2020年04月07日

緊急事態宣言

国内の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ついに今日
「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく
「緊急事態宣言」が発令されました。
対象地域は、東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県、
4月8日午前0時から効力を発生させ、期間は5月6日までの1か月間とのことで
いよいよ緊迫度が増してきたな〜という感じですね。

コロナウイルス対策としての
「緊急事態宣言」とか「非常事態宣言」といったものは
諸外国でもすでに実施されており、
各国で都市封鎖や外出禁止令などの措置が取られているようですけど、
今回の日本の「緊急事態宣言」によって
具体的に可能となる措置とは実際どういうものなのか? 
中身を見てみると・・・

  対象地域の都道府県知事が、期間や区域を定めた上で、
  ・ 住民に仕事や通院、食料品の買い出しなどを除く外出の自粛を要請できる
  ・ 学校、百貨店、映画館などの使用、イベント開催の制限・停止を要請・指示できる。
  ・ 医療施設開設のため土地・建物などを権利者の同意なしで使用できる。
  ・ 医薬品・食品の製造・販売業者らに対する物資の収用・保管命令が可能になる。
  ・ 電気、ガス、水道事業者には安定的な供給、
    鉄道など運送事業者には旅客・貨物の運送を適切に実施するため、
    必要な措置を講じるよう求めることができる。

といったものだそうです。

これを見ると、一部に強権発動的な要素も見えるものの
大半は、これまで各自治体の首長が独自に行っていた
外出や移動、集会やイベント自粛の要請等に法的な根拠を与えるだけのもので、
これといった強制力はなく、諸外国で行われているような
都市封鎖や外出禁止令などが実施できるわけではないんですね。
外出やイベントの自粛もあくまで「要請」で、
電車など公共交通機関を強制的に直接止めることなども出来ないようで、
今回の「緊急事態宣言」は、
あくまで国民全体の危機意識を高めることに主眼をおいた
強めの「お願い」宣言といったところでしょうか。

日本経済への影響を懸念するあまり
政府のコロナ対策が遅い、甘いという批判も連日のようにありますが、
そもそも日本は過去の歴史へのトラウマもあってか、
非常事態を理由に一時的にも私権を制限し、公権力を強化することには
今なお強い抵抗感があるようで、
なかなか諸外国のような思い切った施策に踏み込めない
というのもあるのかもしれません。

となると、求められるのはやはり
国民一人一人の自覚・・・ということになりそうですね。
自粛による各業種への深刻な経済的影響も懸念されるところですが
私たち一人一人としては、まずは

 ・ コロナを広めないことを念頭に置いて(特に3密の)行動を控える。
 ・ 落ち着いた消費者行動を心掛ける(極端な買いだめとかはしない)。
 ・ 衛生マナーを守り、手洗いを忘れず、免疫力を下げないよう健康管理に気を付ける。

といったことに留意しながら
社会全体でコロナウイルス流行の収束を目指す意識を共有し
自分たちの行動次第でこの先の明暗が分かれると思うくらいの覚悟を持つことが
必要なのかもしれません。



コロナに脅える日々はこの先もしばらく続きそうですが、
いろいろ我慢してるのは自分だけじゃない、世の中みんなの忍耐が試されている時・・・
と、自分自身に言い聞かせ、
ここは私も引き続き不要不急の外出は控え、
休日は家でおとなしく原稿でも描いていたいと思います(苦笑)。
posted by 松風あおば at 21:56 | 日記