2019年11月28日

コミックマーケット97参加のお知らせ

IMG_2737.JPG IMG_2747.JPG IMG_2752.JPG

早いもので11月も終わりに差し掛かってますね。
令和元年(2019年)も残すところあと1か月となりましたが、
みなさんはお元気でお過ごしでしょうか?

私の方は、この秋は予想外に(?)公私ともかなり多忙な日々だったため
情緒的にあまり秋という季節を堪能しないままに
いきなり冬に突入しつつあるという感じになっているんですが
この日記も放置しっぱなしでまたも長らくごぶさたしてしまいました。


冬のコミックマーケット(コミックマーケット97)の当落結果もとっくに出ていたんですが
これまで全くお知らせしておらず大変申し訳ありません(汗)。
当サークル(虹の卵)は今回も無事抽選に通りまして、スペースを確保することができました。
今度の冬コミ(コミックマーケット97 12月28〜31日・東京ビッグサイト)の
「虹の卵」のスペースは

 12月30日(月) 南3ホール  モ−32b

とのことです。

C97 サークルカット.png

前回の夏コミに続き今回の冬コミも4日間開催のうちの3日目となりましたが、
今回は待望の(?)出来立てほやほや南ホール配置です。
オリンピックの影響で東ホールが使えない中での年末の4日間開催となるため
準備会スタッフの方々にはまた並々ならぬ苦労を強いることになりそうですが、
今回も大きなトラブルなど無く楽しいコミケで一年が締めくくれるよう
一参加サークルとしてもいろいろ頑張りたいところですね。

今回の新刊は、鉄オタ女子高生のお話『てつもえ』の続き、
てつもえQ』となります。
今年から表紙・本文ともデジタル作成に移行し、アナログ画材の多くが机から消え、
私自身の漫画の制作環境もすっかり変わってしまった感があるんですが、
当然ながらストーリーや作風の方はアナログ時代のまま引き継がれていますので
いつもお読みいただいているみなさまには今回も楽しみにしていただけると幸いです。
また、これまでの過去作品の一部も現在デジタルで制作し直していたりもしまして
今後それらのリニューアル作も順次出していく予定ですので
まだうちの作品をお読みになったことが無い方も
これを機にぜひお手に取っていただけたらと思います。

まだまだ先と思っていたオリンピックの2020年も間もなく突入というところですが、
うちのサークル活動も、この先も年を経るごとに(できれば参加イベントごとに)進歩が見られるよう、
より一層充実させていきたいと思っているところですので
今後とも当サークル「虹の卵」をよろしくお願いします。



さて、久々の日記更新ということで、
ここ最近の話題でも取り上げたいところなんですが、
最近のニュースで私が一番衝撃を受けたのは、やはり今月初めの「首里城の焼失」でしたでしょうか。
私自身10年ほど前に沖縄を旅した際に見学して感銘を受けたスポットだったこともあって
この火災のニュースは大変ショックでした。

近年の再建とはいえ、琉球王朝の時代から苦難の歴史を乗り越え受け継がれた
沖縄の文化の粋を集めて復元した美しい城郭建築は
今の沖縄県民のみなさんにとっても心の拠り所であったはずで
地元の悲しみは察するに余りあるところなんですが、
沖縄とは特に縁もゆかりもない私としても一国民として悲しまずにはいられず、
この先また一日も早く美しい姿で再建されることを願ってやまないところです。

ということでここは、今後の首里城再建と沖縄のみなさんの幸せを祈って、
10年前に私が見た首里城の写真を改めて載せておこうと思います(↓)。

081130_143406.JPG
(↑)首里の古城の石だたみ 昔を偲ぶかたほとり・・・
  琉球王朝の風格を今に伝える朱塗りの立派な建物だったんですが・・・本当に残念です。

081130_151353.JPG
(↑)周囲の建物や文化財もともに焼失したものの、
  この守礼門が焼失を免れたことは唯一の救いでしたでしょうか。

昔の旅行の写真を見ていると、
沖縄のみならず、またどこかに旅行に行きたくなってくるんですが・・・
この先年末にかけては仕事と冬コミの準備でまた忙しくなるので
年内はやっぱり無理ですね(苦笑)。
台風や豪雨で甚大な被害を受けた観光地も多かった今年の秋でしたが
年明けあたりにはきっと元の落ち着きを取り戻している所も多いかと思いますので
また漫画制作の取材も兼ねてどこか旅に出たいところです。


ちなみに冒頭の写真は、5年ほど前に晩秋の秋田を旅した際に撮ったもの、
紅葉シーズン(のピークがちょっと過ぎた頃)の角館の「抱返り渓谷」です。
posted by 松風あおば at 22:02 | 日記