2018年03月24日

5月コミティア(COMITIA124)お休みします。

IMG_8959.JPG IMG_8961.JPG

寒い冬が過ぎ、桜の便りも聞こえ始め、やっと春めいてきたな〜
と思っていたら、突然雪が舞ってきたりと
気まぐれな春の天気にまだまだ振り回されている今日この頃ですが、
みなさんはお元気でお過ごしでしょうか?

この時期は毎年のごとく仕事の多忙期なんですが
今年は例年以上にいろいろあってゴタゴタしてしまい、
この一ヶ月は私の頭の中も珍しく(?)仕事関連で一杯で、
この日記もまたも長らくごぶさたしてしまっていました。

・・・ということで、やっと一段落ついたところで
この日記もいよいよ元気に再開〜
と行きたいところだったんですが、その前に・・・
今回はまずみなさんにお詫び申し上げなければならないことがあります。

comitia124.jpg

当サークル「虹の卵」の次回参加イベントとして予告していた
今度の5月のGWのコミティア(COMITIA124)なんですが・・・
実は参加出来なくなってしまいました(泣)。
それも、日程的に何か都合悪くなったとかそういう事情ではなくて、
単なる私・松風の「参加申込み忘れ」・・・(恥)、
いや、正確にいうと忘れていたつもりはなかったんですが、
参加申込み(オンライン申込み)期日が実際は「3月6日〆切」だったところを
私の方がチェックした公式HPの参加要項を読み間違えていたのか、
なぜか「3月8日〆切」と誤認識していて、その後も再確認することもなく
その「前日」(7日)に申込みをしようとしたらすでに申込みが〆切られていた・・・
という、とんでもなく間抜けな話だったりします。

全くもってどうしようもない事情で、サークル活動予定が変わってしまい、
いつもお越しいただいているみなさまには本当に申し訳ありません(汗)。
今後のスケジュールにつきましては、改めて見直そうというところなんですが
少なくとも次の夏コミでは(抽選に落ちなければ)
今回の5月刊行予定だった本(『にこ巫女ヒミコ』)も合わせて
新刊として出せるかと思いますので、何卒ご容赦ください。


それにしても、このところ5月GWのコミティアは、
うち(虹の卵)にとってちょっとした鬼門になっている・・・といいますか、
3月までが仕事の多忙期というのも関係あるかどうかはわかりませんが(?)
ここ数年は、春先の病気や体調不良などもあって
参加予定だったにもかかわらず、参加を見合わせざるを得なくなる
というケースが多いんですよね。
コミケに比べると申込期限などに対しての緊張感もどこか薄いのか、
申込み〆切直前ギリギリに気づいて慌てて申し込んだというケースは
以前もあったんですが、今回は思いっきりスルーしてしまって・・・(汗)
いや、いずれも自分の体調管理や余裕を持った準備(申込み)さえちゃんと出来ていれば
起こりえない話なので、どれも何の言い訳にもならないところなんですが、
今後のやり方を見直す意味でも、私自身今回の失態は大きな反省材料にしたいと思っています。


というわけで、イベント参加スケジュールは変わってしまいましたが、
年度末を迎え、仕事の多忙期もほぼ過ぎたということで
これからは再び原稿描きやこの日記の更新の方も頑張りたいと思います。
これからもサークル「虹の卵」及び当「虹の卵のホームページ」を何卒よろしくお願いします。



さて、
イベント申込みは忘れたものの、とりあえず今年も多忙期を乗り越えてホッと一息・・・
ということで、今は久々にNゲージ(鉄道模型)とかで遊んでいたりします。
これは年明けに購入していたKATO(関水金属)のキハ30 首都圏色(↓)。

IMG_8979.JPG IMG_8964.JPG 

国鉄時代に都市近郊の非電化通勤路線向けの車両として活躍した気動車キハ30。
実車はJR線上から姿を消してすでに久しい車両
(今は第三セクターの水島臨海鉄道に1両が在籍するのみ)ですが、
KATOがこれをNゲージ製品化したのはここ最近なんですよね。
ディテールまで精巧な出来で、見ていてほれぼれします(笑)。

IMG_8965.JPG IMG_8981.JPG

ただ、このキハ30をNゲージ化したのはKATOが最初ではありません。
KATOより10年以上前に静岡のプラモデルメーカーのハセガワ
(Nゲージブランド名は「MODEMO」)がすでにNゲージ化しています。
鉄道模型ブランドとしては歴史の浅いMODEMO黎明期の製品なので、
鉄道模型の名門ブランドKATOが同型式を製品化してしまったことで
一気に見劣りしてしまったか?・・・と思いましたが、

IMG_8974.JPG IMG_8972.JPG

並べてみると、MODEMO車(写真はクリーム地に青ラインの相模線色)も決して負けてはいません。
動力車の走りがドンくさいのと、メンテナンスがしにくい構造であることを除けば
MODEMOのキハ30も本当によく出来ていて、一緒に走らせても楽しいものがあります。
違うメーカーの同じ型式の車両を比べてみる楽しみ・・・これも鉄道模型趣味の醍醐味かもしれません。
今度これも『てつもえ』のネタにしてみるかな??(笑)。
posted by 松風あおば at 00:21| 告知