2017年09月03日

夏コミの後は、夏コミティア(COMITIA121)

comitia121.jpg IMG_8113.JPG

9月に入りましたね。
南関東もここ2〜3日は突然秋が来たような涼しい風が吹いていましたが、
今年の8月の東京都心は雨が27日間にわたって降り、
日照時間は過去最低の83.7時間だったとかで、
かなりの異常っぷりだったようですね。

他の各地も、例年に比べ軒並み天候が悪かったようで
観光やレジャー関係への影響もかなり大きかったそうですが、
基本的に天気に左右されない屋内イベントである
同人イベントの方はいつもと変わらず・・・ということで、
最近はすっかりインドア派(?)になってしまっている私は
夏コミの1週間後(8月20日)は、今年も一次創作系の最大イベントである
夏のコミティア(COMITIA121)に一般参加していました。

サークル参加の夏コミでは、どうしても自サークルに縛られて
なかなか他サークルの作品をゆっくり堪能できない・・・ということで、
毎年「夏コミ(サークル参加)+夏コミティア(一般参加)」が1セットになっている
私なんですが、今年の夏コミティアの方についても
遅ればせながらここで簡単にレポートしておきたいと思います。


IMG_8112.JPG IMG_8114.JPG
(↑)国際展示場駅に着いたのは正午頃、
  夏コミの時は待機列であふれかえっていたプロムナードも、この通り
  普段の静けさを取り戻しています。1週間前とのギャップを感じる瞬間も
  夏コミティアの風物詩(?)といえましょうか。

IMG_8115.JPG
(↑)「ゆりかもめ」も、コミケ時の殺伐さはなくまったり運行。
  夏コミと夏コミティアの間の1週間は、気候的にも真夏から晩夏への境といいますか?
  場の雰囲気の差ももちろん影響しているとはいえ、
  体感的な暑さもかなり和らいでいる感じがします。

IMG_8119.JPG
(↑)コミティアは東の5・6ホール。
  コミケ時は、全ホールがコミケ会場となるビッグサイトもこの日は
  鉄道模型にダーツ、将棋と、様々なジャンルのイベント会場と化していました。

IMG_8121.JPG IMG_8122.JPG
(↑)「国際鉄道模型コンベンション」(通称JAMコンベンション)。
  夏コミティアとよく日程がかぶるイベントなんですが、鉄ちゃんの私としては
  当然こちらも気になるところで、思わず中に吸い込まれそうになります。
  こちらは3日間開催なので、前日にでも来れたら来たかったところなんですが・・・
  今回も未練を絶ち切ってコミティア優先です(苦笑)。

IMG_8145.JPG
(↑)夏コミ(3日目)では創作サークルがひしめいていた東7ホールは
  この日のイベントは無く、1週間前が嘘のように静まり返っています。

IMG_8124.JPG IMG_8125.JPG
(↑)さて、コミティア会場に入ります。
  前回一般参加した冬コミティアは昼過ぎに『ティアズマガジン』(カタログ)が
  売り切れていましたが、今回はかなり余裕で買えました。

IMG_8126.JPG IMG_8127.JPG
(↑)とはいえ、会場内はかなりの混雑ぶり。
  コミケにも参加していた人も、コミティアのみ参加の人もいるはずですが
  夏コミ直後ながら、毎年盛況の夏のコミティアです。

IMG_8128.JPG IMG_8129.JPG
(↑)知り合いのサークル・作家さんに挨拶回りをした後は「見本誌コーナー」へ。
  コミケには無いこのコーナーの良さはやっぱり
  いろいろなサークルさんの作品(主に新刊)を手短にチェックできること
  ・・・なんですけど、ここで読み耽ってしまうと
  予想以上に時間を費やしてしまうこともあります(汗)。
  問題視されていた見本誌の盗難事件は、警備強化の対策などの効果もあってか
  このところは発生していないようで、ひとまずなによりというところでしょうか。

IMG_8134.JPG IMG_8135.JPG
(↑)こちらもおなじみ「出張編集部」コーナー。
  今回も多くの出版社、雑誌の編集部が来ています。
 
IMG_8137.JPG IMG_8141.JPG
(↑)ここはプロの編集者の人に自分の原稿を見てもらえるコーナー・・・ですが、
  各ブース前は、各誌の最新刊や掲載作品の単行本などがたくさん陳列されていて、
  自由に閲覧できるようになっています。
  商業誌の掲載作品を一堂に立ち読みチェックできる場というのも結構貴重なんですよね。
  自分の原稿を見てもらうことはしない私も最近はいつもここに来て
  各誌の掲載作品をチェックしているんですが、
  商業作品の方も毎回思わぬ発見がいくつもあります。
  ただし、ここも同人誌の見本誌コーナー同様、読み耽りには注意です(汗)。

IMG_8130.JPG IMG_8142.JPG
(↑)印刷会社に同人誌委託販売店に・・・企業出展も各社頑張ってます。
  クリスタの講座もおなじみになってきましたね。
  アナログで描く人が減ってきたためか、スクリーントーンなどアナログ画材を売っているお店が
  イベント会場からも無くなりつつあり、アナログ派の私としてはちょっと残念。

IMG_8131.JPG IMG_8143.JPG
(↑)昼時は行列もできる「コミティア最大手」(笑)の誉れ高い、オムそば屋さんのオムそば
  ・・・お値段はちょい高め(?)ですが、つい食べたくなる一品です。

IMG_8132.JPG
(↑)プレミアム生クリームソフトなども売っていますが、
  今回は「電球ソーダ」なるものも売っていました。

IMG_8146.JPG
(↑)チラシコーナーもなにげに毎回のチェックポイントになっています。
  印刷会社各社や各種イベントと毎回いろいろありますが・・・

IMG_8148.JPG IMG_8147.JPG
(↑)今回はコミティア以外の一次創作(オリジナルオンリー)イベントに注目です。
  コミティアより古い「MGM2」(http://mgm2-official.com/)、
  今年発足したばかりの「夢を紡ぐ創作の集い」(https://yumetsumugu.com/
  ・・・かつて「そうさく畑 東京」に参加してした身としては、
  こういうアットホームな雰囲気を楽しめる小規模一次創作イベントの魅力も
  見直したいところですので、次はこちらにも一般参加してみたいと思います。

IMG_8133.JPG 
(↑)次回の秋コミティア(COMITIA122)は11月23日(木・祝)開催。
  この日は祝日ということもあってか、会場の都合で前夜設営ができないらしく、
  なんと5000サークル分の会場設営を当日早朝に行うことになったとのこと。
  コミティア史上稀に見ぬ緊急事態に、いつもより大々的に協力者を募集しています。
  ここは私も協力してあげたいところ・・・と思ったんですが、
  「当日朝6時30分にビッグサイトに集合できる人」という条件ですでにダメそうです(汗)。
  参加条件に見合う方でやる気ある方はぜひ協力してあげてください。
  

ということで、
今年も「夏コミ(サークル参加)+夏コミティア(一般参加)」を楽しんで、
私の夏は無事終了しました。
季節はいよいよ秋・・・
次は冬コミに向けて、今度こそ(?)早めに原稿に取り掛かろうかというところですが、
その前に、ちょっと画力アップのための練習などもしたいところ。
この夏のコミケ、コミティアで入手した他のサークルさんの力作に刺激を受けつつ、
私も実りある「芸術の秋」を過ごせるよう、頑張ってみたいと思います(笑)。
posted by 松風あおば at 00:10 | 日記