2018年05月14日

2018ゴールデンウィーク満喫

IMG_9565.JPG IMG_9597.JPG

IMG_9618.JPG IMG_9674.JPG

今回は前回の北鎌倉のお話の続き・建長寺・・・の予定でしたが、すみません(汗)。
今年もゴールデンウィークが過ぎたばかりということで、
先に先日のGW中の出来事を振り返ってみたいとと思います。


毎年GWといえば、当サークル(虹の卵)は
一次創作イベント・コミティアへのサークル参加が恒例・・・だったはずなんですが
今年はとんだ凡ミスで参加申込をスルーしてしまい、
(皮肉にも)かなりゆったりとしたGWを過ごすことになってしまいました。
そのコミティアが開催されていたGW終盤は好天にも恵まれ、
絶好のお出かけ日和となったため、そのコミティアへの一般参加も含め
いろいろ楽しいことがあったんですが、
そのへんについて、ここでざっと振り返ってみたいと思います。

COMITIA124(5月5日)

本当ならサークル参加するはずだった5月コミティア・・・ですが、
今回もまったり昼頃から一般参加してきた私です。
一般参加とサークル参加では緊張度が全然違うもので、
迂闊にも午前中のんびりし過ぎてしまって(汗)家を出るのが遅れてしまい
国際展示場の駅に着いたのは正午過ぎ・12時半近くでした。

IMG_9564.JPG IMG_9568.JPG
(↑)GW中盤まで悪天候に見舞われていたのが嘘のような快晴の
  子どもの日の東京。歩いていると汗ばんでくる陽気でした。
  旗日らしく、ビッグサイトの前のやぐら橋にも日の丸がはためいています。

IMG_9569.JPG IMG_9571.JPG
(↑)コミティア会場はビッグサイト東4・5・6ホール。
  春コミティアの3ホール使用はもはや恒例ですが、
  今回の参加サークル数は過去最高の5674サークルとのこと。
  いやはやデカくなったものです。
  ちなみにお向かい東2ホールは「ドールズパーティ(通称・ドルパ)」。
  いかにもGWらしい(?)陣容の東ホールです。

IMG_9572.JPG
(↑)遅れてきたのはやっぱり迂闊でした・・・(汗)。
  『ティアズマガジン』は少し前に売り切れたとのことで
  この時点ではすでに入場フリーでした。
  ショックで写真がブレてしまっていてすみません。

IMG_9574.JPG
(↑)会場内はえらい混雑ぶり・・・おおよそ行く予定のサークルさんは
  スペースc`ェック済みだったので、ティアマガが無くても辿りつけましたが、
  通路を進むだけで一苦労でした。
  この調子だと、来年あたり5月コミティアは抽選になるかも・・・とか
  思ったりするのは杞憂でしょうか(汗)。
  
IMG_9582.JPG IMG_9583.JPG
(↑)今回もおなじみのサークルさんのブースを巡った後は
  見本誌コーナー、出張編集部(といっても原稿見てもらうわけでなく
  各誌ブース前の見本単行本を立ち読みするのが目当て)と回ります。
  私の最近のコミティアの楽しみ方の一つです。
  (写真は各誌出張編集部の見本単行本の展示コーナーの様子です。)

IMG_9613.JPG IMG_9608.JPG IMG_9595.JPG
(↑)そして今回のコミティア目玉の企画展は・・・ズバリ「百合展」です。
  「百合」とは、女性同士の恋愛・友愛を題材とした・・・なんて
  今さら説明しなくとも、もはやメジャージャンルですよね(笑)。
  でも「百合」というテーマから連想されるイメージ、作られる作品は実にさまざま。
  そんな百合作品を一堂に紹介した企画展はなかなか見ごたえありました。

IMG_9587.JPG IMG_9589.JPG
(↑)今回は「撮影OK」とのことでしたので、いろいろ撮らせていただきました。
  知っている作品もあれば、初めて知った作品もあります・・・って当然ですが。

IMG_9607.JPG IMG_9593.JPG
(↑)原稿サイズで見られるのは、下手の横好きながら自分も描いてる身としては
  いろいろ勉強になってうれしいところです。
  女の子たちを取り巻く澄みきった空気までもが描かれている・・・
  そんな原稿の数々を眺めながらため息をついていました。

IMG_9586.JPG IMG_9611.JPG

IMG_9602.JPG IMG_9604.JPG
(↑)作家さんたちの直筆のカードやスケブもたくさん展示されていました。
  これまで特に百合ジャンルに思い入れはなかった私ですが、
  作家さんたちの描く百合キャラたちを見ていると
  自分も描きたくなってきてしまいます(半ば冗談です(苦笑))。  

IMG_9605.JPG IMG_9594.JPG
(↑)『やがて君になる』、『あさがおと加瀬さん』
  いずれもアニメ化されるんですね。これは観なくては・・・。


そんなこんなで、サークル参加こそできなかったものの
一般参加で大いに楽しませてもらった今年の5月コミティア・・・
いろいろ創作魂を刺激されたところで、次は夏コミに向けて自分の作品も頑張ろうと思います。


太陽のトマト麺

いきなり何の話だ?・・・と思われるかもしれませんが、
これはコミティア終了後、豊洲にて仲間内で食べたラーメンのお話です。

「トマトのラーメン」と聞いてピンと来る方は相当なラーメン通・・・と言いたいところなんですが、
その名も「太陽のトマト麺」というお店の結構有名なラーメンですので
ご存知の方も多いかもしれません。

実はこのお店のトマトラーメン、
今年1〜3月期にTVアニメ化された『ラーメン大好き小泉さん』にも
登場していたんですよね(アニメ5話、原作4巻(二十八杯目))。
この回は小泉さん大好き・悠ちゃんのストーカーっぷりが、かわいくもキモい話だったんで
登場したラーメン自体の印象はやや薄かったんですが、
今回はその「太陽のトマト麺」豊洲店にてついにそれを実食する機会に恵まれたというわけです。

奇しくも、その「太陽のトマト麺」さんでは
「太陽のトマト麺」×「ラーメン大好き小泉さん」〜オリジナルポストカードが貰える
魅惑のコラボキャンペーン〜を開催中・・・というナイスタイミング。
「炙りチーズの超ボンゴレ」を食べて、豪華賞品を当てよう!! (↓)ということで
迷わずこれを注文しました。

IMG_9620.JPG

しかし「トマト」に「チーズ」「ボンゴレ」??
・・・いずれもイタリアンではおなじみながら
ラーメンとはなかなか結び付きそうにないもので、正直味の想像がつきません。
一体どんな味のラーメンなのか? あれこれ考えているうちに実物が出てきましたので
とりあえず食べてみることに・・・。

IMG_9616.JPG
(↑)まずは、コラボ特典の小泉さんカード。いや〜これは素直にうれしいです(笑)。

IMG_9619.JPG
(↑)そして、噂のトマト麺・「炙りチーズの超ボンゴレ」。
  真っ赤なトマトスープに、軽く炙った焦げ目のある白いトロリとしたチーズ、
  そしてアサリがたくさん載っていて、なかなか見た目は華やかですが・・・
  そもそもこれは本当にラーメンなんでしょうか?

・・・と、恐る恐るスープと麺をすすってみると
うん、確かにラーメンです(笑)。
トマトスパゲッティに近いラーメン、とか言うとざっくりしすぎですが
麺は確かに細麺のラーメンでして、それがトマトのスープ、
そしてトッピングの炙りチーズ、さらにアサリによくなじんでいて、とても美味!?
単に奇をてらった変わり種メニューというわけでもなく
今までなぜポピュラーなラーメンとしてこれが存在していなかったのか?
と思えるほど自然な美味しさなんですよね。
そういえばトマトには旨み成分のグルタミン酸が豊富に含まれていて
トマト出汁は日本料理の出汁にも共通するものがあるとかって話を
どこかで聞いた気もしますが、それはもしかしてこういうことなのか・・・??
と感じさせてくれるものでもありました。
この一杯にはトマト3個分のリコピンが含まれているそうで、
とってもヘルシーなラーメンとして、若い女性にも大変人気なんだそうですが
いや、これは・・・作中で味わいながら幸せそうな顔をしている
小泉さんの気持ちがよくわかる一杯でしたね(笑)。

そういえば、この回の小泉さんはこのトマト麺の麺をすすった後
残ったスープに〆のご飯を入れてリゾット風にして食べたりもしてたっけ・・・
私も今度来た時はやってみたいと思います。


絵師100人展 08

日本を代表するイラストレーター(絵師)100人の
描き下ろし作品を展示するイベントとして
2011年より毎年GWに秋葉原で開催されている「絵師100人展」。
今年のGWも秋葉原にて「絵師100人展 08」が開催されていまして
私も最終日の5月6日に鑑賞しに行ってきました。

「絵師100人展」の展示作品は、
毎回一つの「テーマ」に基づいて製作されたものが集められているのですが
第8回目となる今回のテーマは・・・「雅(みやび)」。
「「宮廷風」を意味する言葉が語源とされ、
華やかさや艶やかさなどの外見的な「美しさ」を表す一方で、
気品や正しさなど内面的な「質」を備えた様子をも表す
日本文化における重要な美意識の一つで
文化や芸術、祭りなど人間の営みや、雄大な風景などの自然のほか、
一見すると胸騒ぎやほの暗さを感じるものを表現する際にも用いられてきた」
・・・という「雅」という概念。
そんな抽象的なテーマを与えられた絵師のみなさんは、はてさて
どんなイメージを思い浮かべてそれぞれの作品を作り上げたのか?
私自身この「絵師100人展」を見るのは昨年に続き2回目なんですが、
会場に入る前のワクワク感もまた楽しいものがあります。

IMG_9622.JPG IMG_9621.JPG
(↑)「絵師100人展 08」の入口。
  この日が最終日でしたが、思ったほど会場は混雑はしていませんでした。

IMG_9637.JPG IMG_9625.JPG

IMG_9626.JPG IMG_9627.JPG
(↑)「絵師100人展」入口名物?? 出展絵師さんたちのラクガキ。
  もはやこれも作品と言ってもいい(?)
  ハイレヴェル・ハイクオリティなラクガキです(笑)。

IMG_9632.JPG IMG_9634.JPG IMG_9633.JPG
(↑)「絵師100人展」のマスコットキャラ・・・もとい、守り神の「百(はく)ちゃん」です。
  絵師や参加者の集まった想いが形となり生まれた新米のかみさまなんですね。
  「絵師100人展」の素晴らしさを広めるべく今日も絵師を見守り奮闘中なんだとか。

会場内では、その百ちゃんが展示作品の一部をピックアップして解説をしてくれる
有料の「音声ガイド」のサービスがあります。
百ちゃんの中の人は人気声優の佐倉綾音さん。
いつもなら美術館や博物館の展示物を鑑賞する際には
「音声ガイドなどは不要、展示物だけを観よ」というスタンスをとる私もここだけは別です。
600円とられようが、「声豚」と罵られようが(?)
あやねる演じる百ちゃんの音声解説は外せません(苦笑)。

というわけで、この後はレンタルした音声ガイドの機器を手に会場内へと入りますが、
会場内及び展示作品は当然ながら撮影禁止。
実際の作品をここで取り上げて感想を述べることはできませんが、
単なるイラストと言うよりもはや「芸術作品」「アート」の境地に達している
絵師さんたちの渾身の力作の数々には今回もただただ見とれるばかりでした。


「雅」というテーマに関しては、やはり「和」のイメージが大勢を占めており
和服姿の女性、それに日本の花鳥風月を取り入れたものが多かったのは予想通り(?)
というところだったんですが、細かく見ていくとやはりそのイメージも十人十色というところで
その中に見える作家さんそれぞれのイメージのズレというか違いを探るのも楽しかったです。
また逆に、あえて王道なパターンを避けて斬新な自分なりの「雅」を追及したような
いくつかの作品にも共通する雰囲気や取り入れる要素の類似点が見出せるのも面白いところでしたかね。
「花」とか「月」とかというのはいかにも一般的に思い浮かべる「雅」の要素かもしれませんが
「魚」とか「狐」、「風鈴」とか「楽器」「灯り(灯篭とか提灯とか)」といった
そういったものも割と多く見られたのは、
「雅」という漠然とした概念が含んでいる、一般的な意義とは異なる
どこか非日常的でミステリアスなイメージの表れなのかもしれません。

・・・と、イラスト世界を言葉だけで語るのもいろいろ限界があるんですが
とにもかくにも今回もいい作品をたくさん見ることができて
いろいろ思考に耽る貴重な時間を過ごすことができました。
百ちゃんの音声ガイドも・・・やっぱりかわいくて良かったです(笑)。


神宮球場 ヤクルト vs 広島(5月6日)

「絵師100人展」を鑑賞した後は、そのまま総武線(中央線各停)で信濃町へ・・・
実は6日の夕方からは、ヤクルトファンの友人と一緒に
プロ野球は神宮球場の「ヤクルト vs 広島」戦を観戦する約束があったんですね。
横浜DeNAベイスターズファンの私としては
どちらかを熱烈応援するというスタンスではないものの
昨年のセ・リーグ覇者にして今年もなにげに強い広島カープの独走を阻むべく
この日はとりあえずヤクルトスワローズに頑張ってほしいということで
一緒にスワローズを応援すべく球場へ足を運んだ、というわけです。

IMG_9642.JPG IMG_9644.JPG
(↑)というわけで、やってきましたGW最終日の神宮球場。
  試合は18時開始ですが、17時前でもすでに多くのファンが詰めかけています。

IMG_9649.JPG IMG_9650.JPG
(↑)友人が確保してくれた今回の観戦席はライト側外野指定席。
  といっても1塁側内野席に近いエリアで眺望は良好。お値段もお手頃な席でした。

IMG_9661.JPG IMG_9660.JPG
(↑)真っ赤に染まる3塁側〜レフトスタンド。カープファン多いですね(汗)。
  バックネット裏の2階席もカープファンで埋まっていて、
  ここは本当にヤクルトの本拠地か?と思えるほどです。

IMG_9659.JPG IMG_9656.JPG
(↑)ビールを片手に野球観戦。GWの〆としてはなかなかいいものですね。
  つば九郎の中の人も・・・お疲れさまです(笑)。

IMG_9692.JPG IMG_9671.JPG
(↑)そして18時になり試合開始です。ヤクルトの先発投手は石川。
  実はこの日の試合前の時点で、ヤクルトは6連敗中。
  5連敗の後1勝し、その後また6連敗という泥沼状態のヤクルトは
  連敗ストップをベテラン左腕に託します。

IMG_9697.JPG IMG_9696.JPG
(↑)一方広島の先発投手は九里。
  両先発とも3回まではランナーを許しても無得点に抑える無難な立ち上がり。

IMG_9719.JPG IMG_9721.JPG
(↑)試合が動いたのは4回。
  4回表、広島は2番・菊池が2ベースヒットで出塁すると、続く3番・バティスタは・・・

IMG_9723.JPG IMG_9725.JPG
(↑)レフトスタンドへ2ランホームラン! 広島が2点を先制します。

IMG_9733.JPG IMG_9740.JPG
(↑)そしてその裏のヤクルトの攻撃。今度はヤクルトの4番・バレンティンが
  同じくカープファンで埋まるレフトスタンドへソロホームラン。
  すかさず1点差へと詰め寄りました。

IMG_9807.JPG IMG_9809.JPG
(↑)その後は両チーム、お互いランナーを出すも得点は奪えず、
  試合は広島1点リードのまま、いよいよ9回裏のヤクルトの攻撃。
  マウンドには広島の守護神・中崎が立ちはだかります。
  
IMG_9808.JPG IMG_9817.JPG
(↑)西浦、川端はフライに打ち取られ、あっさり2アウト。
  ヤクルト万事休す・・・しかし、ここでバッターボックスに入るは代打・大引。
  カウント1―0からでした。

IMG_9818.JPG IMG_9821.JPG
(↑)大引の当たりは、カープファンで埋まるレフトスタンドに飛び込むホームラン。
  なんと土壇場でヤクルトは2対2の同点に追いついてしまいました。
  ライトスタンドのヤクルトファンは大歓喜。傘の花がライトスタンドを埋め尽くします。

IMG_9836.JPG IMG_9837.JPG
(↑)この試合の見どころは実はここからだった・・・
  と言っても過言ではないかもしれません。
  まさかの延長戦に入った10回表、ヤクルトは4番手投手の石山が
  9回に引き続きマウンドに上がりますが・・・

IMG_9840.JPG IMG_9842.JPG
(↑)1アウトから2番・菊池に2ベースヒットを打たれると、
  4回にホームランを打たれている3番・バティスタには・・・

IMG_9846.JPG IMG_9845.JPG
(↑)センター前にヒットをはじき返され、菊池がホームイン。
  2対3と広島に再び1点のリードを許してしまいます。
  やはり広島には今日も勝てないのか?? ライトスタンドに再びため息がこぼれますが・・・

IMG_9847.JPG IMG_9851.JPG
(↑)中崎に代わってマウンドを託された広島の4番手投手・今村もピリッとしません。
  制球が定まらず3番・坂口、4番・バレンティンと中軸を歩かせてしまうと・・・

IMG_9857.JPG IMG_9858.JPG
(↑)今村に代わってマウンドに立った5番手投手・一岡は2アウトから
  7番・川端にタイムリーヒットを打たれて再び3対3と同点、試合は振り出しに・・・。
  広島もどうしてもあと一歩のところで勝利をつかめません。

IMG_9865.JPG IMG_9867.JPG
(↑)そして3対3のまま迎えた11回裏のヤクルトの攻撃。
  広島は引き続き一岡にマウンドを託しましたが・・・またも2アウトからでした。
  フォアボールのランナーが1塁にいる状態で打席には3番・坂口。
  その坂口が・・・

IMG_9879.JPG IMG_9880.JPG
(↑)フルカウントからライト方向へ、サヨナラ2ベースヒット!!
  なんとヤクルトが土壇場からの踏ん張りで劇的な逆転勝利を収めました。

IMG_9870.JPG IMG_9874.JPG
(↑)いや〜野球は本当に最後までわかりません。
  リードを奪われていて残りアウト1つでも執念の粘りで点をあきらめなかったヤクルト。
  リードを奪ってもあとほんの少しのところで勝利が遠かった広島。
  勝利の女神の気まぐれは時に思わぬ展開をもたらしますね。

IMG_9877.JPG IMG_9871.JPG
(↑)この日のヒーローは、
  9回同点打の大引、10回同点打の川端、11回逆転サヨナラ打の坂口の3選手。
  ヒーロー多きこの試合は、連敗に次ぐ連敗でストレスがたまっていた
  ヤクルトファンには久々の快挙だったに違いありません。
  ベイスターズファンの私としても見ごたえのある劇的な試合を
  目の当たりに出来て大満足でした。
  

・・・という感じに、
コミティア申込み忘れから思わぬ形となった今年のゴールデンウィークだったんですが、
結局のところ、大いに充実して楽しんでいた自分がおりました(笑)。
いろいろ元気を充填させてもらいましたので、この先またいろいろ頑張りたいと思います。

それとGWとは関係ないですが、久々にサイトのTOP絵を更新しました。
同人サークルらしくないサイトですけど、一応創作漫画サークルのサイトですので(苦笑)。
posted by 松風あおば at 01:28| 日記