2020年03月14日

2020年春 鉄道ダイヤ改正

今日3月14日は、鉄道会社(JRグループ+一部私鉄)のダイヤ改正の日でした。

今回の改正では、
路線の開業や廃止、ダイヤの大規模な刷新などは見られず
全体的にさほど大きな改正ではなかったものの
新旧の車両交代や駅名の変更、不通となっていた区間の復旧など
いくつか注目すべき点もありました。

というわけで、今日は今回のダイヤ改正の
主な改正ポイントなどをここで簡単にまとめておきたいと思います(↓)。


<JR北海道> 
・ 北海道の特急「スーパー北斗」「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」の
  列車名を廃止。それぞれ「北斗」「おおぞら」「とかち」に統一。

・ 新千歳空港へのアクセス列車、快速「エアポート」を
  1時間あたり最大4本から5本に増発。
  朝・夜の時間帯には、途中停車駅を新札幌駅と南千歳駅の2駅に絞った
  「特別快速」も設定。

・ 函館本線の区間快速「いしかりライナー」を廃止。

・ 函館本線の小樽〜長万部間に新型車両H100形を導入し、
  キハ201系以外の既存車両を置き換え。

・ 根室本線の「古瀬」駅と、釧網本線の「南弟子屈」駅を廃止。


<JR東日本> 
・ 山手線・京浜東北線の田町〜品川間に「高輪ゲートウェイ」駅開業。

・ 2011年の東日本大震災の影響で運休が続いていた
  常磐線の富岡〜浪江間の運転再開。常磐線は9年ぶりの全線復旧。
  上野〜仙台間の特急「ひたち」も復活。
  いわき〜原ノ町間の普通列車はE531系に統一。

・ 常磐線、佐貫駅の駅名を「龍ケ崎市」駅に変更。
  臨時駅「Jヴィレッジ」駅を常設駅へ昇格。

・ 中央線の早朝・深夜帯に設定していた東京発着の各駅停車を廃止。
  これにあわせ、早朝・深夜帯に御茶ノ水折り返しとなっていた
  中央・総武緩行線の運転区間を変更し、中野・三鷹方面へ延長。

・ 中央線の特急「あずさ」・「かいじ」の号数を統合。
  千葉駅発着の「あずさ」3号は南小谷行きから松本行きに変更
  (大糸線直通の下りあずさは5号へ変更)。
  中央線から富士急行線に直通する特急「富士回遊」は1往復増発。

・ 東北本線、黒磯〜新白河間の普通列車をE531系に統一し
  キハ110系による運用を廃止。

・ 磐越西線に半室を指定席としたE721系車両を導入。
  快速「あいづ」(郡山〜会津若松)として1日3往復の運転開始。
 
・ 新潟地区に電気式気動車GV-E400系を追加投入。
  信越本線、羽越本線、磐越西線、米坂線、只見線のキハ40系を全て置き換え。

・ 伊豆方面の特急「サフィール踊り子」(E261系)運転開始。
  従来の251系特急「スーパービュー踊り子」は運転終了。
  E257系2000番台の特急「踊り子」運転開始。

IMG_6712.JPG IMG_6811.JPG
IMG_6813.JPG IMG_6821.JPG
(↑)1990年のデビュー以来、30年にわたり
  伊豆の花形列車だった251系「スーパービュー踊り子」・・・
  私にとっても思い出深い電車がまた一つ姿を消しました。


<JR東海>
・ 東海道新幹線の全列車を最高時速285キロのN700Aに統一。
  東海道新幹線で「のぞみ12本ダイヤ」が始まる。
  (但し、新型コロナ対策のため3月19日から31日までの期間
  「のぞみ」計192本運休)
  東京〜新大阪間の所要時間は最大7分短縮。
  700系新幹線引退。

IMG_0906.JPG IMG_0907.JPG
(↑)1999年の登場から21年。
  「カモノハシ」の愛称で親しまれた700系も終に引退です。

・ 東海道本線袋井〜磐田間に「御厨(みくりや)」駅開業。
  参宮線の臨時駅「池の浦シーサイド」駅廃止。


<JR西日本>
・ 山陽・九州新幹線「みずほ」1往復増発。
  新たに福山と新山口に停車。

・ 関空特急「はるか」に新型車両の271系を導入。
  「はるか」は全列車が9両編成となる。

IMG_7593.JPG IMG_7590.JPG
(↑)関空特急「はるか」(281系)

・ JR宝塚線(福知山線)の昼間の時間帯の「快速」と「丹波路快速」を
  宝塚〜新三田間各駅に停車する「区間快速」に変更。

IMG_0124.JPG IMG_0048.JPG
(↑)「丹波路快速」(225系6000番台)

・ 大阪環状線を経由する奈良方面への「大和路快速」を全て8両化。
  奈良線では土休日の「みやこ路快速」を全て6両化。

・ 紀勢本線、御坊〜紀伊田辺間運行の113系をすべて227系に置き換え。

・ 紀勢本線、和歌山〜紀伊田辺間でICOCA導入

・ 山陽本線の広島地区で、快速「シティライナー」の運転を再開。


<JR四国>
・ 土讃線特急の「南風」全列車が宇多津に停車。

・ 予讃線の北伊予〜伊予横田間に「南伊予」駅開業。


<JR九州>
・ 蓄電池搭載型車両のYC1系がデビュー。
  大村線などに投入しキハ66・67系を順次置き換え予定。




<東武鉄道>
・ 東武アーバンパークラインなどでダイヤを改正。
  アーバンパークライン逆井〜六実間の複線化により、
  新たに運河〜柏〜船橋間で急行運転を開始。

・ 春日部〜大宮間で急行運転となる「区間急行」を朝夕の時間帯に設定。
  平日夜間に運転される特急「アーバンパークライナー」も運転区間を拡大し
  新たに柏駅へ乗り入れ開始。


<西武鉄道>
・ 池袋線系統の特急「ちちぶ」「むさし」全列車を001系「Laview」に統一。
  従来の10000系「ニューレッドアロー」は、池袋線系統の特急列車から引退。

・ 土休日に設定されていた池袋発着の秩父鉄道線直通列車は、
  運転区間を飯能発着に変更。
  2ドアセミクロスシート車両・4000系の池袋〜飯能間の運用取り止め。


<東京モノレール>
・ 羽田空港第2ターミナルでの国際線取り扱い開始に伴う各旅客ターミナルの名称変更に対応し、
  旅客ターミナル接続各駅の駅名を変更。
      (変更前)          (変更後)
  「羽田空港国際線ビル」駅 → 「羽田空港第3ターミナル」駅
  「羽田空港第1ビル」駅  → 「羽田空港第1ターミナル」駅
  「羽田空港第2ビル」駅  → 「羽田空港第2ターミナル」駅


<京浜急行電鉄>
・ 羽田空港第2ターミナルでの国際線取り扱い開始に伴う各旅客ターミナルの名称変更に対応し、
  旅客ターミナル接続各駅の駅名を変更。
       (変更前)             (変更後)
  「羽田空港国際線ターミナル」駅 → 「羽田空港第3ターミナル」駅
  「羽田空港国内線ターミナル」駅 → 「羽田空港第1・第2ターミナル」駅

・ 以下の駅もそれぞれ駅名変更。
   (変更前)        (変更後)
  「産業道路」駅  →  「大師橋」駅
  「花月園前」駅  →  「花月総持寺」駅
  「仲木戸」駅   →  「京急東神奈川」駅
  「新逗子」駅   →  「逗子・葉山」駅


<近畿日本鉄道>
・ 新型名阪特急「ひのとり」(80000系)の運転を開始。
  2020年度中に6両編成11本を投入予定。

・ 1963年から運行されていた宇治山田〜大阪上本町間の行商専用列車
  「鮮魚列車」を廃止。
  今後は早朝の松阪〜大阪上本町間の旅客列車の最後尾に
  後継車両の「伊勢志摩お魚図鑑」1両が連結される。


<阪神電鉄>
・ 土休日に阪神本線快速急行の8両運転を開始。



さほど大きな改正では無いと言いつつも
書き出してみると結構なボリュームになってしまいましたね(汗)。

私としても、仕事の多忙期も越えたところで
うららかな春の風に誘われて、あちこち鉄道旅行へ行きたいところなんですが
・・・全く、コロナめが(泣)。
posted by 松風あおば at 23:51 | 日記