2019年08月21日

2019年夏コミ(コミックマーケット96) お疲れさまでした〜。

C96_catalog.JPG 20190811_kokuten.JPG

すでに終了して10日ほど経っていますが
史上初の4日間開催となった今回のコミケ・・・なんとか無事終了しましたね。
暑い中参加されたみなさん、今回もお疲れさまでした。

当サークル「虹の卵」も
3日目(11日(日))の創作少年ジャンルにてサークル参加してまいりましたが
今回もサークル席には多くのみなさんにお越しいただき、
酷暑の中ながら本当に楽しい一日を過ごすことができました。
うちとしては表紙・本文ともデジタル作成となった新刊を携えて初めて迎える
記念すべきコミケ(?)・・・でもあったんですが
そんなうちの作品の方も概ねご好評いただき、売り上げも上々で
今回もみなさまには本当に感謝感謝の次第です。

ビッグサイトの西ホールと新設ほやほやの南ホール、
そして少し離れた青海の仮設展示場での4日間開催、
参加者は日によって色の違うリストバンドの参加証を手に巻いて入場・・・と
これまでにないスタイル尽くしで開催された今回のコミケ。
書店での前売りを含めカタログが入手困難になっていたとか、
入場制限の解除や待機列の誘導でのミスがあったとかなかったとか、
イレギュラーな要素が多い中で運営上の混乱も所々であったようで
準備会側もしきりに謝っていましたが、
来場者数は1日目:16万人、2日目:17万人、3日目:20万人、4日目:20万人の
4日間合計73万人と、日数が多かった分やはり過去最高を記録したようですね。
この暑い中、設営日も含め5日間にわたって奔走してくれたスタッフのみなさんには
ただただ頭が下がる思いです。

オリンピックは1年後とはいえ、
そろそろオリンピックに振り回されないコミケが恋しい(泣)・・・というのは
たぶん私たちサークルや一般参加者以上に
準備会の執行部やスタッフのみなさんの切実な想いじゃないかと思いますが、
少なくともあと1年は続くであろうこのスタイルのコミケ・・・
次回以降も大きなトラブルなど無いまま、無事乗り越えられるよう
一参加サークルとしても祈らずにはいられないところです。
とにもかくにも今回の夏コミは、いつもと少し違っていた分も含めて、
いつも以上にみなさん本当にお疲れさまでした。


そんな今回のコミケ・・・
アフターレポートとして今回も写真で振り返って、といきたいところ
だったんですが・・・大変申し訳ありません(汗)。
実はコミケ当日(サークル参加した3日目と一般参加した4日目)の写真をおさめた
私のデジタルカメラのメモリーカードのデータが
その後のちょっとしたアクシデントで吹っ飛んでしまいまして
今回は当日の様子を画像でお見せすることが出来なくなってしまいました(泣)。
(冒頭の写真は、唯一残っていた別の予備カメラで撮影したものです。)
小さな媒体で多くのデータをやり取りできる便利な時代ではありますが
こういうリスクも孕んでいるというのを身を持って体験しましたね。
これが漫画原稿のデータとかじゃなくてよかった・・・というところでもあるんですが
この経験は今後のデジタルツール利用でのリスクヘッジを考える上の
教訓にしたいところでもあります。

IMG_3037.JPG IMG_3038.JPG
(↑)というわけで、写真はついさっき撮ったものなんですが
  今回のコミケカタログと、付属の入場証(4日分のリストバンド)です。

なお、気付いている人がどれだけいるかはわかりませんが
今回の冊子版のコミケカタログは、これまでの共信印刷鰍ナはなく
大陽出版鰍ェ印刷してたんですね。
これが今回だけの措置なのか、今後もそうなるのかは全く不明ですが、
長く参加している者にとっては、「コミケカタログといえば共信印刷」という
イメージが強かったのでちょっと意外でした。
でも大陽さんは、当サークル(虹の卵)の本の印刷で
いつもお世話になっている印刷会社ですので
私としては正直ちょっと胸アツでもあります(笑)。

IMG_3041.JPG IMG_3039.JPG C96_drink.JPG
(↑)今回のコミケドリンクは、珈琲貴族氏パッケージデザインのスポーツドリンク。
  キャッチコピーは「青く白い聖地へようこそ」。
  今回のコミケ会場が「青くて白かったか?」どうかはともかく
  夏空をバックにした爽やかなビッグサイト(?)が印象的です。
  今回は会場で飲まないで持ち帰り、冷蔵庫にしまっておいてなにげに正解でした(笑)。


それと(写真は無いものの)今回のコミケで特筆しておくべきはやはり
今回から会場として使用し始めた、出来立てほやほやの「南ホール」でしょうか。
うちは従来の西ホール配置だったんですが、知り合いのサークルさんへの挨拶回りの際
この新ホールに足を踏み入れてビックリ !?
出来たばかりなので新しくて綺麗だった・・・というのは言うまでもないんですが
なにより空調が効いていて、西ホールとは比較にならないほど
涼しくて快適な環境だったんですね。
広いオープンスペースでの空調の効きを維持する技術が
この四半世紀の間で格段に向上した証し・・・と言えるものなのかはわかりませんが
サークルブースの広さといい、南に配置されたサークルさんが羨ましい限りでした。

過去40年にわたるコミケ史を振り返ると、会場の変遷もいろいろありましたが
有明のビッグサイトコミケが始まって20数年・・・この南ホールの登場は
やはり一つの「転機」として語られていくことになりそうですね。
その快適ぶりに、この先の夏コミではうちも南に配置されたい・・・と
つい思ってしまいますが、
ここ数年にわたりオリンピックに振り回された代償として(?)、
今後は従来の東西ホールも改修工事などを経て
南ホールのような快適な環境に整備しなおしてほしいものです。
そうなった暁には・・・かつて発生した「コミケ雲」のエピソードなども
遠い伝説の闇の中に消えていきそうですが(笑)。


さて夏コミが終われば、間もなく夏も終わり、秋がやってきます。
デジタルでの漫画制作もまだ不慣れな私ですが、さらにいろいろ覚えつつ
冬に向けてまた作品作りに精を出したいと思います。
posted by 松風あおば at 23:14 | 日記