2020年08月12日

列車の窓開け

8月も半ばに入りましたが、暑い日が続いていますね。

酷暑の中マスクをつけて外出しなければならないのが
今年の夏のツラいところですが
強烈な真夏の日差しが降り注ぐ中、汗まみれで駅まで辿り着き
冷房の効いた電車に乗り込むとホッとするものがあります。

・・・が、
今年の夏の電車の車内はいつもと何かが違います。
何が違うのかというと・・・

IMG_0578.JPG IMG_0594.JPG

そう、
冷房が入っているにも関わらず、窓が開いているんですね。
普通なら夏場は冷房の冷気を保つために窓は閉めきっているはずなんですが
今年は真夏の酷暑の中であっても
各車両数か所の窓が10pくらい開いているんです。


その理由は・・・
もはや言うまでもありませんが、コロナウイルス対策です。
集団感染防止のために避けるべきとされる
いわゆる3密のうちの「密閉」を回避するため、
現在は多くの列車があえて各車両の窓を少し開けて走行しているんですね。


車内の何か所かの窓を10p程度開けたところで
車内全体の換気など出来るものなのか?
・・・ともつい思ってしまいますが
鉄道総合技術研究所が発表した
「窓開け等による車内換気効果に関する数値シミュレーション」によると、
標準的な通勤型車両(速度約70km/h)において
窓を10cm程度開けて走行した場合、車両の混雑度にもよるものの
車内の空気は概ね5〜6分程度で入れ換わるそうで
また、窓開けに加えて
車内の空調装置を併用した場合や駅でのドア開放時においては、
換気がさらに促進するんだそうです。

新幹線や特急用車両など
車内の気密性の高い(ドアが少なく窓の開かない)車両は
空調装置に加え排気扇も併用して
車内の空気を排気しながら外気を取り込む換気システムが
もともと採用されており
また最近の車両は車内の温度や湿度を自動的に感知して冷房が作動し
適温への調節がなされるようになっているので
窓の開け閉めにより車内温度が大きく変化することも無いようなんですが、
それでも夏の電車の車内にいて、外から入ってくる風を感じると
どことなく新鮮な感覚も覚えますね。

IMG_0583.JPG

ただ、
車内環境は混雑状況や天候などによっても刻々と変わるもの・・・
体感的な冷房の効き具合や雨の吹きこみなどがないか等は
やはり乗務員が直接チェックしなければならないようで
そのためか、最近は車掌さんが車内を見回っているのも
頻繁に見るようになりました。
今年の夏はコロナの影響により各鉄道会社とも
乗客減による業績悪化が顕著ですが、
そのコロナ対策のために鉄道マンのみなさんの仕事は逆に多そうで、
なんとも頭が下がりますね(汗)。

IMG_0587.JPG IMG_0586.JPG
posted by 松風あおば at 23:16 | 日記

2020年08月09日

妄想・・・2020夏コミ

big sight.jpg

「もし〜」「〜たら」「〜れば」の仮定の話など
ナンセンスなのはわかっているんですが・・・

もし、今年東京オリンピックの予定が入っていなかったら

もし、今年コロナウイルスが蔓延していなかったら

ちょうど今頃が夏のコミックマーケットの期間中で、
今日(8月9日(日))あたりが
うち(虹の卵)の参加日だったんだろうな

・・・と、ふと頭によぎった今日の午後でした。

catalog98_1.JPG catalog98_2.jpg

前回の冬コミが終了し、この2020年がスタートした頃は
まさかコミケもオリンピックも無い夏を迎えることになるとは
夢にも思いませんでしたが・・・
夏コミの無い夏は
実にゆっくり、まったりとした時間が流れています(笑)。
posted by 松風あおば at 23:56 | 日記

2020年08月08日

白くま(しろくま 白熊)

IMG_0774.JPG IMG_0819.JPG

みなさんは「白くま」ってご存知でしょうか?
ここで言う「白くま」とは、北極圏に棲息する本物の白い熊でもなければ
日立のエアコンでもありません(笑)。


今回話題にする「白くま」は、氷菓(かき氷)の一種。
九州は鹿児島の名物で
「練乳をかけたかき氷の上に缶詰の果物などを盛り付けて
さらにあずき餡を載せたもの」を
「白くま」と呼んでいるんですが
今はカップ詰めされた工場製品が全国規模で市販されているので
実際食べたことがあるという人は結構多いんじゃないでしょうか?


かき氷に練乳をかけて食べるというのは
わりと普通に思いつきそうな発想のようにも思いますけど、
この「白くま」・・・鹿児島ではかき氷の代表として昭和前期から親しまれ
今も鹿児島市内の多くの喫茶店や飲食店で提供されているそうで、
伝統的ご当地スイーツとしてすっかり根付いているんですね。

「白くま」の起源や名前の由来については諸説あり、
詳細は不明なんだそうですが、ウィキペディアによると・・・

(1)1932年か1933年ごろ
  鹿児島市西田本通りの綿屋が夏の副業として販売していたかき氷の
  新商品として作った練乳をかけたかき氷の名称に
  練乳の缶に貼られていたラベルに描かれていたシロクマを借用した

という説と

(2)1947年に、鹿児島市の喫茶店「むじゃき」の創始者が
  ミルクのシロップをかけたかき氷を考案し、豪贅に見えるように
  みつ豆の材料の三色寒天、サイコロ状に切り落とした羊羹、あずき豆、
  缶詰のフルーツ、干しブドウなどを色鮮やか盛り付けて好評を得たが
  これの干しぶどうが目に見えて白熊に似ていることから「白くま」と命名した

という説の2つの説が主に伝わっているとのこと。

近年、観光ガイド本やインターネット、TV番組などでも話題になり、
また、工場製品が全国規模で市販されるようになったことで
「白くま」の知名度は格段にアップしたそうなんですが
今では日本の代表的な氷菓の一つとして、鹿児島のみならず
全国的に多くの人に愛される夏のスイーツになりつつあるようです。



そんな「白くま」・・・
今回あえて話題として挙げたのは
実は私・松風が最近これにちょっとハマっていたりするからなんですね(笑)。
私が賞味しているのはもちろん
飲食店のメニューとして提供されているものではなく
巷のスーパーやコンビニのアイス売り場にて市販されているカップ製品。
市販品の「白くま」の製造元も、
セイカ食品、丸永製菓、セリア・ロイル、センタンアイスクリームなど
いくつかのメーカーがあるそうなんですが、
私が住む横浜北部地域のスーパーの店頭で一番よく見かけるのは
丸永製菓さんの「白くまシリーズ」(「しろくま」「白熊」「白くま」)なので
私にとっての「白くま」といえば、この丸永製菓さんの製品となります。


梅雨が明けた途端、
連日のように猛暑の続く今日この頃ですが
そんな中でこそ旨い「白くま」ですので
今回はいつも私が食べているその「白くま」をみなさんにも見せびらかし
もとい、ご紹介したいと思います。

なお、さっきから「白くま」とか「しろくま」とか「白熊」とか
いろいろ書いていますが、表記ブレとかではありません。
(とりあえず総称するときは「白くま」の表記を使っていますが)
丸永製菓さんの「白くまシリーズ」には実はいろいろなタイプがあるんですね(↓)。


IMG_0779.JPG IMG_0781.JPG IMG_0782.JPG
(↑)これがスーパーなどで最もよく見かけるタイプの「しろくま」。
  一番オーソドックスで馴染みの商品なんですが
  1個あたりの容量が245mlと大きめで、かなりボリュームがあります。
  トッピングはパイナップル、さくらんぼ、みかん、キウイゼリーソース、
  小豆甘納豆と彩り鮮やかで見ているだけで楽しくなりますが
  練乳もたっぷりかかっていて、フルーツの酸味と練乳の甘さとの
  相性が抜群なんですね。ロングセラー商品なのも頷ける逸品です。

IMG_0785.JPG IMG_0788.JPG IMG_0793.JPG
(↑)こちらは「しろくまストロベリー」。その名の通り「苺」のしろくまです。
  サイズ(量)は普通の「しろくま」と同じなんですが、
  一面たっぷりの苺(冷凍の刻んだ苺)がトッピングされています。
  こちらも練乳のかかったかき氷がベースなんですが、
  さらに容器の底の方に苺ソースも入っていて
  練乳氷と苺果肉・苺ソースのハーモニーが絶妙です。

IMG_0795.JPG IMG_0797.JPG IMG_0798.JPG
(↑)こちらは小さめサイズの「白熊」。
  レギュラーサイズの「しろくま」だと量が多すぎるという人向けなのか(?)
  1個あたりの容量が135mlと少な目になっています。
  味の方は上記の「しろくま」とほぼ同じなんですが
  トッピングのさくらんぼとパイナップル、キウイゼリーソースが無く
  代わりにチェリーソースとパイン果肉入りソースが載っています。

IMG_0802.JPG IMG_0804.JPG IMG_0809.JPG
(↑)こちらは「白くまデザート」シリーズの「白くまデザート 練乳」。
  練乳氷がベースなのは上記の「しろくま」「白熊」と同じですが
  黄桃と苺、小豆甘納豆、そしてバニラアイスがトッピングされていて、
  かき氷とアイスクリームの両方の味と食感を楽しめるタイプとなっています
  (容量は175ml)。

IMG_0810.JPG IMG_0813.JPG IMG_0815.JPG
(↑)同じく「白くまデザート」シリーズの「白くまデザート いちご」。
  苺の果汁と練乳のかかった氷に、こちらも黄桃と苺、小豆甘納豆、
  バニラアイスがトッピングされていて、見た目の彩りが鮮やかな上に
  一度にいろいろな味を楽しむことができます。

丸永製菓さんの「白くまシリーズ」には他にも
バータイプのものやパフェタイプのものがあったりしますが
やはり私としてのお奨めは、これら昔ながらの練乳氷をべースにした
かき氷カップ商品なんですよね。

そんなこんなで
このちょっと粗目のかき氷と甘い練乳との
絶妙なコラボが味わえる「白くまシリーズ」が
最近の私の真夏の楽しみの一つになっている、という次第なんですが
コロナと猛暑でなかなか遠出して美味しいものを食べに行くのも
やりにくい今のような時期は
こうしたささやかな楽しみがより一層楽しくなりますね。


IMG_0820.JPG

ちなみに・・・
今回写真に撮った「白くまシリーズ」商品は
もちろん全ていっぺんに食べたわけではありません。
「しろくま」1個以外は撮影後、
再びすぐにフタをして冷凍庫に戻しております、ハイ(汗)。
posted by 松風あおば at 18:41 | 日記

2020年08月05日

COMITIA133 中止

新型コロナウイルス感染者が再び増加傾向にある中、
一定規模以上のイベントは今なお開催困難な状況にあり
各同人誌即売会イベントがその対応に苦慮しているという話は
この日記でも何度か話題にしてきたところですが、
来月9月21日(月・祝)に青海展示棟にて開催予定だった
コミティア(COMITIA133)も昨日
開催中止となることが発表されました(↓)。

comitia133_1.JPG

comitia133_2.JPG
https://www.comitia.co.jp/html/133announce.html

当初4500サークル募集予定だったのを、3000サークル募集まで縮小し
最終的にはおよそ2300サークルの申し込みがあったというCOMITIA133。
しかし、コロナ対策での屋内イベントの入場者数の制限を定めた
「5000人以下、かつ収容定員の50%以下」という規制のうち
「5000人以下」という条件が8月1日より解除される方針だったのが
感染再拡大の現状を受けて先送りされてしまったことで
この規模でのコミティア開催もやはり難しくなってしまったようで
結局5月の「COMITIA132extra」に続き、今回も中止となってしまいました。
多くの創作作品が発表される機会が失われ
描き手と読み手のリアルな出会いの場が失われてしまうことに
主催者としての無念さが滲み出ている発表ですが
いつもお世話になっている一参加者としても
その想いは同じと言わざるを得ません。

先月から話が出ていた
「コミティア支援のクラウドファンディング」もいよいよ始まるとのことで
こちらとしても微力ながら支援の輪に加わりたいところですが、
創作同人の発表・交流の「場」がこの先も存続できるよう
以前と同じようなコミティアが少しでも早く再開されることを願って
私自身、作品作りの方も頑張っていきたいと思います。


そんな当サークル(虹の卵)の予定ですが・・・
以前9月のコミティアに参加予定ということを言っていたかと思いますが、
実は、私・松風の家の事情により今回の9月コミティア(COMITIA133)は
申し込んでいませんでした(告知していなくて申し訳ありません(汗))。
次の11月23日(月・祝)予定の「COMITIA134」への参加につきましては
(こちらも開催されるか正直微妙なところながら)現在検討中ですので、
参加することになりましたら、また改めてこちらで告知したいと思います。




ちなみに、先日の日曜日(8月2日)は
池袋のサンシャイン文化会館で「サンシャインクリエイション」が、
青海展示棟で赤ブーブー通信社の「TOKYO FES Mar.2020」(3月イベントの延期の延期)が
それぞれ開催されていたそうですが、
「サンクリ」の方は多くのサークルが出席し会場内はかなり混雑していた一方、
「TOKYO FES」の方は多くのサークルが欠席し会場内はスカスカだったとのこと。

会場の様子が両極端に分かれてしまったことに
ネット上では驚きの声も上がっていたようでしたが
人が多すぎれば3密状態でのコロナの感染リスクが懸念され、
人が少なすぎればイベント自体の閑散ぶりが嘆かれ・・・
イベント主催者としてはどちらに転んでも頭を抱えたくなるこの状況は
イベント界の悲しい現実・・・といったところでしょうか(汗)。
posted by 松風あおば at 22:23 | 日記

2020年08月04日

スタージェンムーン

sturgeonmoon1.jpg

今宵は満月。
8月は4日(火)の午前1時頃に満月のピークを迎えるとのことで
その時刻に久々に晴れ渡った夜空を見上げてみると・・・

sturgeonmoon3.JPG sturgeonmoon2.jpg
(↑)隣家の屋根のすぐ上に、煌々と満月が輝いていました。


アメリカの先住民は
各月の満月にそれぞれ名前を付けていたそうで
8月の満月は「Sturgeon Moon(スタージェンムーン)」と呼んでいたそうです。

「sturgeon(スタージェン)」とは「チョウザメ」のこと。
アメリカ先住民の間では、8月のこの時期がチョウザメ(スタージェン)漁のシーズンで
チョウザメはこの季節を象徴するものでもあったようです。

fullmoon_native american.JPG
(↑)アメリカ先住民の月ごとの満月の呼び名一覧
  (「ウェザーニュース」さんの記事より拝借)。
  季節を代表する動物や植物、イベントなどの名称が付けられているようです。


日本人の感覚では
「8月=チョウザメ」とイメージする人はまずいないと思いますけど、
満月の呼び名にも地域や民族の特性が出ているというのはなかなか面白いですね。

sturgeonmoon4.jpg
(↑)この月は「チョウザメ月」なんですね。
  ・・・なんだかキャビアが食べたくなってきました(笑)。
posted by 松風あおば at 01:23 | 日記

2020年08月01日

梅雨明け

IMG_0734.JPG IMG_0733.JPG

8月に入りましたね。
例年なら今頃は夏コミに向けての準備に大わらわの頃なんですが
今年はコミケも無ければ、他のイベントや旅行などの予定も全く無く
コロナに怯えストレスを溜めつつも
家ではひとまず健康に(?)夏の日々を送っております。

この1か月雨ばかりだった関東地方も
今朝は久々に青空が広がり太陽の強い光が差し込んで
今日は今年初めての真夏らしい日に・・・なるかと思いきや
すぐにまた曇りだして雨が降り出したりもしてたんですが(汗)
明日以降はいよいよ本格的に晴れるそうで
気象庁からは関東甲信地方と東海地方の梅雨明けが発表されました。
関東甲信地方は今年は6月11日に梅雨入りしていたので
実に1か月半以上にわたる長梅雨だったんですね。
8月に梅雨明けとなるのは関東甲信地方では2007年以来13年ぶり、
過去4番目に遅い記録なんだそうで
梅雨期間中の降水量も今年は平年の2倍近くに達したんだとか(汗)。

雨ばかりだったせいか
この夏はセミの声をあまり聞かないな、とか思ってたんですけど
この梅雨明けを待っていたかのように
今日のうちの庭はセミの鳴き声が凄いです。

IMG_0720.JPG IMG_0719.JPG
(↑)アブラゼミです。ミンミンゼミも鳴いていましたが
  セミの声が響き渡ると、ようやく夏らしい夏が来たな〜
  という実感が込み上げてきますね。

IMG_0724.JPG IMG_0727.JPG
(↑)よく見ると庭のあちこちにセミの抜け殻が・・・。
  今年もちゃんとうちの庭で羽化してたんですね。
  セミが成虫として生きる期間は1〜2週間程度と長らく言われていましたが
  最近の研究では、どの種類のセミも(鳥などに捕食されなければ)
  1か月程度生存することが確認されています。

IMG_0740.JPG IMG_0744.JPG
(↑)うちのチビタも雨上がりの庭をのんびり散歩していました。
  チビタの写真を撮ろうとしても、なかなかいい構図に止まってくれません。

IMG_0741.JPG
(↑)・・・おわっっ(汗)


写真を撮りつつチビタの散歩に付き合っていたら、やぶ蚊に刺されまくりでした(痒)。
今の時期の庭の散策にはやっぱり虫よけスプレーが必須です。
posted by 松風あおば at 21:56 | 日記