演じていた、
あるいは演じる予定だったキャラに代役が立てられているとのことで(↓)

 『Fate/Grand Order』(ゲームアプリ)マシュ・キリエライト : 種田梨沙 → 高橋李依
 『WWW.WORKING!!』(秋アニメ)近藤妃 : 種田梨沙 → 水樹奈々
 『CHAOS;CHILD』(冬アニメ)久野里澪 : 種田梨沙 → 真田アサミ

彼女の復帰の目途が立たない状態がこのまま続くと
おそらく劇場版『ごちうさ』のリゼさんも、代役が立てられることになるかと思うんですが、
はてさて、種田リゼを違和感なく引き継げる声優さんは誰なのか・・・?

水樹奈々さんのボーイッシュな女の子役は結構好きなので、
ここは水樹リゼもいいかも・・・なんて思ったり、
あとは、まだ名前が挙がってないところで
小澤亜李さん(『艦これ』秋月さん声)あたりどうかな?・・・とか
茅野愛衣さんあたりもソツなくこなしそうな気もするけど
(『ごちうさ』ではモカ姉の声と被るからダメかな)・・・とか、
私としてもあれこれ考えてみたんですが、
最後は「やっぱりリゼの声は種田さんの声が一番似合う」ということで
できれば劇場版『ごちうさ』のリゼさんもやはりこれまで通り種田さんに演じてほしい
という結論に落ち着いてしまいます。
アニメのキャラクターのイメージというのは、それを演じる声優さんが作り上げている部分が
かなり大きいんだなというのを改めて感じますけど、
そういう責任を負っているという意味も含めて、このお仕事は想像以上に過酷な仕事なのかもしれません。

種田梨沙さんの病が重篤な病気でないことを祈るのみですが、
とにもかくにも今はしっかり療養に専念してもらい、一日も早く元気になって
またアニメの世界に戻ってきてほしいところですね。
posted by 松風あおば at 22:30| 日記

2016年10月10日

祝・横浜DeNAベイスターズ CSファーストステージ突破!!

2016_10_10.PNG 2016_10_10.2.PNG
        巨人 3−4 横浜DeNA

わが横浜DeNAベイスターズが本日10月10日、
セ・リーグのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦で
延長11回の熱戦の末に巨人を撃破し、2勝1敗で
ファイナルステージ進出を決めました〜(悦)。

いや〜・・・感無量です(涙)。
チームとしては初のCS進出。
初戦は逆転で勝ったものの、第2戦は接戦の末敗れ、迎えた今日の第3戦・・・
巨人ファンで埋まる敵地・東京ドームで、引き分けでも巨人の進出が決まる崖っぷちで
延長戦にまでもつれ込む展開。
迎えた延長11回の表に、このレギュラーシーズンではほとんど出場機会の無かった
嶺井が値千金のタイムリー2塁打!!
最後は守護神・山崎(康)が試合を締めくくりました。
最後まで手に汗握る凄い展開でしたけど、
ラミレス監督が選手たちを信じ、ファンも思いっきり声援を送って
そして選手たちがそれに応えて、一丸となって掴んだ勝利・・・
今年のこのチームの躍動っぷりを感じられる本当にいい試合でしたよ。

次はセ・リーグ王者・広島とのファイナルステージ。
いや・・・もう正直何も言うことありません。
広島でも思いっきり、ベイスターズらしい野球をやってきてください。

IMG_2933.JPG

・・・と、(野球に興味ない方には)最近こんな話ばっかりですみません(汗)。
しがないベイスターズファンの独りよがりな
「横浜DeNAベイスターズ CSファーストステージ突破」の
記念書き込み(日記)でした。
posted by 松風あおば at 19:09| 日記

2016年10月06日

『君の名は。』・・・観てきました。

kiminonaha_image.jpg
http://www.kiminona.com/index.html

新海誠監督の最新作で現在公開中のアニメ映画『君の名は。』。
公開当初(公開前)から注目を集めていた作品で、
公開から1ヶ月ほど経った10月3日の時点で興行収入は130億円を超えたとのことで
日本のアニメ映画としてはすでに歴代5位に入るヒットを記録しているそうですが、
私・松風も、遅ればせながらつい先日映画館に足を運び観賞してまいりました。



いや〜・・・凄い作品でしたね(汗)。
映像や音楽の美しさも評判通りでしたけど、それ以上にやはり内容が衝撃でしたよ。


境遇の違う2人の男女が(夢で)入れ替わる・・・というのは、
ぶっちゃけありがちな設定ながら
そんな突然訪れた非日常から始まるこのお話は、
その2人の主人公(都心で暮らす瀧と、山奥の湖畔の田舎町で暮らす三葉)の
とてもピュアな心情と、身震いするほどリアルな苦悩で織りなされた
予想以上にスケール感のある、そしてあまりにも切ない恋物語でした。

夢の中でたびたび入れ替わるごとに
戸惑いつつもその現実を受け止め、お互いを理解し始める瀧と三葉。
でも、とある日を境にその入れ替わりが無くなり、
やがて瀧が三葉の町を探し訪れることで明るみになる衝撃の事実。
実は2人の入れ替わりには3年のタイムラグがあったことに気付くも
相手の名前すら記憶からどんどん薄らいでいく現実。
そして、そんな現実に抗うかのように「忘れること」を拒んだ2人の心が通い合い
最悪の事態を回避するクライマックス。
そのラストは・・・・・・??


上映中の映画で、ネタバレは極力避けたいところなので
細かい内容に踏み込んだ感想はここでは控えたいと思いますが
「会ったことのない相手」を必死に探し追い求める2人の姿に
運命が織りなす人間模様のもどかしさ、そして切ないまでの美しさを感じさせる、
そんな作品だった・・・というところでしょうか。
EDに流れるテロップを眺めながら
込み上げてくる涙を拭っていた私だったんですが、ただ感動したというより、
しばらく言葉を失って動けなかったというのが正直なところですかね。


第1作の『ほしのこえ』からいろいろ注目を浴びていた新海監督ですけど、
こんなストーリーを想い描けるその才能・感性にはただただ感服しました。
実写には無い、アニメ映画ならではの美しさというものも改めて実感させてくれた
作品だったようにも思います。

kiminonaha_image3.jpg


そういえば・・・余談ながら、
この夏に人気を集めた映画として
この『君の名は。』と『シン・ゴジラ』のタイトルがよく話題に上がりますが、
実は今から62年前の1954年(昭和29年)公開の人気邦画タイトルにも
『君の名は(第三部)』と『ゴジラ(第一作)』が名を連ねていたことも
面白い偶然として語られていますね。

この時の『君の名は』(菊田一夫原作)と
今回の『君の名は。』はもちろん全く関係のない別作品。
でもよく考えてみると、昔の『君の名は』も、
大空襲の中、たまたま出会った見知らぬ男女がお互いの名も知らぬまま再会を誓い合う話で、
お互い惹かれつつも運命の波に翻弄されてしまう切ない悲恋の物語・・・
ストーリーやその結末こそ違えど、
ある意味テーマ性において大きく共通する部分があるように思えてきます。

片や戦争を経験した後の時代が生んだ作品、
片や大震災を経験した後の時代が生んだ作品・・・
『ゴジラ』も含めて、それらの影響がところどころに垣間見えるこの新旧の両タイトルも
時代の求めに応じてなのか
実は偶然ではない、運命の織りなす見えない糸で結ばれているのかもしれませんね(笑)。
posted by 松風あおば at 00:30| 日記