2020年03月02日

津川洋行 有田鉄道 コッペル1号機

今日は、私・松風所有のNゲージ(鉄道模型)車両を一つ、ご紹介します。

昨年末に購入した
津川洋行の「有田鉄道 コッペル1号機」という小型蒸気機関車です(↓)。

IMG_0253.JPG IMG_0233.JPG
(↑)小さくて実にかわいらしい機関車、コッペル1号機。
  車両は組立済み完成品ですが、カプラー(連結器)はユーザー自身の取り付けとなります
  (今回は付属のアーノルドカプラーではなくKATOカプラーを取り付けてみました)。
  他にもホワイトメタル製ボイラーやエッチングパーツなどが付属しますが、
  自分で塗装したりしなくてはならないので、こちらはかなり上級者向けです。

実車は1912年にドイツのオーレンシュタイン・ウント・コッペル社で製造された
ウェルタンク式8.5t蒸気機関車のうちの1両で、大正期から昭和初期にかけて
和歌山県の有田鉄道(2002年廃止)にて有田みかんや木材の輸送に活躍し、
戦後、東武鉄道に譲渡されたものだそうで、
現在は東京都板橋区の城北交通公園で静態保存されています。

実車自体が非常に小さな機関車ですので
Nゲージも車体長:32mm(カプラー除く)、車体幅:18mm、車体高:22.5mmと
とてもちっちゃなサイズになってしまうんですが、
こんなミニサイズでも動力ユニットがちゃんと組み込まれており
自走できるようになっているんですね。

IMG_0251.JPG IMG_0252.jpg
(↑)キャプ(運転台)を覗き込むとちゃんとモーターが組み込まれているのが分かります。

実際に走らせてみると、想像していた以上に元気よく走り出しました。
車体が軽量すぎるせいか、最初の通電はあまりよくなく
走り出しの反応はイマイチなんですが、一度走り出すと勢いづきます。
カーブに差し掛かるとそのまま線路外に吹っ飛びそうなので
ヒヤヒヤものでもあるんですが、見ていてなかなか楽しい車両です。


単機で走らせているだけでも楽しいんですが、
やはり小さくても機関車ですので、
今度は貨車か客車を牽引している姿も見てみたくなってきました。
ということで、まずBトレの客車(14系)を牽引させてみたのですが・・・

IMG_0261.JPG IMG_0255.JPG
(↑)大きさ的にアンバランスなのが分かるかと思いますが・・・
  実際牽引させて走らせてみると、やはり(文字通り)ちょっと重荷だったか(苦笑)
  走るには走るのですが、ところどころで車輪が空転してしまい、
  なかなかスムーズには走れません。

ということで、車両交代・・・
次はこんな車両(客車)を用意してみました(↓)。

IMG_0276.JPG IMG_0278.JPG
(↑)銚子電鉄ハフ1・ハフ2客車(こちらも津川洋行製)

千葉県の銚子〜外川を結ぶ銚子電鉄にて
1978年(昭和53年)まで走っていた半木製車体の小型客車で
同社の小型機関車(デキ3)に牽引されたり、電車に牽引されたりしながら
旅客列車として補完的に使用されていた車両です。
小型で非常にシンプルな箱型形状ながら、こちらもなんとも愛らしい姿なので
コッペル1号機に牽かせると意外と相性いいんじゃないか(?)と思い
実際に牽かせてみると・・・

IMG_0286.JPG IMG_0284.JPG
(↑)思った通り、いい感じでした(笑)。

模型のハフ車も軽量タイプなので、
これだとコッペル1号機もスムーズに牽引して走行してくれます。
どこかのテーマパークの園内でも走っていそうな
なんともメルヘンな感じの夢列車が出来ました。

和歌山の有田鉄道の蒸気機関車コッペル1号機と
千葉の銚子電鉄の小型客車ハフとのコラボ・・・
実車は走っていた時代も地域も違う車両同士なんですけど、
こういうことができるのが鉄道模型の楽しみでもありますね。
津川洋行さんは、大手のメーカーからはまず販売されないような
こういう小型の機関車や客車などをいろいろ製品化してくれていますので
また面白そうなのがあったら手に入れたいところです。


ちなみに余談ですが、
この津川洋行さんというメーカー・・・
他にも鉄道模型(Nゲージ・HOゲージ)の情景用素材
(ジオラマレイアウト用の樹木、建造物など)を製造・販売しているほか、
動物病院向け医療機器(医療用鉗子やピンセット、小型犬用吸入器、犬用の車椅子など、
動物病院で用いる専門医療機器)も製造・販売しているという
極めて異色な会社でもあります。
posted by 松風あおば at 23:58 | 日記