2020年03月08日

弘法大師のクリエイター向け名言

絵、小説、漫画・・・こういったものを創作している人は
どうしてもさまざまな「創作する苦しみ」から逃れられないものです。

下手の横好きでオリジナル同人漫画などを描いている私ごときの人間でも
絵が思うように描けなかったり、コマ割りに苦しんだり、
印刷所の〆切に追われたりで(苦笑)、
「趣味なんだからこんな苦労別にしなくてもいいんじゃないか?」とか思いつつも
作品が完成して入稿終えるとホッとして・・・みたいなことの繰り返しですので、
ましてや創作を職業としているプロのクリエイターさんに至っては
その物理的苦労の他に内面の精神的葛藤も
並々ならぬものがあるんじゃないかと思います。

創作を続けていくにあたっては、
そのモチベーションの維持が重要だというのは
何らかの創作をしたことがある人なら痛いほど分かるかと思いますが、
それは「今の時代だけのものではなく、実は昔からそうだったんだ。」
と思えるものに先日触れることがありました。


それは、平安時代初期に日本に密教を伝えた真言宗の開祖である
弘法大師・空海(774〜835年)が残した名言の数々を紹介している本。
空海は宗教家としてのみならず、書道家、詩人としても有名で
今の時代にも通じるさまざまな教えを説いた数多くの書を残しているんですが、
中には創作の理論書など(『文鏡秘府論』など)も編纂しており
そこにはクリエイターに対するアドバイスともとれるような文言も
いろいろ残しているんですね。
それらは基本的に詩文(漢詩)の創作理論を説いたものなんですが
その文中の「詩」とか「文」「文章」といった言葉を
「小説」とか「絵」「漫画」などに置き換えて読んでみると
今の私たちにもグっと身に染みてくるものがあるかと思いますので、
今日はその中の一部をご紹介してみたいと思います(↓)。

kukai.JPG

 夫(そ)れ文章を作るには
 但(た)だ多くの意を立つ。
 左穿右穴(させんうけつ)して
 心を苦しめ智を盡(つく)さ令(し)め
 必ず須(すべから)く身を忘れて
 拘束す可(べ)からず。

 
   文章を創作する際には
   あれこれといろいろな考えをめぐらせてみなさい。
   右往左往して悪戦苦闘しながら
   知恵を絞って自分さえも忘れて
   何者にも縛られない自由な心で書きなさい。


 意(こころ)に文を作らんと欲せば
 興に乗じて便(すなわ)ち作れ。
 若(も)し煩(はん)に似れば即(すなわ)ち止めて
 心を令(し)て倦(う)ましむる無かれ。
 常に此(か)くの如く之(これ)を運(めぐ)らさば、
 即ち興、休歇(きゅうけつ)すること無く、
 神(しん)終(つい)に疲れず。

  
   文章を創作したいと思うなら
   気分が乗っている時に作ること。
   もし上手くいかず行き詰まった時にはすぐにやめて
   心がくたびれないようにしなさい。
   いつもこのように心がけていれば
   想像力が尽きることも無く
   心が疲れることも無い。


どうでしょう?
創作する苦労を知っている方なら、あえて解説など要らない文言かと思います。

創作は、ああでもないこうでもないの試行錯誤と悪戦苦闘の連続・・・
まずは勢いに乗って想いのままがむしゃらに取り組んでみることが大事だが
頑張っても成果が上がらないときは一旦立ち止まり
あるいは一歩引いて心を休ませてみることも大切・・・
それが次の創作の原動力にもなることを言っているんですよね。


ふと、『魔女の宅急便』の中のこのシーン(↓)を思い出してしまいました。

majotaku.jpg

 キキ  「私、前は何も考えなくても飛べたの。でも、今はどうやって飛べたのか分からなくなっちゃった。」

 ウルスラ 「そういう時はジタバタするしかないよ。描いて、描いて、描きまくる。」

 キキ 「でも、やっぱり飛べなかったら?」

 ウルスラ 「描くのをやめる。散歩したり、景色を見たり、昼寝したり、何もしない。そのうちに急に描きたくなるんだよ。」


(↑)このウルスラの名言は、実は1200年前に弘法大師も言っていたことだったんですね(笑)。



さらに、弘法大師はこんなことも言っています。

 高山の絶頂に登るが如く
 下に万象を臨みて掌中(しょうちゅう)にあるが如くし
 此れを以て象(しょう)を見れば
 心中(しんちゅう)了(あきら)かに見る。
 此れに当りて即ち用(もち)うれば
 似ざること有る無きが如し。


   高い山の頂上に登ってみたときのように
   あらゆるものを見下ろして
   世界が自分の手のひらにあるように見ることが出来れば
   心の中にくっきりと対象が見えてくる。
   同じようにそういう心構えで手を動かせば
   書くべきものがおのずと浮かんでくるだろう。


 或る人曰く、詩は苦思するを要せず
 苦思すれば則(すなわ)ち天真を喪(うしな)うと。
 此れ甚だ然(しか)らず。
 固(もと)より須(すべから)く
 慮を険中より抜き
 奇を象外(しょうがい)に採り
 飛動の句を状(かたちど)り
 冥奥(めいおう)の思いを写すべし。

   ある人が言うには
   「詩は苦しんで創作してはいけない、
   苦しんで作ると自然さを失ってしまう」
   とのことだが、
   これは明らかな間違いである。
   もともと詩心というのは苦しみの中から引き出され
   そのアイディアは現実を超越した境地から得られるもので
   (詩は)それらを生き生きとした言葉で形作ることで
   深い想いを表現するものなのだから。


これらを読んでいると
頭脳明晰で偉大な功績の数々を残した弘法大師も、
やはり一人のクリエイターとして悩んだことのある人なんだな、と思えてきますね。
今現在の多方面のクリエイターたちへのメッセージにもなる
先人クリエイターの言葉を噛みしめつつ
私もこの先の創作活動も頑張りたいところです。
posted by 松風あおば at 01:30 | 日記