2019年08月30日

夏コミティア(COMITIA129) in 青海展示棟

IMG_3065.JPG IMG_3066.JPG

今年も夏コミが無事終わり、いよいよ夏も終わり。
夜には虫の声も聞こえ始め、季節は初秋へと向かいつつありますが
一次創作で同人活動をしている者にとってはもう一つ、夏を締めくくる大事な同人イベントがあります。
一次創作オンリーイベント(自主制作漫画誌展示即売会)のコミティアです。
今年も夏コミティア(COMITIA129)が夏コミの2週間後の8月25日(日)に開催されていました。

季節に1回、年4回開催される東京のコミティアのうち
時期的な都合でどうしてもコミケと連続してしまう夏のコミティア・・・
うち(虹の卵)としては(夏コミ落選時以外は)サークル参加はしないというスタンスで
今年も悠々と一般参加を楽しんできたんですが、
今年の夏コミティアは昨年までの夏コミティアとは少しばかり違うものだったんですね。

何が違っていたか?と言えば・・・ズバリ「会場」。
オリンピック準備のため、東京ビッグサイトが限定的な使用を余儀なくされているというのは
今回の夏コミ4日間開催という話でも触れましたが、その余波はコミティアにも及んでいて
今回の夏コミティアもいつものビッグサイトの東・西ホールではなく
少し離れた場所に仮設された「青海展示棟」での開催だったんですね。

すでに前回の5月コミティアもこの青海展示棟での開催だったそうですが
5月コミティアには参加せず、また夏コミ期間中の企業ブース(青海展示棟)にも足を運ばなかった
私・松風にとっては、今回がその青海展示棟初体験・・・
ということで、いつも以上にワクワクした気持ちで会場へと向かったんですが
はてさて、その初めて参加した「青海コミティア」はどんなコミティアだったか?
当日の会場の様子を振り返ってみたいと思います。

IMG_3046.JPG IMG_3047.JPG
(↑)今回の会場は「青海展示棟」。
  場所はこれまでのコミケやコミティアの会場として慣れ親しんだ
  ビッグサイト・東西ホールからは1.5kmほど離れたところにあります。
  おなじみりんかい線に乗りますが、いつもの国際展示場駅までは乗らず、
  一つ前の東京テレポート駅で降ります。 
 
IMG_3055.JPG IMG_3050.JPG
(↑)東京テレポート駅の改札を出て左手、出口Aのエスカレーターで
  外に出てみると・・・

IMG_3068.JPG IMG_3058.JPG
(↑)そこは、いきなりのコミティア会場・入場口!?
  なんと、東京テレポート駅を出て左手すぐの所が青海展示棟の入口でした。

IMG_3059.JPG IMG_3060.JPG
(↑)正面のビーナスフォート側にはゆりかもめの青海駅。
  また手前の歩道橋を渡った先には同じくゆりかもめのお台場海浜公園駅があります。
  交通の利便性においてはこの上ない立地というべきでしょうか。。

IMG_3062.JPG IMG_3064.JPG
(↑)ビーナスフォート側から青海展示棟を見てみると
  芝生や植え込みの木々・花々に囲まれた何やら不思議な建物にも見えてきます。

IMG_3063.JPG IMG_3070.JPG
(↑)建物の正式名称は
  「東京ビッグサイト 青海展示棟(Tokyo Big Sight AOMI Exihibition Hall)」
  離れていてもあくまでも「東京ビッグサイトの一ホール」という位置づけなんですね。

IMG_3093.JPG IMG_3094.JPG IMG_3069.JPG
(↑)今回の『ティアズマガジン』を購入。早速会場に入ってみます。

IMG_3095.JPG IMG_3096.JPG
(↑)ここの会場ホールはほぼ正方形のホール2つ(Aホール・Bホール)が並ぶ単純構造。
  わかりやすいと言えばわかりやすいですが・・・
 
IMG_3071.JPG IMG_3073.JPG
(↑)会場内に入って見回してみると、やっぱり「仮設」の安普請感はありますね(苦笑)。
  ざっくり言えば「巨大なプレハブ建物」・・・というところでしょうか。
  5月コミティアやコミケでの噂を聞いたところでは
  トイレが少ない、空調の効きが悪い、携帯電波が弱い・・・などなど
  あまりいい評判が上がってませんでしたが、私個人の感想としては
  この日の居心地はそんなに悪くはなかったように思います。
  
IMG_3078.JPG IMG_3079.JPG
(↑)AホールとBホールの挟間です。それぞれのホールの大きさを考えると
  あえて2ホールに分けずに、一つの巨大ホールに仕上げてもよかったように思うのですが
  そのへんは技術的な制約などもあるのかもしれませんね。

IMG_3075.JPG IMG_3076.JPG
(↑)商業各社各誌のブースが一堂に会する「出張編集部コーナー」は今回も賑わっていました。

IMG_3077.JPG IMG_3086.JPG
(↑)見本誌コーナーにチラシ置き場も健在です。
  今回は見本誌コーナーで本を読みふけってしまい、買い物自体はあまりできませんでした(汗)。

IMG_3089.JPG IMG_3081.JPG
(↑)コミティアグルメ(?)も今や目が離せません。
  もはやコミティア名物と言ってもいい(?)「オムそば」屋さんに
  話題のローストビーフ丼、タピオカドリンクなどの「うまいもん屋台」もかなり繁盛していたようです。
  
IMG_3083.JPG IMG_3084.JPG
(↑)企業出展ブースも、今や印刷会社から同人誌委託書店・ダウンロードサイトなどの他、
  文化庁のメディア芸術祭、地域の漫画イベント、はちみつ屋さんまで出展しています。
  クリップスタジオによるデジタル漫画セミナー(実演講座)も今やおなじみですが
  私もここにはかなりお世話になっています(笑)。

IMG_3088.JPG IMG_3087.JPG
(↑)私自身は会場内で見かけることはありませんでしたが、
  今回はNHKによる映像撮影取材も入っていたようです。このコミティアの様子は
  2019年12月〜2020年1月頃に「東京ミラクル」という番組にて放映されるとのことですが
  どんな内容の番組でコミティアがどんな風に紹介されるのか? 今からちょっと楽しみですね。


というわけで、
今年も夏コミティア一般参加を満喫した私でしたが、
「青海展示棟」という新たな会場でのコミティアは
いつものビッグサイト東西ホールで開催されるコミティアと基本的に同じでありながら
どこか新鮮味があって楽しかったです。
良くも悪くも「仮設」ということで、オリンピック終了後には消滅してしまうこの青海会場。
何年後かには思い出の中でのみ語られる「幻の会場」となってしまうかと思うと
何か貴重な体験をしているような気(?)もしてしまう、そんな今回のコミティアでもありました。
  
コミケ・コミティアの他、同人イベントの主催・準備会サイドのスタッフのみなさんにとっては
会場確保から当日の細かい運営に至るまで、
オリンピックに振り回される日々がまだあと1年ほど続くことかと思いますが
私のようなサークル参加者・一般参加者としてはその恩恵に感謝しつつ、
この先もそれぞれのイベントを楽しみたいところです。


季節は間もなく秋・・・そしてその先の冬に向けて、私の方も次の本の原稿また頑張りたいと思います。
posted by 松風あおば at 00:14 | 日記

2019年08月21日

2019年夏コミ(コミックマーケット96) お疲れさまでした〜。

C96_catalog.JPG 20190811_kokuten.JPG

すでに終了して10日ほど経っていますが
史上初の4日間開催となった今回のコミケ・・・なんとか無事終了しましたね。
暑い中参加されたみなさん、今回もお疲れさまでした。

当サークル「虹の卵」も
3日目(11日(日))の創作少年ジャンルにてサークル参加してまいりましたが
今回もサークル席には多くのみなさんにお越しいただき、
酷暑の中ながら本当に楽しい一日を過ごすことができました。
うちとしては表紙・本文ともデジタル作成となった新刊を携えて初めて迎える
記念すべきコミケ(?)・・・でもあったんですが
そんなうちの作品の方も概ねご好評いただき、売り上げも上々で
今回もみなさまには本当に感謝感謝の次第です。

ビッグサイトの西ホールと新設ほやほやの南ホール、
そして少し離れた青海の仮設展示場での4日間開催、
参加者は日によって色の違うリストバンドの参加証を手に巻いて入場・・・と
これまでにないスタイル尽くしで開催された今回のコミケ。
書店での前売りを含めカタログが入手困難になっていたとか、
入場制限の解除や待機列の誘導でのミスがあったとかなかったとか、
イレギュラーな要素が多い中で運営上の混乱も所々であったようで
準備会側もしきりに謝っていましたが、
来場者数は1日目:16万人、2日目:17万人、3日目:20万人、4日目:20万人の
4日間合計73万人と、日数が多かった分やはり過去最高を記録したようですね。
この暑い中、設営日も含め5日間にわたって奔走してくれたスタッフのみなさんには
ただただ頭が下がる思いです。

オリンピックは1年後とはいえ、
そろそろオリンピックに振り回されないコミケが恋しい(泣)・・・というのは
たぶん私たちサークルや一般参加者以上に
準備会の執行部やスタッフのみなさんの切実な想いじゃないかと思いますが、
少なくともあと1年は続くであろうこのスタイルのコミケ・・・
次回以降も大きなトラブルなど無いまま、無事乗り越えられるよう
一参加サークルとしても祈らずにはいられないところです。
とにもかくにも今回の夏コミは、いつもと少し違っていた分も含めて、
いつも以上にみなさん本当にお疲れさまでした。


そんな今回のコミケ・・・
アフターレポートとして今回も写真で振り返って、といきたいところ
だったんですが・・・大変申し訳ありません(汗)。
実はコミケ当日(サークル参加した3日目と一般参加した4日目)の写真をおさめた
私のデジタルカメラのメモリーカードのデータが
その後のちょっとしたアクシデントで吹っ飛んでしまいまして
今回は当日の様子を画像でお見せすることが出来なくなってしまいました(泣)。
(冒頭の写真は、唯一残っていた別の予備カメラで撮影したものです。)
小さな媒体で多くのデータをやり取りできる便利な時代ではありますが
こういうリスクも孕んでいるというのを身を持って体験しましたね。
これが漫画原稿のデータとかじゃなくてよかった・・・というところでもあるんですが
この経験は今後のデジタルツール利用でのリスクヘッジを考える上の
教訓にしたいところでもあります。

IMG_3037.JPG IMG_3038.JPG
(↑)というわけで、写真はついさっき撮ったものなんですが
  今回のコミケカタログと、付属の入場証(4日分のリストバンド)です。

なお、気付いている人がどれだけいるかはわかりませんが
今回の冊子版のコミケカタログは、これまでの共信印刷鰍ナはなく
大陽出版鰍ェ印刷してたんですね。
これが今回だけの措置なのか、今後もそうなるのかは全く不明ですが、
長く参加している者にとっては、「コミケカタログといえば共信印刷」という
イメージが強かったのでちょっと意外でした。
でも大陽さんは、当サークル(虹の卵)の本の印刷で
いつもお世話になっている印刷会社ですので
私としては正直ちょっと胸アツでもあります(笑)。

IMG_3041.JPG IMG_3039.JPG C96_drink.JPG
(↑)今回のコミケドリンクは、珈琲貴族氏パッケージデザインのスポーツドリンク。
  キャッチコピーは「青く白い聖地へようこそ」。
  今回のコミケ会場が「青くて白かったか?」どうかはともかく
  夏空をバックにした爽やかなビッグサイト(?)が印象的です。
  今回は会場で飲まないで持ち帰り、冷蔵庫にしまっておいてなにげに正解でした(笑)。


それと(写真は無いものの)今回のコミケで特筆しておくべきはやはり
今回から会場として使用し始めた、出来立てほやほやの「南ホール」でしょうか。
うちは従来の西ホール配置だったんですが、知り合いのサークルさんへの挨拶回りの際
この新ホールに足を踏み入れてビックリ !?
出来たばかりなので新しくて綺麗だった・・・というのは言うまでもないんですが
なにより空調が効いていて、西ホールとは比較にならないほど
涼しくて快適な環境だったんですね。
広いオープンスペースでの空調の効きを維持する技術が
この四半世紀の間で格段に向上した証し・・・と言えるものなのかはわかりませんが
サークルブースの広さといい、南に配置されたサークルさんが羨ましい限りでした。

過去40年にわたるコミケ史を振り返ると、会場の変遷もいろいろありましたが
有明のビッグサイトコミケが始まって20数年・・・この南ホールの登場は
やはり一つの「転機」として語られていくことになりそうですね。
その快適ぶりに、この先の夏コミではうちも南に配置されたい・・・と
つい思ってしまいますが、
ここ数年にわたりオリンピックに振り回された代償として(?)、
今後は従来の東西ホールも改修工事などを経て
南ホールのような快適な環境に整備しなおしてほしいものです。
そうなった暁には・・・かつて発生した「コミケ雲」のエピソードなども
遠い伝説の闇の中に消えていきそうですが(笑)。


さて夏コミが終われば、間もなく夏も終わり、秋がやってきます。
デジタルでの漫画制作もまだ不慣れな私ですが、さらにいろいろ覚えつつ
冬に向けてまた作品作りに精を出したいと思います。
posted by 松風あおば at 23:14 | 日記

2019年08月10日

コミックマーケット96参加します。

CIMG0200.JPG C96_catalog.JPG

日本各地は連日の猛暑。
令和元年の夏もお盆の時期に差し掛かっていますが、
この酷暑の中、今年も夏のコミックマーケットが昨日(8月9日)から開催されています。

今回の夏コミは来年のオリンピックの影響で
2会場(ビッグサイト西ホール・南ホール+青海展示場)での4日間開催となり、
さらに一般参加も有料化し、リストバンド型の参加証を新たに導入するなど
これまでとはかなり違う形での開催となっているのは
みなさんもすでにご存じかと思いますが、
その影響からか、アニメショップや同人書店などでの前売りカタログが
今年はあっという間に品薄になるなど、思わぬ現象も起こっていたようですね。

とはいえ昨日の1日目は、
昨年の1日目と同じ16万人の来場者があったそうで
特に大きな混乱やトラブルなどの話も聞こえてこないので
ひとまずなにより・・・というところでしょうか。
このところのイレギュラーな形での開催には、
準備会スタッフのみなさんの苦労も察するに余りありますが、
今回も4日間、大きなトラブルなどない楽しい夏コミでありますよう、
一参加サークルとしても心より祈るばかりです。


さて、そんな今回の夏コミ
当サークル「虹の卵」は3日目(8月11日(日))「創作少年」ジャンルにて
サークル参加の予定です。
今回の「虹の卵」のスペースは

 西4ホール K−11b

C96.png

今回の新刊は、おなじみの鉄オタ女子高生のお話『てつもえ』。
総集編W巻に続く『てつもえP』(300円)です。

てつもえP表紙.png

前回の5月の関西コミティアでの新刊
『てつもえ〜ミニ番外編 FUJISAN〜』 (100円)も頒布予定ですので、
まだご覧になっていない方は、ぜひこちらも合わせてお求めください。

てつもえ 富士山 表紙.jpg

前にもお知らせしましたが、今年から当サークルの作品は
表紙・本文ともデジタル作成となっております。
若干これまでの作品(アナログ作成)とは見栄えが違う部分があるかと思いますが
何卒ご了承ください。

今回もサークル席にてみなさまのお越しを心よりお待ちしております。
暑い中体調管理にはくれぐれもお気をつけて、今回のコミケも存分にお楽しみください。




さて、ここからは近況報告・・・といっても
このところは毎日「暑い暑い」と言ってるだけでこれといって面白いことがないんですよね。
というか、この暑い中、
ここ数日私の部屋のエアコンが壊れたのかかなり調子が悪く
しかも電気屋さんはお盆休みに入っていて当分呼べないという最悪の状況でして(汗)、
やむなく夜は別の部屋で寝ていたりします。

私の子どもの頃は、夏の夜は別にエアコンなどつけなくても
網戸にして風通しさえ良くしていれば結構快適に過ごせたものでしたが
温暖化が進み家の中でも熱中症になりかねない今の時代は
もちろんそんなこと言っていられません。
年々厳しくなってきているように思える(?)酷暑との闘いですが、
今年もまだもうちょっと続きそうですね。


一方夏の暑い時期だけの楽しみもあります。
私はスイカが好きで毎年今頃はカットスイカではもの足らず、
大きいスイカを丸々1個買いをしたりするんですが、
今年はスイカのみならず、近所のスーパーで子どものように
いろんなアイスを買って楽しんでいたりもします。
先日ZOZOマリンスタジアム(千葉マリンスタジアム)にロッテファンの友人と野球を観に行った際に
球場で配っていたロッテの「COOLISH! (クーリッシュ)」がなかなか気に入ったので
一時期はこればかり買っていたんですが、その後は九州の練乳カキ氷「白くま」にハマったりもして、
結局のところ、ここ1か月余りの間にいろいろなアイスに舌鼓を打っていました。

CIMG0202.JPG IMG_2940.JPG
(↑)ロッテの「COOLISH! (クーリッシュ)」(左)と丸永製菓「白くま」(右)

アイスとひと言で言っても地域性があったり、いろんなタイプのものがあったりするんですね。
このトシになってそんなことを改めて実感している今年の夏です。

CIMG0192.JPG CIMG0194.JPG
10%shiyou.JPG mukaju.JPG
(↑)こちらは栃木名物レモン牛乳のアイス「レモン牛乳アイス」。
  なかなか素朴な風味が良かったんですが、フタの表記が…
  「栃木レモン10%使用」とありながら「無果汁」とはこれ如何に!?
posted by 松風あおば at 18:35 | 告知