2022年11月24日

スズメバチの巣

今年も秋が深まってきましたね。

IMG_2140.JPG IMG_2153.JPG

うちの庭も秋らしく木々が紅葉してきました。
落ち葉も大分降り積もってきましたが、
落葉樹の木々が葉を落として冬ごもりに入る頃を見計らって
今年は年末に庭木屋さんに入ってもらう予定だったりします。
庭木屋さんに頼むのは主に一部の落葉樹の剪定なんですが、
実は今回はもう一つお願いしていることがあります。

そのお願いしていることというのは・・・こいつ(↓)の除去なんですね。

IMG_2143.JPG IMG_2146.JPG
(↑)キイロスズメバチの巣です。
  下見に来た庭木屋さん曰く、「結構でかいな〜」とのこと(苦笑)。

うちの庭では過去にも何度かスズメバチに巣を作られたことがあったんですが、
今年はキンモクセイの木にでかいのを作られました。。
先月の初め頃まではキイロスズメバチがこの周辺をブンブン飛び回っていまして、
いや〜正直怖かったです(汗)。

22489222_s.jpg
(↑)キイロスズメバチ(フリー素材より拝借)

キイロスズメバチはスズメバチ科に属する蜂で、
その名の通り、黄色の毛に覆われた黄色いスズメバチです。
スズメバチの中では小さめサイズなんだそうですが、
その気性は荒く、オオスズメバチに次いで危険性が高いといわれています。
巣を刺激したりしようものなら興奮した働き蜂たちが大量に飛び出してしてくるので、
恐ろしいことこの上ありません。刺されたら痛いどころか命にも関わります(汗)。
ただ、私も蜂たちがいるときに何度か不用意に近づいてしまったことがあったんですが、
彼らもこちらを警戒してはいるものの、いきなり攻撃してくるようなことはないんですね。
まずは偵察と警告を兼ねて数匹ほどが飛来してきて、カチカチという警告音を発します。
それに気づいたら、騒ぎ立てないようにしてそっと離れるのがベストなんですが、
おかげで今年の夏はあまり庭を不用意に歩き回れませんでした。

晩秋から冬にかけて寒くなってくると蜂たちはいなくなるので、
この時を見計らって巣を撤去するしかありません。
この巣も今は蜂たちが退去した後のようで、蜂の姿は見かけなくなったんですが
やっぱりまだなんか怖いので、今回は庭木屋さんに処理をお願いしたという次第です。
蜂がまだブンブンいる状況だと、さすがに庭木屋さんではなく
専門の蜂の巣駆除のサービスにお願いすることになるかと思うんですが、
最近は都市部でもスズメバチが増えているようで、刺される被害も増加しているんだとか。
野山に出かけた時に遭遇する可能性もありますので、くれぐれも注意したいところですね。

IMG_2148.JPG

さて、話は変わって
サッカーのFIFAワールドカップ・カタール大会が始まりましたが、
昨夜は死の組・グループEの日本代表がいきなり優勝候補ドイツを逆転で破るという
歴史的な勝利を挙げ、日本中が大興奮の夜となってしまいましたね。
私自身は、昨夜は都合が悪く試合自体を観戦できたのが最後の30分だけだったんですが
その30分こそが0対1のビハインドから一気に形勢を逆転させた日本にとって
最も輝かしい時間帯だったわけで、堂安の同点弾、そして浅野の逆転弾を経て
日本が勝利を収める瞬間までをしっかり目に焼き付けることが出来て
正直とてもラッキーでした(笑)。

かつての「ドーハの悲劇」をリアルタイムで観ていた世代としては
同じドーハの地でかの強豪ドイツに勝利するとは、実に感慨深いものがあります。
ただ今回の勝利を「奇跡」とまで言うのも少しばかり違和感があるんですよね。
あの悲劇の頃の日本代表と今の日本代表は、同じ日本代表といえど全く違うチーム。
今回の勝利はこの30年の間に、日本のサッカーが
世界の強豪を相手にしても互角以上の戦いができるレベルまで成長したがゆえの
今の代表チームの実力を示した結果であって、決して偶然とかまぐれで
勝ったようなものではないと思うからです。そのへんはかつての悲劇を
ピッチ上で経験していた森保監督が一番実感していることかとも思いますが・・・
とにもかくにも今回のワールドカップ、
この先のコスタリカ戦、そしてスペイン戦も、日本らしいサッカーで全力で戦って
一つでも多くの勝利をつかんでくれたらと思います。
posted by 松風あおば at 23:58 | 日記

2022年11月08日

皆既月食

太陽と地球と月が一直線に並び、月全体が地球の影に完全に覆われる現象を
皆既月食といいますが、今日2022年11月8日はその皆既月食が
全国各地で観測されました。
しかも今回は皆既月食と同時に月の後ろに天王星が入る天王星食もあり、
東京近辺から西にかけては月が地球の影に完全に覆われる
「皆既食」と一緒に「惑星食」も見られるという
日本ではなんと442年ぶりの天体ショーとなったんだとかで、
ネットやTVのニュースもなにげに大騒ぎしてましたね。

というわけで、
今日は私も夕方(18時30分頃)から自宅のベランダで月を観測していたんですが、
天気良く雲一つない夜空に、月全体が徐々に地球の影に覆われ赤黒くなり
そして再び元の姿に戻っていく月食の様子をじっくり観察することができました
(天王星食の方ははさすがに肉眼では確認できないレベルなのでわかりませんでしたが)。
その様子はカメラにも納めましたので、ここでお見せしたいと思います(↓)。

<18時30分頃>
IMG_1993.JPG
(↑)東の空の満月はまだそんなに高い位置ではありませんでしたが
  既に月は下の方から欠け始めていました。

<19時頃>
IMG_1997.JPG
(↑)さらに部分食が進み、大分細い形になってきました。
  いよいよ皆既食に入ろうというところです。

<20時頃>
IMG_2043.JPG
(↑)19時15分頃から皆既食に入り、20時頃に食の最大を迎えます。
  この頃には肉眼で視認するのも難しいほど赤黒くなっていました。

<20時50分頃>
IMG_2066.JPG
(↑)20時42分頃に皆既食は終わります。この時の月はまだ赤黒い姿を
  残しつつ、片側から本来の光を少しずつ取り戻し始めていました。

<21時10分頃>
IMG_2100.JPG
(↑)月はまだ欠けたままですが、赤黒い影の部分は既に見えなくなっています。
  
<21時30分頃>
IMG_2104.JPG
(↑)大分本来の満月の姿に戻ってきました。

<22時頃>
IMG_2134.JPG
(↑)21時49分頃に部分食終了。完全に元の満月に戻りました。


私自身久々に見た皆既月食でしたが、もともと天文が好きというのもあって
今回もなかなか非日常を感じられたといいますか、ワクワクするものがありましたね。
天体の動きの法則を知らなかったはるか昔の人々は
こういった月が突然欠けたり赤黒くなったりする現象を目の当たりにしたとき、
これをきっと天変地異や戦乱の前触れなどの不吉の前兆として
恐れおののいたに違いありません。
とはいえ、科学技術が進歩して
こういった宇宙のことも事細かにわかる今の時代であっても
世界のどこかでは利己的な戦争が繰り返され、
また怪しげな詐欺まがいの宗教もどきが社会の水面下で暗躍していたり(?)
もするわけでして、
歴史を重ねる中で人間というのは本当に進歩してきたのかな?
とも思ったりもしてしまいます。

・・・と、
夜空の皆既月食を眺めつつ、妙な哲学にもふけってしまう今日の私でした(笑)。
posted by 松風あおば at 23:58 | 日記

2022年10月14日

祝 鉄道開業150周年

10月14日は鉄道の日でした。

日本最初の鉄道が新橋〜横浜間に開業したのは
1872年(明治5年)10月14日。
今年は鉄道開業150周年ということで
あちこちで記念イベントや特別列車が走っていましたね。

私・松風も、ここは鉄ちゃんとして思いっきり鉄旅をしたいところなんですが
このところは仕事やらなんやらで追われる日々で
全然楽しいイベントがありません(泣)。

とはいえ、150周年の鉄道の日ですので
今日は片手間ながらに撮った最近の鉄道写真でも載せておきます(↓)。

IMG_0919.JPG IMG_0903.JPG

IMG_1631.JPG IMG_1632.JPG

IMG_1647.JPG IMG_1648.JPG

IMG_1653.JPG IMG_1660.JPG


コロナは大分落ち着いてるものの
南関東は雨続きだったり、暑かったり寒かったりのよくわからない気候です。
こういう時は体調を崩しやすいですのでみなさんもお気を付けを。
posted by 松風あおば at 23:15 | 日記

2022年10月02日

お絵描き(プリマドール)

今年のプロ野球・・・
セ・リーグは独走だったヤクルトの優勝がすでに決まっていましたが、
パ・リーグは最終戦にまで持ち込む大混戦の末、
開幕8連勝で独走かと思われたソフトバンクでもなければ、
一時は11連勝で貯金を18まで積み上げた楽天でもなく、
紙一重のところで昨年の王者・オリックスが2連覇を達成してしまいました。
いや〜今年のパ・リーグは本当に劇的で面白かったです(汗)。
一方、わが横浜DeNAベイスターズも(ハマスタ最終戦は勝ってほしかったんですけどね)
今年は堂々の2位。まだまだ終わりません。
CSのファーストステージを本拠地ハマスタで迎える嬉しさよ・・・(嬉涙)。
こうなったら阪神とヤクルト、そしてパの覇者をもねじ伏せる下剋上で
三浦監督の胴上げも見たいところです。


というわけで・・・(??)、今回は、久しぶりのお絵描きです。
番組改変期で2022年夏アニメもここにきて次々と最終回を迎えましたが、
そんな今年の夏アニメの一つ、『プリマドール』のキャラを描いてみました。

プリマドール 灰桜.jpg
(↑)私の好きなレーツェル(CV 鬼頭明里)と灰桜(CV 和氣あず未)です。

  数年前に大戦争が終結したばかりの東邦皇国。
  その皇都五区の片隅に、喫茶・黒猫亭がある。
  そこで働くのは、技術の粋を結集した自律式機械人形(オートマタ)の少女たち。
  彼女たちは元々兵器として作られ、それぞれ戦場で戦った過去を持っていた。
  やがて迎えた戦後の平和な時代・・・
  修復され新しい役目を得た彼女たちは、高らかに歌声を上げていく。

  ある桜の舞う夜、黒猫亭のオーナーのナギ(かつて技術将校だった人形技師)は
  新たなオートマタを修復し目覚めさせる。
  「灰桜」と名付けられた彼女は初期化されているため、戦争時の記憶がない。
  新たな役目を与えられた彼女も仲間とともに明るく旋律を口ずさんでいくが・・・
  皇都に再び起こる動乱により、彼女の運命の歯車が動き出す。

 
Keyによるメディアミックス作品、麻枝准氏の原案・メインシナリオ・音楽
・・・というだけでおおよそ予想はついていましたけど、
なんとも美しくかわいく、そして切ないお話でしたね。
灰桜が自ら再び初期化する道を選ぶことになる(←ネタバレすみません(汗))
最終回はやっぱり泣きそうになりましたよ(涙)。

黒猫亭の他のドールマタ(鴉羽、箒星、月下)も描きたいところだったんですが
私の方がこのところの疲れで、2人描いたところで体力の限界・・・
私も初期化しないとダメかも(苦笑)。
posted by 松風あおば at 23:58 | 日記

2022年09月27日

TAMAコミ

IMG_1725.JPG IMG_1720.JPG

コロナ第7波の感染状況も大分落ち着いてきた感がある今日この頃ですが
コロナに怯え長らくイベント参加を自粛していた私・松風も
さすがにそろそろ同人イベントに参加しないと発狂してしまう(?)
ということで、先日9月24日(土)は久々に
とある創作系同人イベント(即売会)に一般参加してまいりました。

そのイベントの名は「TAMAコミ」。
同人誌の印刷会社の潟|プルスさんと汲ヒこのしっぽさんが共同で主催する
「そうさく系総合表現イベント」と銘打つ同人イベントなんですが
その会場は東京は福生市にある「ポプルスガレージ」という、
なんと潟|プルスさんが普段倉庫として使用している建物なんですね。
同人誌の印刷会社が自社の施設を利用して開催(主催)するという点で
とても珍しいタイプの同人イベントともいえますが、
内容的には小規模のオリジナル作品中心の同人誌即売会でして
2020年の秋から始まったそのTAMAコミも
今回で5回目(プレ回も含めると6回目)の開催となるため、
創作系サークルの間では既にその存在は知られつつあります。

tamacomi_5.jpg

相方の水瀬のサークル「LavenderBlue」がこのイベントに発足時から参加していて
話にはたびたび聞いていたので、私・松風も前から気になってはいたものの
このコロナ禍でなかなか参加できず(泣)、
今回の5回目にしてついに初参加となったわけですが
その「TAMAコミ」とは実際どんなイベントであったか?
早速簡単に振り返ってみたいと思います。


IMG_1663.JPG IMG_1665.JPG
(↑)会場の「ポプルスガレージ」の最寄り駅はJR八高線の東福生駅
  (八高線は日中は30分に1本しか走らない路線なので
   主催者側は青梅線の福生駅の方の利用を推奨しています)。
  この日は前々日に発生した台風の影響が気になるところでしたが
  幸運にも雨雲から逸れる形で、傘も差さずにここまで来ることが出来ました。

IMG_1668.JPG IMG_1671.JPG
IMG_1675.JPG IMG_1680.JPG
(↑)東福生駅は無人駅。
  歩道橋を兼ねた自由通路上にある小さな駅舎の脇に
  簡易Suica改札機が設置されているだけのとてもシンプルな駅です。
  エレベーターやエスカレーターはもちろんありません。
  
IMG_1679.JPG IMG_1682.JPG
(↑)西口駅前にはそこそこ広いロータリーがあるものの
  人や車の気配がなく、土曜の昼下がりとはいえ
  正直ちょっと静かすぎる感じでしょうか(汗)。
  私自身今まで参加した同人イベント会場の最寄り駅の中で
  最も寂しい駅と言えるかもしれません(苦笑)。

IMG_1685.JPG IMG_1687.JPG
(↑)「ポプルスガレージ」へはここから徒歩5分
  ということで、早速会場へと歩き始めます。
  駅周辺一帯(西側)はおおよそ閑静な住宅街のようですが
  行き交う人も車もまばらで静寂に包まれていました。
  踏切の向こう側(東側)は在日アメリカ空軍の横田基地。
  なんとなく異世界なムードが漂っています。

IMG_1694.JPG IMG_1696.JPG
(↑)一方、こちら側は住宅街ながら
  ところどころにネギや里芋の畑、緑豊かな公園などがあり、
  どことなく古き良き武蔵野の面影が感じられます。
  初秋を彩るヒガンバナも美しく咲いていました。
  …って、これから同人イベントに参加しようとしている
  様子には到底見えませんね(汗)。
  
IMG_1698.JPG IMG_1699.JPG
(↑)道に迷いかけて少し遠回りしてしまいましたが(汗)、
  ふと気づけばすぐ横に「TAMAコミ」の看板が・・・。
  会場の「ポプルスガレージ」に到着です。
  午前中はこの辺りも大雨だったようですが
  てるてる坊主の効果もあってか(?)、
  この時(13時頃)にはすっかり雨も上がっていました。

IMG_1724.JPG IMG_1707.JPG
(↑)というわけで、ここが会場の「ポプルスガレージ」です。
  確かに看板や案内が無ければ、至って普通の倉庫ですね。

IMG_1701.JPG IMG_1703.JPG
(↑)カタログを購入し、いよいよ会場内に入ります。
  会場内部は外見から想像していたよりも結構広く感じられました。
  確かに100SP規模の同人イベントならこれで十分ですね。
  一般参加者の数はあまり多くなさそうですが、
  こういうまったりしたイベントは居心地よくて好きです。
  かつて蒲田のPIO(大田区産業プラザ)で開かれていた
  「そうさく畑 東京」の雰囲気を彷彿させるものもありました。

IMG_1700.JPG IMG_1706.JPG
(↑)入口・本部付近にはグッズやメッセージカードの作成コーナー
  ラクガキコーナーなどもあります。
  会場スクリーンには、各サークルさんのライブのアピールなども
  映し出されていてなかなか楽しかったです。
  小規模イベントならではの個性が出ていますね。

IMG_1709.JPG IMG_1710.JPG
IMG_1721.JPG IMG_1722.JPG
(↑)買い物をしつつ会場内全体を一通り回ったところで
  息抜きにいったん会場外に出てみました。
  外側にはクレープ屋さんとからあげ屋さんの
  2台のキッチンカーが来ています。
  クレープ屋さんのネコバス仕様のキッチンカーに
  とりわけ目を惹かれますが
  噂ではどちらも美味しいとなかなかの評判で
  既にこのイベントの名物となっているようですね。

IMG_1714.JPG IMG_1717.JPG
(↑)というわけで、私もからあげ屋さんの
  熱々のマネチキ(からあげ)とフライドポテトを肴に
  スーパードライで昼間から晩酌。いや〜、幸せです(笑)。
  コロナ禍ではなかなか得られなかった至福のひと時を
  イベント会場で味わっていました。
 
  
その後も、会場内をもう一巡して、
終了時間ぎりぎりまで更なる作品鑑賞+買い物を楽しんでいましたが、
久々に参加した同人イベントはやっぱり楽しかったですね。
また、コミケやコミティアといった大規模イベントでは
なかなか味わうことができない独特の温かい雰囲気があるのも
この手の小規模イベントの醍醐味でして、
それを久々に思う存分堪能できたのもうれしいところです。

東福生駅からの道順も覚えて、次は迷わずに来れると思いますので(苦笑)、
次回以降のTAMAコミもまた参加しに来たいと思います。


IMG_1727.JPG 
(↑)今回は調子に乗って多くのサークルさんの作品を購入しましたが
  家に帰ってから一つ一つじっくり楽しませてもらいました。
  他サークルさんの秀作からモチベーションをもらって
  私も自分の創作再開にそろそろ本腰を入れたいと思います。   
posted by 松風あおば at 20:15 | 日記

2022年09月12日

2022 中秋の名月

IMG_1498.JPG IMG_1496.JPG
(↑)9月12日早朝の西の空の月です。

今年の中秋の名月(9月10日)は、
昨年に続いて2年連続の満月だったそうなんですが
今回は撮り損ねてしまっていたので
少し遅れての早朝のお月見です。

十六夜の月はほんの少し欠けているものの
まだほぼ満月(?)というところでしょうか?
明けの明星が輝き、明るみ始めた東の空を背に眺める
金色の月というのもなかなかいいものですね。
写真ではわかりづらいですが
月の近く(右下)にもう一つひときわ明るく輝く星は木星。
惑星は恒星と違って瞬かないのですぐにわかります。
今は土星も明るく見えるようなので、ここは月と一緒に
太陽系の星々を楽しむいい機会かもしれません。


9月に入ってからも暑い日が続いていますが
朝晩の風は大分涼しくなってきました。
今年もいよいよ秋ですね。
posted by 松風あおば at 06:17 | 日記

2022年08月31日

ありがとう8500系 記念きっぷ

先日、東急田園都市線の某駅にて、こんなものを買ってしまいました(↓)。

IMG_1443.JPG memorial tickets of series 8500.jpg
(↑)「ありがとう8500系 記念きっぷ」

8500系というのは、1975年(昭和50年)に登場した
東急電鉄の通勤型電車で、今(2022年8月)現在最古参の現役車両です。
新玉川線(渋谷〜二子玉川園、現在は田園都市線の一部)と
営団地下鉄(現・東京メトロ)半蔵門線の相互直通乗り入れ用として
当時既に運用されていた8000系電車をベースに開発された車両で、
1991年(平成3年)までに同社最多の400両が製造され、その後は
田園都市線のみならず、東横線、大井町線でも運用されてきました。

IMG_0937.JPG IMG_0938.JPG
(↑)8500系電車
  オールステンレスの銀色の車体は一見冷たい印象も受けるかもしれませんが、
  当時の最新鋭技術をふんだんに使った電車で、走行音から車内の雰囲気まで
  他の車両には無い、何とも言えない独特の個性があり、
  乗り慣れるととても愛着がわきます。
  1976年(昭和51年)に鉄道友の会のローレル賞に輝いています。

そんな東急の一時代を築いてきたこの8500系電車なんですが、
生まれてから今までン十年(?)東急田園都市線沿線で暮らしてきた
私・松風にとっても、幼い頃から最もなじみ深かった鉄道車両と言っても
過言ではありません。
しかし、そんな8500系も登場からすでに40数年・・・
今や新しい車両(5000系や2020系)に置き換わる形で運用離脱・廃車が進み、
2022年8月現在はわずか1編成(8637F編成)を残すのみとなっていて、
その最後の1編成も来年2023年(令和5年)1月をもって引退することが
既に決まっています。

8500系がついに引退間近・・・ということで、
その惜別企画の一環として今回の「ありがとう8500系 記念きっぷ」
(web販売と駅販売で8500部限定)が発売されたというわけなんですが、
その中身はどんなものなのか? 早速見てみましょう。

IMG_1450.JPG IMG_1463.JPG
(↑)8500系の車体と同じ、銀色ベースに赤ラインの特製の専用台紙に
  その記念乗車券は収納されています。

IMG_1452.JPG IMG_1453.JPG
(↑)扉を開くと、まずは8500系のこれまでの雄姿を収めた写真が目に入ります。

IMG_1456.JPG IMG_1464.JPG
(↑)そして中ページをさらに開くと
  長津田駅、すずかけ台駅、つきみ野駅、中央林間駅
  あざみ野駅の記念入場券と来年1月31日まで有効の
  東急線ワンデーパスが入っていました。
  D型硬券の切符はやはりマニア心をくすぐりますね(笑)。
  入場券もワンデーパスももちろん普通に使うことができますが
  まぁ使うことはまず無いでしょう。

IMG_1461.JPG IMG_1459.JPG
(↑)8500系電車の概要や関連年表も掲載されています。
  そういえば1976年のローレル賞の受賞記念プレートは
  実際の車内(先頭車乗務員室ドア上)にも
  誇らしげに掲げられていましたね。
  私自身鉄ちゃんとして、そして長年にわたる田園都市線沿線住民として
  「半世紀近くにわたり本当にお疲れさまでした」と
  改めて8500系に感謝と最後のエールを送りたいところです。
  

東急田園都市線も、
今や半蔵門線のみならず、東武伊勢崎線との相互乗り入れも行っていて
神奈川県東部から埼玉県北部を結ぶ一大ルートの一角をなす路線となりました。
東急電鉄、東京メトロ、東武電鉄の新進気鋭の様々な車両が行き交う中で
かつての主力・8500系の存在は今や1編成と風前の灯火で
この先完全引退まで乗れる機会がどれだけあるかわかりませんが、
私の心の中の東急田園都市線のイメージは、これからもやはり
数十年にわたって慣れ親しんだ8500系のままかもしれません(笑)。


IMG_1434.JPG IMG_1437.JPG


ちなみに、8500系は2005年以降他社路線への譲渡もされており
既に長野県の長野電鉄、埼玉県の秩父鉄道、遠くはインドネシア・ジャカルタの鉄道で
元・東急8500系の電車が新たな活躍をしています。
特に長野電鉄の8500系(3両×6連)は、凍結防止用のドアレールヒーター、
耐雪ブレーキが装着されるなど、寒冷地用の改造が施されているものの
その姿は東急時代とほぼ変わっていないので
かつての田園都市線を偲ぶにはやはりこの長野電鉄のがお勧めです。
もっとも長野電鉄の8500系も、2028年頃までに3000系(旧・東京メトロ日比谷線車両)
などの省エネ車両に置き換えられるという噂がありますので、
こちらで8500系に乗れるのもそう長くはないかもしれません。
コロナ禍が収まったら、早めに信濃路の8500系にも
またお目にかかりに行きたいものです。
posted by 松風あおば at 23:58 | 日記

2022年07月31日

2022 暑中お見舞い申し上げます

IMG_1266.JPG

7月も終わり、もう8月なんですね。
私・松風の方はこの1か月ほど
思わぬことで多忙を極めてしまったため
この日記もまたも放置状態になっていました(汗)。
コロナもありこれといって楽しいイベントも無いところなので
このところネタになるような話がないというのもあるんですが
とりあえず私自身の生存報告ということで
まだ多忙は少しだけ続いているものの
ここで一度更新しておきたいと思います。

世間的にもここ1か月は
安倍元首相が殺害され
コロナが第7波が猛威を振るい
各所で記録的な猛暑と
なにやら不穏に騒がしいところですが
みなさんも熱中症とコロナにはくれぐれもお気をつけて
この夏も元気でお過ごしください。

箱根編一話 サムネイル.jpg

やるやる詐欺になっていた
『にこ巫女ヒミコ』の当サイト内でのアップも
いざやろうとして、その体裁などでいろいろ迷ったりしていたため
途中で頓挫してましたが
今度こそ(?)間もなく始まりますので
もうあとちょっとだけお待ちください(汗)。
posted by 松風あおば at 23:59 | 日記

2022年06月30日

6月酷暑

暑い・・・とにかく暑い・・・です(激汗)。

明日から7月ですが
太平洋高気圧が北へ強く張り出し梅雨前線を押し上げたため
今年は異例の早さで梅雨が終わり、
さらに日本列島を一気に暑い空気が覆ったことで
ここ一週間は連日各地で記録的な猛暑となっていますね。

今年の夏は酷暑になりそう、というのは
すでに少し前からの予報でも言われていましたけど、 
群馬県の伊勢崎ではすでに40℃超えを記録したとか
熱中症で搬送される人の数もハンパじゃないとか
まだ6月とは思えないようなニュースが
ここ数日飛びかっています。

2022-06-30 mousho.jpg

明日にかけても関東甲信の内陸や東海地方の各地で
40℃前後まで気温が上がる見込みだそうで
この先もしばらくは危険な暑さによる
熱中症リスクの高い状態が続くようです(汗)。
電力のひっ迫状況も気になるところではありますが
こまめな水分補給やエアコンの使用などで
みなさんも熱中症には最大限警戒してください。


IMG_1126.JPG IMG_1128.JPG
(↑)少しでも涼しげな画像を・・・と思い
  ベランダの水槽内を泳ぐメダカを撮ろうとしたら
  水槽の水もすでにぬるま湯状態になっていて
  メダカも少しバテていました(汗)。
  水を換えたら元気を取り戻してくれました。


今回は別の話題を上げるつもりだったんですが
私自身、この暑さによる体力消耗で
自分の部屋に戻ってもいまいちやる気が起きないので
そのへんはまた今度にしたいと思います。
ひとまずエアコンで涼みつつだらだらしておりますが
6月末でこの暑さでは、一か月後の7月末〜8月初旬あたりは
一体どうなっていることやら??
長引くコロナに猛烈な酷暑・・・試練は続きますね(苦笑)。
posted by 松風あおば at 22:22 | 日記

2022年06月18日

朝焼け空

今年もまもなく夏至(6月21日)ですね。
今の南関東の日の出時刻は4時25分頃だそうですが
ここ最近は4時前にはすでに空が明るくなっています。

今朝は早朝にふと目が覚めたら朝焼けの空が見事だったもんで
つい写真に撮ってしまいました。

IMG_1111.JPG
(↑)淡い薄紫からピンク色に跨るグラデーションが
  なんとも神秘的な朝の空でした。


ただ、気象予報的な見方をすると
ピンク色の朝焼けというのは
空気中の水蒸気が増えてきていることで起こる現象だそうで
雨雲の接近を示唆するサインなんだとか。

実際に天気は下り坂のようで
午後からは段々と雲が厚みを増してきました。
この先夕方から夜にかけては雨が降るようです。
posted by 松風あおば at 17:25 | 日記

2022年06月14日

ノスタルジック鉄道コレクション キワ90形気動車

鉄道において貨物の輸送を目的とする貨物列車。
貨物を大量輸送できる交通手段としてかつては陸運の主力であり、
現在でもJR貨物の機関車が大量のコンテナを積載した
長大編成のコンテナ車を牽引している姿をイメージしがちなんですが
そんな鉄道貨物輸送の長い歴史の中では
かつてこんな車両も存在していました(↓)。

kiwa90.jpg
(↑)キワ90形気動車(『100年の国鉄車両』より引用)

旧国鉄が1960年(昭和35年)に製造した
「有蓋気動貨車」といわれるタイプの車両なんですが
なんとこの車両、
全長8mほどの有蓋貨車にディーゼルエンジンと運転台を設置した
「自走可能な貨物車両」なんですね(「キ」は気動車、
「ワ」は有蓋貨車、90番台の数字は試作車両を意味します)。
貨物輸送量が少ないローカル線での
少量貨物輸送を合理的に行うことを目的として
当時蒸気機関車に代わって普及しつつあった気動車を
貨物利用しようというコンセプトのもとに
試作された2両(キワ90 1とキワ90 2)が
宮崎県の佐土原〜杉安を結ぶ妻線(1984年廃止)にて
試験運用されました。

しかし、このキワ90・・・
自らが7 tの貨物を積載する一方、他に2両ほどの貨車を
牽引して運用することを想定していたにもかかわらず
搭載されていた当時の気動車用のDMH17Cエンジンが
あまりにも非力であったため、少しの勾配でも
速度が落ちてしまうほどの走行性能しか得られず
実際の運用は思うようにいかなかったんですね。
また、貨物(荷物)輸送量が少ない線区ならそもそも
キハニ(旅客・荷物兼用気動車)のような車両を使うか
あるいは小型の貨車1〜2両程度であれば
旅客気動車に牽引させるという方法でも事足りたため
「自走できる貨車」という画期的な仕様も
結局のところ貨物輸送の合理化には全く貢献できず
キワ形式の実用化・量産化は見送られることになります。

そんな事情で試験中から持て余し気味になっていた
試作車の2両のキワ90だったんですが
その後キワ90 1は1971年(昭和46年)に廃車となり、
もう1両のキワ90 2も事業用気動車のキヤ90(ヤ390)
に改造され、房総地区の路線の電化工事における
架線柱への金具取り付け作業用車として使用された後、
1984年(昭和59年)に廃車されました。


そんな数奇な車両ですので
鉄道マニアの間では「キワモノ」と呼ばれ
一般にはほとんど知られていなかった
このキワ90・・・なんですが、
なんと昨年の夏にTOMIXブランドでおなじみの鉄道模型メーカー
トミーテックが「ノスタルジック鉄道コレクション」第1弾
として製品(Nゲージ)化したんですね。
マニアにもあまり知られていないマニアックすぎる車種ゆえに
一部では「オリジナル車種?」と誤解されるほどだったそうですが
過去に実在した車両だったということで
ここ1年ほどで認知度が急に上がったみたいです。



前振りが長くなってしまいましたが
実はそんなノス鉄のキワ90を私・松風も少し前に入手したので
今回はそれをご紹介したいと思います。

IMG_0884.JPG IMG_0891.JPG
IMG_0879.JPG IMG_0888.JPG
(↑)これが鉄道コレクション・ノス鉄シリーズのキワ90です。
  私自身、実車を見たことがないのはもちろん
  ネットで画像検索しても、昔の実車の写真も
  ごくわずかしか出てこないため、ディテール的に
  忠実に再現されているのかどうかもよく判りませんが
  小さいながらもいい雰囲気を醸し出しています。
  キワ90の塗装は当初は茶色1色だったものの
  後に上半分をクリーム色、下半分を茶色の
  ツートンカラーに塗り分けたそうで、模型では
  キワ90 1がツートンカラー、キワ90 2が茶色1色
  となっています。
  
IMG_0916.JPG IMG_0920.JPG
(↑)スケールモデルとして眺めるだけでは物足りないので
  別売りの動力ユニット(TM-TR07)も購入して
  Nゲージとしても自走できるようにしてみました。
  ライトユニット等は組み込まれていない
  廉価版の鉄コレ車両ですが、動力ユニットまで組み込むと
  1両あたりトータルで4,000円以上かかります。
  キワモノ2両の導入は予想以上にコストを要しました(汗)。


IMG_0876.JPG IMG_0901.JPG
(↑)しかしこの鉄道コレクション用の動力ユニット、
  2軸動力にしてはかなり高性能でして
  実際に走らせてみるとスロー走行も効いてなかなかいい感じです。
  早速私自慢の(?)各ミニレイアウトにて
  それぞれ走らせてみました。


IMG_0895.JPG IMG_0905.JPG
IMG_0909.JPG IMG_0898.JPG
IMG_0874.JPG IMG_0910.JPG
(↑)もともと閑散路線向け貨物車両だからでしょうか。
  田舎ローカル線をモデルにした私のミニレイアウトに
  とてもよく馴染みます。
  実車はあまり役に立たず実用化には至らない車両と
  なってしまいましたが、私のレイアウトでは
  大活躍しそうな雰囲気満々です(笑)。



「自走できる貨車」という斬新なタイプの車両ながら
あまりの非力ぶりと使い勝手の悪さで
半世紀前は実用化に至らなかったキワ90。
今となっては「ノスタルジックトレイン」シリーズとして
真っ先に模型化されるように、鉄ちゃんにとっては
まさにノスタルジックな存在なんですが、
こうして模型を眺めていると
このタイプの車両を過去の失敗例としか見ないというのも
何かもったいない気がしなくもありません。

政策的な道路網の整備やトラックの性能向上による
急速なモータリゼーションの発展で
一時は競争力が弱まった鉄道貨物輸送ですが
時代は移り、今はドライバーの人材不足や負担軽減、
CO2排出削減等の環境負荷低減を目指す観点から
逆に鉄道貨物輸送を見直すモーダルシフトの動きが出始めています。
今後の物流のあり方を考えるにあたっては
都市間の大量輸送や速達輸送のみならず
貨物量の少ない地域へのきめの細かい輸送手段の見直しも
必要となってくるはずで
実際に長良川鉄道がヤマト運輸とのタイアップで行っている
鉄道車両で乗客と宅急便荷物を混載して運ぶ「客貨混載」の
実証実験の成果などを見ても、これからの時代
キワのような車両は逆に有効なんじゃないかと
思えてきたりもするんですね。
この半世紀で鉄道車両の動力性能も格段に進歩し
技術的にも昔のキワの弱点は克服されているはずですので、
もしかしたら近い将来、新たな「キワ」タイプの車両も
現れるのではないか?・・・というのが私の見方(期待)なんですが、
みなさんはどう思いますでしょうか?


・・・と話が変な方向に行ってしまいましたが(汗)、
とにもかくにも鉄コレ(ノス鉄)のキワは良かったということで
今は自分のレイアウト上のキワの活躍を楽しみたいと思います(笑)。
posted by 松風あおば at 23:51 | 日記

2022年06月07日

2022 梅雨入り

2022.06.07_1.JPG 2022.06.07_2.JPG

昨日、関東甲信地方の梅雨入りが発表されましたね。
平年より1日早い梅雨入りとのことですが
九州や四国など西日本より先に関東が梅雨入りするというのは
なかなか珍しいことかと思います。

ここ数日の関東の雨も実は梅雨前線によるものではなく
日本海にある低気圧や湿った空気によるものなんだそうで
何日か前は北関東の一部の地域で雹が降ったりもしてましたが
上空の寒気による影響もあって気温も低めで
南関東もここ2〜3日は朝晩ちょっと寒いくらいだったりします。

晴れて真夏のような暑さにもなったかと思えば
雨が降って肌寒くもなったりする今の季節・・・
コロナのみならず、普通に風邪とかで体調を崩しやすいので
体調管理には注意したいところですね。


さて、梅雨の季節に入り
うちの庭では今年もビワの実が熟し始めています(↓)。

IMG_0841.JPG IMG_0843.JPG

この日記でも今まで何度も話題にしているうちのビワですが
このビワが実をつけ始めるとそれを狙う者たちも現れ始めます。
ハクビシンがこのビワを食べに来ているのを目撃したみたいな話を
以前していたかと思いますが、今年はなんとハクビシンのみならず
さらなる別の珍客が現れるようになりました。

その珍客とは・・・

アライグマ フリー素材.jpg
(↑)アライグマです
 (写真はフリー素材より拝借させていただきました)。

実際に目撃したのはまだ1回だけなんですが
ここ最近はほぼ毎晩のように来ているようです。
一見タヌキにも似ていますが、耳のふちが白く
目の周辺が黒いアイマスクのようになっているのと
しっぽが縞模様なのが特徴です。

日本では世界名作劇場のアニメ『あらいぐまラスカル』の人気から
ペットとしても飼育されるようになったこのアライグマ・・・なんですが
実はその丸々としてユーモラスな姿や餌を洗うしぐさの可愛さからは
想像もつかないほどに気性の荒い動物でもあるんですね。
一時は小さなブームにまでなったものの
その後ペットとして手に負えなくなって遺棄されたり
逃げ出したりしたアライグマが野生化し繁殖したことで
農作物への被害が深刻化したり
在来種の野生動物の生息を脅かすようになったりしたため
2005年には「特定外来生物」の指定を受け
現在では輸入することもペットとして飼うこともできなくなっているという
なんとも数奇な扱いを受けている動物でもあります。

そのアライグマ、
私の家の周辺でも以前から目撃情報があり
身近に生息していることはわかっていたのですが、
今年からはついにうちの庭にも現れるようになったんですね。
彼らもうちのビワの実が目当てで来ているようなんですが
ハクビシンとは明らかに食べ方が異なり
木に登って枝ごと折ったビワの実の房を
水が汲んであるところまでわざわざ持っていって
洗って食べているのがその痕跡からもよくわかります。

ハクビシンよりも体がかなり大きく
器用に手を使えるのも凄いと感心するものもあるんですが
正直のところ、その被害も甚大です(汗)。
ビワの木の幹はその爪でかなり広範にわたって傷つけられ
また実だけではなく枝ごと折っていくので
ビワの木全体のダメージが大きいんですよ(↓)。

IMG_0844.JPG

さらに彼らはそのビワの木から2階のベランダに飛び移ることもでき
先日はベランダで育てていた金魚やメダカの多くまでもが
アライグマに一晩で食い荒らされてしまうこともあったりしたもんで
これには正直かなりまいりました(泣)。
去年までは老猫ながら飼い猫のチビタがいたことで
その侵入の一定の抑止になっていたのかもしれませんが、
改めて人間と野生動物との共存の難しさを実感させられます。

ラスカル最終話(1).jpg ラスカル最終話(2).jpg

スターリングが寂しさをこらえてラスカルを
森の奥深くに返さなければならなかった
『あらいぐまラスカル』の最終回も今ではよく理解できる
・・・というところでもありますが、
dアニメストアに加入してアニメ見放題になったところでもありますので
ここは昔の名作アニメもさらに堪能してみたいと思います。
posted by 松風あおば at 23:57 | 日記

2022年05月30日

お絵描き(ピーチボーイリバーサイド)

「dアニメストア」に登録して最近は
見損ねてきた近年のアニメを観まくっているという話をしたところで、
今回はその中の一作からお絵描きを一つ・・・
原作は新都社のウェブコミック配信サイト『週刊ヤングVIP』にて
連載中の作品で2021年夏にTVアニメ化された
『ピーチボーイリバーサイド』のキャラたちを描いてみました(↓)。

ピーチボーイリバーサイド.jpg

  誰もが知っている昔話「桃太郎」の舞台「日本」から少し離れた西の大陸、
  そこには人々を脅かす鬼や魔物が跳梁跋扈していた。
  ある平和な国のお姫様サルトリーヌ・アルダレイク(通称サリー)は
  (日本から来た)一人の旅人キビツミコトと出会う。
  サリーは彼との出会いを契機に外の世界に旅立ち、
  多くの人や鬼・亜人・魔物と出会い、様々な事件に巻き込まれていくうちに
  自らが持つ「桃の目」の力に目覚め
  人・鬼・亜人などの仲を「妥協させる」ことを目指すようになる。


私自身、この原作漫画は読んだことがなかったものの
実はアニメの方は昨年夏の放映時に少しだけ観ていました・・・が、
毎週観ているのに前後の話が繋がっていない訳わからんアニメだなと思い
数話観たところで観るのを止めちゃってたんです。
というのも、実はこのTVオンエア版の『ピーチボーイリバーサイド』・・・
何を血迷ったのか(?)ストーリーの順番がシャッフルされていて
話の時系列が滅茶苦茶になってたんですね。
監督曰く「現在進行系の作品のため、そのままアニメ化すると
中途半端な終わり方になるため、主人公のサリー視点で
アニメ最終回に最適なシーンを持ってくるためにシャッフルした」
みたいな算段があったそうなんですが、正直訳わかりません(汗)。
過去にも時系列をシャッフルするアニメは
『涼宮ハルヒの憂鬱』などでありましたけど、
この『ピーチボーイリバーサイド』のようなファンタジーストーリーものでやると
ただただ「?」なものにしかならないんですよね。

実際にシャッフルによって話の流れが途切れ途切れになり、
このキャラは誰だっけ? あの話はどこにいったの?と混乱する
私のような視聴者が続出していたらしく、
とんだ悪評が先行してしまっていたこの『ピーチボーイリバーサイド』
・・・だったんですが、そんな声を受けてか
dアニメストアの方では「オンエア版」とは別に
話を順番を時系列に並び替えた「時系列版」も配信されています。


ということで、私自身dアニメストアへの加入を機に
改めて「時系列版」でこのアニメを観直したというわけなんですが
ちゃんと時系列順にみるとこの作品、なかなか面白くて
キャラも生きていて、結構ハマっちゃうものがあったんですよね。
最初から普通に時系列通りに流していればいいものを・・・
監督の意味不明な思い付きのせいで
TV放映時にこの面白さが伝わらなかったというのは
作品にとっても実に不幸なことであったと言わざるを得ません。

アニメ2期も期待したいところながら、
もし初回アニメが不人気とみなされてその話も出ないというのであれば、
つくづく監督の戦犯っぷりが浮き彫りになりそうなところですが
グチばかり言ってても仕方ありませんので、
ひとまずこれから視聴しようという方には、「オンエア版」ではなく
「時系列版」の方で観ることをお勧めしたいと思います。
なお、「オンエア版」で観直す場合でしたら、
2話→3話→9話→1話→7話→8話→4話→10話→12話→11話→5話→6話の
順で観ると時系列順になります。
話数で書き出してみると、改めて無茶苦茶っぷりがよくわかりますね(苦笑)。
posted by 松風あおば at 23:56 | 日記

2022年05月24日

dアニメストア

ごちうさ ココア チノ.jpg
(↑)今回の内容と直接関係はないですが、久しぶりに描いた『ごちうさ』です。

気づけば5月も下旬・・・
今年も半分近くが過ぎようとしていますが
またも1月半ほどブログ更新をサボってしまっていましたよ(汗)。

私自身3回目のワクチンは打ったものの
コロナの第6波が思っていたよりも下火にならず
仕事への影響や高齢の家族への配慮もあり
清々しいこの初夏の気候になっても
いまだにイベントへの参加や旅行なども出来ずにいるため
取り立ててブログのネタにするような話もなかったというのも
あるんですが・・・ここ1か月ほど沈黙していたのは
実はもう一つ理由があります。


実は先月「dアニメストア」なるものに加入したんですね。
NTTドコモ系のアニメ専門のオンデマンド配信サービスで
加入すれば月額440円(税込)払うだけで
スマートフォンやパソコンなどで好きな時に
各種アニメ作品が見放題というもので
みなさんの中にもすでにご利用中の方はいるかと思いますが、
私自身加入して以降、こいつにすっかりハマってしまいまして
ここ1か月、時間があるときはひたすらいろんなアニメを
観まくっていたんですよ(汗)。

d_anime.jpg

dアニメストアで視聴できる作品数は
現時点でなんと4600作品以上。
私自身は放映時にチェックし忘れたり
録画に失敗したりして見損ねてしまっていた
ここ10年ほどの間のいくつかのTVアニメ作品観たさに
このサービスに登録したんですけど、
今現在放送中のTVアニメ作品から40〜50年前の作品まで
これまで放映されたアニメのほとんどが観られるといっても
過言じゃありません。
インターネット配信サービスなので
PCやスマホで視聴するのが一般的かと思いますが
アマゾンで購入したFire TV Stick(メディアストリーミング端末)を
自室のTVに取り付けてTV画面でも観られるようにしたので
本当に好きな時に好きなスタイルで好きな作品を
自由に観られるようになったのは嬉しい限り、といいますか
正直今までせっせこ自分でレコーダーで予約しながら
HDやBDに録画保存していたのが馬鹿みたいに思えたりも
してきてしまいます(苦笑)。

おかげで、見損ねてきた近年のアニメは
現在視聴中のものも含めほぼ網羅することが出来てるんですが
最近はそのほかにも
私自身かつて観た記憶があったり無かったりする(?)
数十年前のアニメも鑑賞し始めていたりします。
かつての日曜夜の世界名作劇場とか初期の『ドラゴンボール』とか
いろいろ観ていると懐かしさというよりは
今のアニメには無い不思議な魅力に気づかされるといいますか、
私自身忘れかけていた何か(?)を
思い出させてくれそうなものもありますね。


というわけで、アニメの観過ぎで
ブログの更新すら怠ってきた最近の私なんですけど、
アニメから元気をもらいモチベーションをアップさせたところで
この日記もここからはなるべくこまめに更新していきたいと思います。

それと、もう一つ「やるやる詐欺」と化していた話(?)で恐縮なんですが、
当サイトでのにじたま作品の掲載の方も
遅ればせながらまもなく開始する予定です。
まずは『にこ巫女ヒミコちゃん 箱根編』から、
既に同人誌として発表済みの部分(デジタルでのリメイク版)も含めて
順次アップしていきますので、
同人誌の方で途中までお読みの方も、まだ全くお読みになったことのない方も
改めてここでお読みいただければ幸いです。


今のコロナの状況とどう付き合っていくかが今後の課題で
同人イベントへの復帰もなかなか見通せないところなんですが、
幸いデジタル(クリップスタジオ)での作品制作にも大分慣れてきたところで
今後はオンライン環境も活用して
みなさまに作品(過去作品のリメイクなども含めて)を
お見せできるよう努力していきたいと考えています。
今後ともサークル「虹の卵」そして当「虹の卵のホームページ」を
何卒よろしくお願いします。
posted by 松風あおば at 22:09 | 日記

2022年04月07日

哀悼 藤子不二雄A先生

IMG_0603.JPG IMG_0614.JPG

前回の日記をアップした頃は
梅の花が二分咲きとか言っていましたが、
いつしか桜が満開になって、そして散り始めていましたね(汗)。
私の方はここ一か月ほどは仕事の多忙期でもあったんですが
今年は例年以上にバタバタしてしまってて
なかなか花を愛でるゆとりもありませんでした。

年度が明けてやっと落ち着いてきたので
放置していたこの日記もいよいよ再開しようかという
ところだったんですが・・・そんな矢先
ショッキングな訃報が入ってきてしましたね。



日本人ならおそらく誰もがその名を知っているであろう
漫画家の藤子不二雄A(安孫子素雄)先生が
7日、川崎市内の自宅で死去したことが報じられました。
享年88歳。

藤子不二雄A先生は、1934年(昭和9年)富山県生まれ。
手塚治虫に憧れ、幼少期から漫画家を目指し
小学校の同級生だった藤本弘(藤子・F・不二雄)先生と
コンビを組み、「藤子不二雄」の合同ペンネームで
1951年(昭和26年)に新聞4コマ漫画の
『天使の玉ちゃん』でデビュー。
富山新聞社勤務を経て上京後、
石ノ森章太郎、赤塚不二雄などの若手漫画家たちも
集うことになる東京豊島区のアパート・トキワ荘に入居し、
その後『オバケのQ太郎』などの大ヒットにより
一躍人気漫画家になりました。
1987年(昭和62年)に藤本弘(藤子・F・不二雄)先生との
コンビを解消(藤子・F・不二雄先生は1996年に死去)
した後も幅広いジャンルの作品を手掛けますが
後年は特にブラックユーモアやシュールリアリズムを
追求した作品で知られるようになります。

私・松風の世代は、
まさに藤子漫画で育った世代でして
幼少期に触れた漫画・アニメといえば
まず藤子不二雄(コンビ時代)作品をはじめ
藤子両先生の数々の作品が真っ先に思い浮かびます。
私自身を漫画・アニメの世界に最初に
誘ってくれたのはまさに藤子作品だったんですよね。
大人になってからも時折何かを思い出すたびに
藤子作品を読みあさることもありましたが
過去に読んでいたものでも読み返すたびに
不思議とそれまでとは読後感が違ってくる作品も多く、
そこに新たな発見があったりと、近年に至るまで
私にとってその影響力は本当に大きかったと
言わざるを得ません。

藤子不二雄A先生の代表作としては
『忍者ハットリくん』『怪物くん』
『プロゴルファー猿』『笑ゥせぇるすまん』などが
まず挙げられるようですが、
趣味ながら自分でも漫画を描いている身としては
やはり『まんが道』が真っ先に思い出されます。
漫画家という職業が今よりもずっとマイナーだった時代、
漫画家を目指し、そして漫画家として
漫画を描き続ける楽しさと苦労、
漫画を描くことを通じて展開する人間関係、友情・・・
漫画界の黎明期を支えた巨匠の自叙伝的作品は
同人活動で下手くそな漫画を描いている私などにとっても
感動と大きな励みを与えてくれる作品でした。

IMG_0652.JPG IMG_0654.JPG
IMG_0660.JPG IMG_0659.JPG
(↑)漫画家の江口寿史先生が
  「『まんが道』の本はずっと、ぼくの仕事場の
   本棚の一番取りやすい位置に置かれている」
   と言っていましたが、私の本棚にも
  『まんが道』はあります。
   漫画描きに行き詰まったときとかには
   今でもなにげに開いちゃう本なんですよね。

日本の漫画黎明期を支えたトキワ荘世代の漫画家の
最後の生き証人的な存在でもあった藤子不二雄A先生。
今回の訃報は一つの時代の終わりを告げる
ニュースといっても過言ではないかもしれません。

謹んで故人のご冥福をお祈り申し上げます。
posted by 松風あおば at 22:07 | 日記

2022年03月01日

梅一輪 一輪ほどの 暖かさ

3月になりましたね。

今年の冬は全国的に平年より寒かったようですが
そんな冬も終わり、季節はいよいよ春。
予報ではこの3月は平年よりも
各地でやや高い気温の予想が出ているようで
この先は日ごとに春めいてきそうです。

外を出歩いていても
日中の陽射しが大分明るくなってきたのを感じますが、
ふと道路脇の植え込みを見ると
梅の花が大分咲き始めていました。

IMG_0221.jpg IMG_0220.jpg
(↑)といっても、今の時点で二分咲きというところでしょうか。
  うちのあたりとしては例年よりちょっと遅めのようです。

「春を代表する花」といえば
満開の桜の花を思い浮かべる人が多いかと思いますが
「春の訪れを告げる花」といえばやぱり梅。
冬の終わり頃からぽつぽつと咲き出し
早春の頃に静かに満開の時期を迎え
そして美しい桜が咲き乱れる春爛漫の頃には
すでに人知れず散っている・・・
そんなやや地味で控えめな存在ではあるんですが
その優しい佇まいと気品あるほのかな香りには
なんとも心和ませるものがあり
他の花には無い独特の風情があるんですよね。

いにしえの日本では
桜よりも梅に人気があったといいます。
「万葉集」には桜を詠んだ歌よりも
梅を詠んだ歌の方が圧倒的に多く載っています。
時代とともにいつしか桜の方に目移りしてしまった日本人ですが、
今なお梅の花を見ると不思議と心が温かくなるというか
どこかノスタルジーに近いものすら感じてしまうのは
いにしえの万葉人たちの血を受け継いだ
日本人だからなのかもしれませんね。

IMG_0219.jpg

長引くコロナ禍、
北京冬季オリンピックが終わったかと思えば
遠いヨーロッパのウクライナでは戦争が始まり・・・と
なにやら世界が不穏に騒がしい今日この頃なんですが、
この先の世界の平和と安寧を祈るばかりです。
posted by 松風あおば at 23:55 | 日記

2022年02月15日

お絵描き(カノジョも彼女)

先週は関東の平野部で再び大雪の予報が出て
またもドカ雪が降るのかとビクビク・ワクワクしていたら
結局のところ、みぞれ雪がちょっと舞ったぐらいで
積もるような雪にもならず・・・という感じだったもんで
かなり拍子抜けしていたんですが
2月もすでに折り返し地点まで来てましたね。

この日記も
またもサボりモードに入ってしまっているんですが
ぶっちゃけこのところは私の周辺で
日記にするほど面白い話題も無いんですよね
・・・ということで、今回は
まだここでアップしていなかった
私のラクガキ絵でも晒したいと思います。


『カノジョも彼女』の佐木咲と水瀬渚の二人です(↓)。

カノジョも彼女.png

 向井直也は高校1年生。
 ずっと好きで告白し続けていた幼なじみの佐木咲に
 高校に入ってからついに彼女になってもらうことになり
 幸せの絶頂にいたが、そんな直也にある日、
 別の美少女が付き合ってほしいと告白してきた。
 彼女の名前は水瀬渚。
 渚のあまりのいい人ぶりに心が揺れる直也は悩みぬき、
 すったもんだの挙句、三者合意の下での二股交際を提案する。
 最初は当然のごとく猛反対する咲だったが、
 渚は直也と一緒にいられるならと受け入れ、また
 渚のいじらしい姿にほだされた咲も結局は了承し、
 3人は両親不在の直也の自宅で同居生活を開始する。
 当初は3人で付き合っていることは秘密にしていたものの
 ひょんなことから同級生のミリカ(星崎理香)にそれがバレ、
 そのミリカも直也のことを好きになってしまって
 さらに以前からの咲の親友である桐生紫乃
 (実は紫乃も密かに直也のことを想っていた)も
 彼らの関係を知って黙ってはいられなくなり・・・

・・・と
現実だったら壮絶ドロドロな人間関係にもなりかねない
とんでもない話なんですけど
こんな修羅場でもギャグベースで描かれると
どこまでも面白くなるものなのかというこの作品。
『週刊少年マガジン』連載中のヒロユキ氏の人気作品なので
すでにご存じの方も多いとは思いますが
さらに元を辿ると実はこれ
ヒロユキ氏の同人作品(『正々堂々、二股する話』)を
連載用にアレンジしたものなんですね。

私自身はもちろん商業作品の方から知ったんですが
これ、若干の物議を醸しつつ(?)
結構人気出るだろうなと思ってたら案の定・・・
昨年の7月にはついにアニメ化にまで至りました。

アニメの方は
佐木咲(cv 佐倉綾音)、水瀬渚(cv 和氣あず未)
星崎理香(cv 竹達彩奈)、桐生紫乃(cv 高橋李依)と
キャスト陣に今をときめく人気女性声優さんたちが勢ぞろいで
『マガジン』の本気度も大いに感じるものがあったんですが
・・・いやね、
私・松風自身あやねる(佐倉綾音さん)のファンってことは
前からここをご覧の方はご存じかと思うんですけど
実はここ1〜2年ほどは
和氣あず未さんの声もかなり好きになってしまっていて
彼女の出演作品も結構こまめにチェックしたりしてたんですよね。
そんな私の浮気心をあざ笑うかのような(?)
キャスティングと内容のアニメが始まってしまったもんで
私もこれを観ながらワクワク・ドキドキだったんですけど、
アニメの方は全体的に作画がちょっと雑だったというか
もうちょっと丁寧に作ってほしかったかな?
というのが正直な感想ですかね。

内容的にも中途半端なところで終わってしまっているので
ここは続編の2期アニメにも期待したいところですが、
なんにせよこの作品、原作的にもどういう結末に落ち着くのか?
いろいろな意味でドキドキ・ワクワクもんです、ハイ(笑)。
posted by 松風あおば at 23:58 | 日記

2022年01月18日

神奈川・深夜の「緊急速報」メール

15日に発生した南太平洋のトンガの海底火山の噴火は
近年類を見ないほどの大規模噴火だったそうで
現在も現地の被害状況の全容はつかめていないようですが
この噴火の影響により、15日の深夜から16日の未明にかけて
日本の沿岸でも潮位変化が起こったことから
太平洋側沿岸の各地で津波警報・注意報が発令され
TVやネットのニュースは騒然となっていましたね。
8000km以上も離れた南半球の海底での噴火による
津波発生というのは過去にも例が無いらしく
その発生のメカニズムも不明とのことで
その報道からは気象庁の混乱ぶりも大いに伝わってきました。


・・・が、この夜
この津波情報の伝達をめぐって
日本で一番混乱させられていたのはおそらく
私の住む神奈川県であったろうと思われます(苦笑)。
というのも、すでにネットのニュースなどで
知れ渡ってることかと思いますが、
津波情報が続々出始めた16日の深夜0時半頃過ぎから
神奈川県では主に沿岸部自治体の住民向けに
狂ったように携帯電話の緊急速報メールが繰り返し配信され、
県民のスマホは深夜にけたたましいアラートが
ひっきりなしに鳴り響く事態に陥っていたんですね(↓)。

IMG_0181.JPG

同県横浜市に住む私のスマホももちろん例外ではなく
私自身深夜のアラートに最初はあわててTVを点けて
津波の情報を確認していたりしていたんですが、
その後もこのアラートは10分から15分おきくらいに
しつこくやってくるんですよ(汗)。
しかもその内容は毎回ほとんど同じ文面といいますか、
特にこれといった新たな情報があるというわけでもありません。
そもそも横浜市は太平洋沿岸の自治体とはいえ
私の住む区は海から20km以上も内陸のエリアなので
うちにとってはほとんど関係のない配信であることも
一目瞭然なんですよね。
スマホの電源を落としたり設定を変えたりして
緊急速報メール自体を遮断するというのは
有用なツールをいざというときに役に立たなくしてしまう
行為でもあるので、もちろん抵抗感もあるんですが
この時ばかりは私もさすがに耐えられなくなり
ついにはスマホの電源を落としてしまいましたよ(汗)。

この騒ぎについては
おそらく日本中の人が同じように悩まされてるんだろうな
とその時は思っていたんですが、
翌日のネットのニュースを見てビックリ。
なんとこのアラート連発が起きていたのは
神奈川県だけだったんですね(驚)。
なんでもシステムの委託業者によるプログラム設定ミスで
県内16市町に対し計600回以上も緊急速報メールを
配信してしまったとのことで、県には苦情が殺到していたらしく
黒岩知事が謝罪する事態にまでなっていました(↓)。

kuroiwa_shazai.png

まぁ・・・人間の作ったシステムですから
こういうことがたまにあるのも仕方ないのかなとも思うんですけど・・・
受験生の方々にとっては時期が時期だけに
さすがに気の毒としか言いようのない事態でした。
にしてもこの黒岩知事、自身のツイッターの方では
県民の怒りにさらなる香ばしい燃料(?)を投下してくれてまして
こちらもちょっとした炎上騒ぎになっていましたね(↓)。

kuroiwa_twitter3.png

いや、知事さんばかりを責めるつもりもないし
本当にお疲れモードだったのかもしれないんですけど・・・
最後の一言はやっぱり無い方がよかったでしょ(苦笑)。
「アンタは雪印の社長か?」と
若い人は知らないであろう20年以上前の
食中毒事件のエピソードまでも思い出させる書き込みに
私自身思わず吹き出してしまいましたけど・・・
この黒岩さんについては
一昨年のGWにもコロナ関連のエリアメールで
県民を無駄にビックリさせた前科があるんですよね。
元アナなんだし、もうちょっと発言には気を使った方が・・・
コロナ対策も正直パフォーマンスばかりで後手後手だし
県民もさすがにそろそろストレスたまってますよ。


というわけで、
本日はただの一神奈川県民の愚痴でしたが(苦笑)、
改めまして、このたび被災されたトンガ国民の皆様には
心よりお見舞い申し上げます。
posted by 松風あおば at 23:57 | 日記

2022年01月07日

久しぶりの大雪

北日本の大雪のニュースがたびたび聞こえてくるこの冬ですが
昨日(1月6日)は上空の寒気と南岸を通過する低気圧の影響で
南関東も久しぶりの大雪となりました。

IMG_0009.JPG IMG_0006.JPG

首都圏で大雪警報が出たのは
2018年1月以来4年ぶりなんだそうですが、
うちの周辺も午後には一面の銀世界となっていました。
雪が降るといつもワクワクして写真に撮ってしまう私なんですが
そういえばここ2〜3年はこんな雪風景は
見てなかった気がしますね。

IMG_4726.JPG IMG_4724.JPG

夜の雪明りもなかなか幻想的でいいもんです。
すでに雪は止んでいますが
この先明け方にかけてはまた冷え込むようですので
明朝は路面の凍結によるスリップや転倒などに
みなさんも十分ご注意ください。


話は変わりますが
昨年末の冬コミ(コミックマーケット99)に参加していた
スタッフ2人が、PCR検査でコロナ陽性だったとのことで
こちらも大騒ぎになっていますね。
オミクロン株とやらが急拡大しているところで
規模を絞った開催とはいえ1日当たり5万人もの参加者の中では
どこかで感染者が出るのも無理もない気もしますが、
各地のコロナの感染状況も悪化している中で
今後の同人イベント開催にも何らかの影響が出るのか・・・?
今年もまだまだコロナに振り回される状況が続きそうです。
posted by 松風あおば at 00:18 | 日記

2022年01月03日

2022年(令和4年)あけましておめでとうございます

IMG_4678.JPG
(↑)初日(はつひ)のひかり さしいでて
   四方(よも)に輝く 今朝のそら
   君がみかげに 比(たぐ)えつつ
   仰ぎ見るこそ 尊(とお)とけれ

  (私・松風の部屋から見る初日の出・・・といっても元日の午前8時頃ですが)


すでに1月3日ですが
新年あけましておめでとうございます。

昨年に引き続き、コロナ禍での年越しとなり
私自身、年末の冬コミにも参加せずに迎える新年は
どこか「やり残した感」が強い(?)味気無さもあるんですが
今年も南関東は気持ちいいくらいに晴れ渡った
お正月を迎えています。

昨年の後半はコロナ感染者数も大きく減って
やっとコロナ前に戻れる明るい兆しが見え始めたか?
と思っていた矢先に
今度はオミクロン株とやらがまたも広がり始めてしまい
このコロナ禍、一体いつまで続くのかと
ため息が出るばかりですが、
今年こそはコロナが収まり、社会全体いろいろなことが動いて
明るい展望の開ける年になりますようにと
心から願うばかりです。


正月恒例の箱根駅伝で、わが母校の大快挙を見届けたところで
私自身も早速いろいろ頑張ろうと決意しているところなんですが、
今年一年がみなさまにとって
穏やかで素敵な一年となりますよう
心からお祈り申し上げます。

IMG_4679.JPG

本年もサークル「虹の卵」及び
当「虹の卵のホームページ」をよろしくお願い致します。
posted by 松風あおば at 18:28 | 日記