2020年07月02日

火球? 爆発音?

昨夜、というか
今日(7月2日)の未明(午前2時半頃)でしたか・・・
私自身、夜更かししていて寝床に入って間もない頃だったんですが、
遠くの方から「ドーン」という爆発音のような轟音が聞こえ
少し遅れて地響きのような振動が伝わってくるのを感じて飛び起き、
「近くで雷でも落ちたか?」としばらく唖然としていました。

外を確認するとか、ネットで情報を探すとか
そういうことはせず、またすぐに寝てしまったんですが
あの轟音・・・なんと、うちの近くだけでなく
東京や千葉、埼玉といった南関東全域の多くの人が聞いていたものだったそうで
起きたらTVやネットのニュースにもなっていたので
改めてビックリしてしまいましたね(汗)。

kakyu2020.07.02.JPG

なんでもその直前には、関東上空で西から東へ向かって
非常に明るい流れ星である「火球(かきゅう)」が目撃されていたとのことで
広域で報告されたその轟音は
火球が大気圏に突入する際の爆発による衝撃波だったのではないかとのこと。

kakyu2020.07.02.(2)JPG.JPG

火球や隕石の話は、世界的にも過去にいろいろな報告例がありますが、
記憶に新しいところでは、2013年のロシアで
隕石が落下した際に、かなりの広範囲にわたって
その衝撃波により建物のガラスが割れるなどして
多くの負傷者が出たこととかありましたね。
今回はそういった被害こそなかったとはいえ、
自分がまさか同じような現象を体験するとは思ってもみませんでした。


梅雨の夜空で起こった一瞬の天体ショーがもたらした珍事・・・と
明るい話題としてとらえたいところですが
今はコロナウイルスの感染者数も(今日は東京で107人報告されるなど)
再び増加傾向にあると報じられている真っ最中・・・(汗)。
昔だったらこういった現象も、天変地異や疫病とも関連させて
不吉の予兆としてとらえられていたかもしれませんね。
posted by 松風あおば at 23:40 | 日記