2020年02月01日

コミケドリンクボトル

IMG_1028.JPG IMG_1031.JPG

コミケ会場でおなじみのコミケドリンク。
毎回コミケ会場の自動販売機などで1本200円で売られている
有名絵師さんによるイラストパッケージのペットボトル飲料
(夏はスポーツドリンク、冬はフレーバー紅茶)で、
私自身毎回のように買っているのは、
ここの日記をご覧のみなさんならご存知かと思いますが、
実は飲み終わった後の空のペットボトルは持ち帰っていまして、
ここ最近5回分は捨てずにとってあったりします(↓)。

IMG_3890.JPG
(↑)左から、
 C93(17年冬)、C94(18年夏)、C95(18年冬)、C96(19年夏)、C97(19年冬)。

IMG_3892.JPG
(↑)同じく。

「コミケドリンク」・・・と勝手に呼んでいますけど
これが正しい呼称なのかどうか?実はわかりません、というか
そもそもこの飲料の企画自体がコミケ公式なのか非公式なのかすらも
ハッキリしないんですよね。
製造元は潟Tーフビバレッジなる会社で
ビッグサイトのサービスコーナーがいつも宣伝をしており
私自身、毎回のようにコミケに参加していながら
これがいつの頃から販売していたのかすらよく覚えておらず、
「いつの間にか自分もなんとなく毎回買うようになってたもの」
という認識しかありません(汗)。
ネットでちょっと調べてみたところでは、
24耐コミケ(2005年)の頃に登場したとかいう話がありますが、
詳細については確認していません。
中身自体は普通のスポーツドリンク、普通の紅茶飲料なんですけど
以前は「コミケウォーター」とか「コミケ汁」なんて呼ばれていたことも
あったように思います。

飲み終えた後の空ペットボトルは、
特にコレクションするつもりは毛頭なかったものの
私自身どこか捨てるに忍びなかったんでしょうか?
飲み終えた後は家に持ち帰り、洗って水を詰め替えつつ
自分の部屋にある小冷蔵庫に保管していたんですが、
気がつけばいつしか5本もたまっていました。
その冷水は水割り用、カルピス用、そのまま飲む用の
飲料水として利用していますが
有名絵師さんたちの描く萌えキャラを愛でつつ飲むのは
なかなか楽しいです(↓)。

CIMG0218.JPG

歴代コミケカタログのコレクターというのは(うちの相方の水瀬とか)いますけど
歴代コミケドリンクのボトルコレクターというのは
まだ聞いたことがないので、
このまま「コミケドリンクボトラー」を目指してみるのもアリか?
なんて一瞬思ったりもしたんですが、これを毎回取っておくとなると
さすがにかさばって保管しにくそうなので、やっぱりある程度たまってきたら
適当なところで少しずつ処分しようと思っています(笑)。



あ〜・・・・・・(汗)、
コミケドリンクのペットボトルを集める人のことを
「コミケドリンクボトラー」
というのは、誤解を招くのでやめた方がいいかもしれません。
今現在、ネット上で「ボトラー」という言葉は
 「トイレに行くのが面倒くさくて、ペットボトルで小用を足す人」
 「ペットボトルに尿をためる人」
という意味で使われることが多いんですよね(汗)。
私自身はもちろんそんな使用の仕方はしていませんので・・・(苦笑)、
ここは
「コミケドリンクボトルコレクター」
に訂正しておきたいと思います、ハイ。

riko_sakurauchi.jpg riko_sakurauchi2.jpg
(↑)以前、『ラブライブ!サンシャイン』の
  某キャラクターを演じている女性声優さんがSNS上で
  「ボトラー卒業します」と言って、とんだ物議を醸したことがあります。
  その意味は
  「ペットボトル飲料は最後まで飲み切って、キチンとすぐに処分する」
  「飲みかけのペットボトルをいつまでもだらだら部屋に置いておかない」
  という決意表明だったそうなんですが・・・、
  「ボトラー」という言葉を使ってしまったがために、彼女がその後しばらく
  とんでもない誤解につきまとわれたことは言うまでもありません(笑)。
posted by 松風あおば at 23:12 | 日記