2018年06月17日

コミックマーケット94参加のお知らせ

房総半島沖の海底で、プレート境界の岩盤の境目がゆっくりとずれ動く
「スロースリップ」なる現象が起きている・・・みたいなニュースが流れてから、
本当に千葉県の南東部で地震が多発していて
なにげに怖かったりする今日この頃ですが、
台風が来ていたり、暑かったり肌寒かったりもする梅雨の候・・・
みなさんはお元気でお過ごしでしょうか?


さて6月ということで、今年も夏のコミックマーケットのお話が
ちらほら聞かれるようになりましたが、その夏コミ(コミックマーケット94)の
当サークル(虹の卵)の当落結果について全くお知らせしていませんでした(汗)。
最近は抽選で落ちることもなく、私自身
抽選発表をソワソワして待つなんて初々しい気持ちも無くなってしまってて、
他人様から自分の抽選結果を教えてもらい、初めて気付いているような有様でして
ここでの告知も遅くなってしまって申し訳ありません。

というわけで、今回の抽選結果なんですが
今回も無事抽選に通りまして、スペースを確保することができました。
今度の夏コミ(コミックマーケット94/ 8月10〜12日・東京ビッグサイト)の
「虹の卵」のスペースは

 8月12日(日) 西2ホール  と−21a

とのこと。今回は久々の西ホールです。

コミケ94 サークルカット.png

今回の新刊は、鉄オタ女子高生のお話『てつもえ』の新刊・・・なんですが
実はちょっといつもと違う(?)体裁のものを予定しています。
なお、不覚にも参加できなかった5月コミティアに出す予定だった
『にこ巫女ヒミコちゃん〜其ノ拾壱』(現在制作中)の方ですが
今年は春のコミティアに参加できなかった振り替えとして
秋のコミティア(COMITIA126)の方にサークル参加することにしましたので、
こちらはその際に新刊として出すことにしました。
いろいろ予定が狂ってしまって申し訳ありません。

2年後にオリンピックを控え、このところ会場(ビッグサイト)の方も
その都度イレギュラーな利用(?)を余儀なくされているコミケですけど
今回もいつものようにみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。
この夏も「虹の卵」を何卒よろしくお願いします。



さて、ここからは近況報告(?)なんですが・・・

ここ最近、私のもとに妙なメールが届くようになりました。
それは一見すると
SNSの先駆け的な存在ながら最近は衰退している感が否めないmixi(ミクシィ)の
マイミクさんからのメッセージメール。
最近は利用が減りアカウントを長期間放置している人が多いことで知られ
かくいう私もこの頃は全くログインしていなかったりするミクシィなんですけど、
つい先日、しばらく連絡を取っていないそのマイミクさんの3人の方から
まとめてメッセージが届いていたんですよね。
一体何事か?と思うも、よく見ると3通とも書き出しが同じ内容・・・(汗)。

 「○○○ のサングラスが好きですか?・・・今すぐ購入・・・

・・・な、何故みなさん、いきなり一斉に私にサングラスを勧めてくるの???
と、初めはビックリしたんですが、
落ち着いて検索して調べてみると、なんとこれ、
近頃巷で出回っているという、ミクシィのアカウントを乗っ取ったスパムメールだそうで
すでにミクシィ運営からも注意喚起がされていたんですね。

いやはや・・・以前からあの手この手でいろいろ仕掛けてくるスパムメールですけど
過疎化して管理も手薄になっているミクシィのアカウントを乗っ取って拡散させるスパムとは(汗)、
全くこちらの予想の範疇を越えていました。

で、その(アカウントを乗っ取られていると思われる)マイミクさんたちには
このこと一応お知らせした方がいいのかな?とも思ったんですが
・・・よく考えたら、かくいう自分のアカウントももしかしてすでに乗っ取られてて
私も知らないうちにマイミクさんたちにサングラスの宣伝してるかもしれないんですよね!?

運営側の注意によると、自身のアカウントに不正なログインなどがなかったかは
「メール通知」の設定により届く「不審なアクセス情報」にて確認できるとのことで
ここは私も手を打っておくか? というところだったんですが
長らく放置していたミクシィ・・・そういえばログインIDとかパスワードとか
なんだったっけ??・・・という始末(汗)。
いやはや、社会の盲点を突いたスパム発信者の手口にはもはや感心すら覚えます(苦笑)。

mixi_spam.PNG

そんな感じですので、すでにこの日記をお読みの多くのみなさんにも
同じようなスパム(もしかして私からのも(苦笑))が届いているかもしれませんが
くれぐれもURLにアクセスしたり、サングラス買ったりしないよう、十分お気をつけください。
posted by 松風あおば at 08:27| 告知

2018年03月24日

5月コミティア(COMITIA124)お休みします。

IMG_8959.JPG IMG_8961.JPG

寒い冬が過ぎ、桜の便りも聞こえ始め、やっと春めいてきたな〜
と思っていたら、突然雪が舞ってきたりと
気まぐれな春の天気にまだまだ振り回されている今日この頃ですが、
みなさんはお元気でお過ごしでしょうか?

この時期は毎年のごとく仕事の多忙期なんですが
今年は例年以上にいろいろあってゴタゴタしてしまい、
この一ヶ月は私の頭の中も珍しく(?)仕事関連で一杯で、
この日記もまたも長らくごぶさたしてしまっていました。

・・・ということで、やっと一段落ついたところで
この日記もいよいよ元気に再開〜
と行きたいところだったんですが、その前に・・・
今回はまずみなさんにお詫び申し上げなければならないことがあります。

comitia124.jpg

当サークル「虹の卵」の次回参加イベントとして予告していた
今度の5月のGWのコミティア(COMITIA124)なんですが・・・
実は参加出来なくなってしまいました(泣)。
それも、日程的に何か都合悪くなったとかそういう事情ではなくて、
単なる私・松風の「参加申込み忘れ」・・・(恥)、
いや、正確にいうと忘れていたつもりはなかったんですが、
参加申込み(オンライン申込み)期日が実際は「3月6日〆切」だったところを
私の方がチェックした公式HPの参加要項を読み間違えていたのか、
なぜか「3月8日〆切」と誤認識していて、その後も再確認することもなく
その「前日」(7日)に申込みをしようとしたらすでに申込みが〆切られていた・・・
という、とんでもなく間抜けな話だったりします。

全くもってどうしようもない事情で、サークル活動予定が変わってしまい、
いつもお越しいただいているみなさまには本当に申し訳ありません(汗)。
今後のスケジュールにつきましては、改めて見直そうというところなんですが
少なくとも次の夏コミでは(抽選に落ちなければ)
今回の5月刊行予定だった本(『にこ巫女ヒミコ』)も合わせて
新刊として出せるかと思いますので、何卒ご容赦ください。


それにしても、このところ5月GWのコミティアは、
うち(虹の卵)にとってちょっとした鬼門になっている・・・といいますか、
3月までが仕事の多忙期というのも関係あるかどうかはわかりませんが(?)
ここ数年は、春先の病気や体調不良などもあって
参加予定だったにもかかわらず、参加を見合わせざるを得なくなる
というケースが多いんですよね。
コミケに比べると申込期限などに対しての緊張感もどこか薄いのか、
申込み〆切直前ギリギリに気づいて慌てて申し込んだというケースは
以前もあったんですが、今回は思いっきりスルーしてしまって・・・(汗)
いや、いずれも自分の体調管理や余裕を持った準備(申込み)さえちゃんと出来ていれば
起こりえない話なので、どれも何の言い訳にもならないところなんですが、
今後のやり方を見直す意味でも、私自身今回の失態は大きな反省材料にしたいと思っています。


というわけで、イベント参加スケジュールは変わってしまいましたが、
年度末を迎え、仕事の多忙期もほぼ過ぎたということで
これからは再び原稿描きやこの日記の更新の方も頑張りたいと思います。
これからもサークル「虹の卵」及び当「虹の卵のホームページ」を何卒よろしくお願いします。



さて、
イベント申込みは忘れたものの、とりあえず今年も多忙期を乗り越えてホッと一息・・・
ということで、今は久々にNゲージ(鉄道模型)とかで遊んでいたりします。
これは年明けに購入していたKATO(関水金属)のキハ30 首都圏色(↓)。

IMG_8979.JPG IMG_8964.JPG 

国鉄時代に都市近郊の非電化通勤路線向けの車両として活躍した気動車キハ30。
実車はJR線上から姿を消してすでに久しい車両
(今は第三セクターの水島臨海鉄道に1両が在籍するのみ)ですが、
KATOがこれをNゲージ製品化したのはここ最近なんですよね。
ディテールまで精巧な出来で、見ていてほれぼれします(笑)。

IMG_8965.JPG IMG_8981.JPG

ただ、このキハ30をNゲージ化したのはKATOが最初ではありません。
KATOより10年以上前に静岡のプラモデルメーカーのハセガワ
(Nゲージブランド名は「MODEMO」)がすでにNゲージ化しています。
鉄道模型ブランドとしては歴史の浅いMODEMO黎明期の製品なので、
鉄道模型の名門ブランドKATOが同型式を製品化してしまったことで
一気に見劣りしてしまったか?・・・と思いましたが、

IMG_8974.JPG IMG_8972.JPG

並べてみると、MODEMO車(写真はクリーム地に青ラインの相模線色)も決して負けてはいません。
動力車の走りがドンくさいのと、メンテナンスがしにくい構造であることを除けば
MODEMOのキハ30も本当によく出来ていて、一緒に走らせても楽しいものがあります。
違うメーカーの同じ型式の車両を比べてみる楽しみ・・・これも鉄道模型趣味の醍醐味かもしれません。
今度これも『てつもえ』のネタにしてみるかな??(笑)。
posted by 松風あおば at 00:21| 告知

2017年12月29日

コミックマーケット93参加します。

各地で例年以上に厳しい師走寒波のニュースが聞かれるここ数日ですが、
早いもので2017年も年の瀬、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

私・松風は、今月がなんだかんだと死ぬような忙しさだったため
この日記も1ヶ月以上にわたって思いっきり放置してしまいましたが、
とりあえず元気に生きておりまして(苦笑)、
すでに始まっております今年の最後を締めくくる冬コミ(コミックマーケット93)にも
もちろん予定通り3日目「創作少年」ジャンルにてサークル参加の予定です。

今回の「虹の卵」のスペースは

 東4ホール モ23a

C93.png

今回の新刊は、鉄オタ女子高生のお話の『てつもえO』。
あずみと涼子・・・2人の女の子の鉄ちゃんの水面下バトルがそろそろ始まるかもしれない(??)
という1冊です。
また今回は、うちの手伝いの水瀬のサークル「LavenderBlue」の委託本
碓氷峠の吐くほど濃い本の試食版』(←どこまでがタイトルなのか不明)もあります。
合わせてよろしくお願いします。

なお、前回の夏コミではすっかり宣伝し忘れていたんですが、
サークル「プロジェクトH&A」様(今回は東R16a「イントレピッド」様にて委託販売)の作品、
『○○の向こう側5〜Project H&A Presents Vol.16』(2017年8月発行)に
コミケ抽選の思い出〜1990年代末期の抽選を振り返って」という
文章モノを私・松風が寄稿しています。興味ある方はぜひこちらもお求めになってみてください。

この冬も3日目・大晦日の参加ですが、
今回もサークル席にてみなさまのお越しを心よりお待ちしております。



さて、2年半後にオリンピックを控えた東京・・・。
そのオリンピック開催の前後で、
コミケの会場でもある東京ビッグサイトの利用が大きく制限される問題が
ニュースなどでも幾度となく取りざたされてきましたが、
そのコミケの2020年問題が先日ようやく決着したようですね(↓)。

http://www.comiket.co.jp/info-a/doujinjapan_announce.html

2020年夏に予定していた「コミックマーケット98」はなんと
2020年5月のゴールデンウィークに前倒し開催となるとのこと
(ビッグサイト開催ながらも東ホールは使えないので、西ホールと会議棟、
新たに出来る南展示棟、仮設の青海展示棟などを使用するとのこと)。
中止でもなければ、他の都市の会場での開催でもなく、
まさかのGW前倒し開催!?・・・といっても
毎年5月GWといえば、スパコミ、コミ1、コミティア、例大祭・・・と
もともと各ジャンルの同人イベントが目白押しの期間。
実はこの企画、
これらのイベント主催者たち(赤ブーブー通信社、COMIC1準備会、コミティア実行委員会、
スタジオYOU、博麗神社社務所、character1 )までも巻き込んだ
共同プロジェクト「DOUJIN JAPAN 2020(仮)」の一環として行われるとのことで
各主催者の他、関連企業・団体にもすでに話が付いているみたいなんですね。

そもそもこの「DOUJIN JAPAN 2020(仮)」なるプロジェクトは
訪日外国人なども増える2019年〜2020年という期間を通して、
日本の同人誌文化、そしてマンガ・アニメ・ゲーム等を愛するオタク活動を
さらに盛り上げようとの企画だそうで、
まだ漠然とした方針しか示されていないものの
ある意味、制約の多いオリンピックの期間の状況を逆手にとって
同人文化を担う勢力の一致団結を図ろうという動きのようなんですね。
2020年GWコミケ以外にも、いろいろと考えているものがあるようで、
「これまでとは異なる空間も創出することで、日本独自のサブカルチャーを結集し
情報を発信していきたい」とのことですけど、
はてさて・・・一体どんなことをやろうとしているのか?
一同人サークルとしても、とりあえず今後の動きを注目していきたいところです。


とはいえ、2020年の夏コミについては結局のところ、
「この年は5月GWのスパコミ、コミ1、コミティア、例大祭とかをまとめてコミケとしてやろうね」
と言われているのと大差なさそうですので
この年の夏コミはやっぱり「無くなった」と解釈してもよさそうな気もします(苦笑)。
ということで、2020年の夏(7・8月)は私も原稿に追われることなく、
TVでゆっくりオリンピックの応援でもしようかと思います、ハイ。
posted by 松風あおば at 19:16| 告知

2017年11月17日

コミックマーケット93参加のお知らせ

girls&panzer_1.PNG girls&panzer_2.PNG

再放送の『ガルパン』を観ていたら、鹿島臨海鉄道に乗って大洗に行きたくなってきました。
・・・ということで
Bトレインの鹿島臨海鉄道の6000形「ガールズ&パンツァーラッピング車 2号車」を
組み立ててみました(↓)。

IMG_8695.JPG

IMG_8699.JPG IMG_8705.JPG
(↑)鹿島臨海鉄道で実際に走っていたガルパンのラッピング車ですが
  Bトレでもしっかり再現されています。

IMG_8710.JPG IMG_8712.JPG
(↑)しかもIV号戦車のおまけつき。これはさすがに実際には走っていません(笑)。

この作品によって一躍「聖地」と化して大勢の人が訪れるようになった大洗ですが、
そんな『ガルパン』効果は、2016年の鹿島臨海鉄道の経営を黒字化させるまでの勢いだったそうで
改めて人気アニメの底力恐るべし・・・というところでしょうか。



・・・って、
そんなことを話している場合じゃありません(汗)。
冬コミの話を全然していませんでしたね。
冬コミの当落結果はすでに今月の初めに出てたんですけど、奇しくもその頃は
日本シリーズでのベイスターズの戦いぶりに興奮していた最中だったので、
ここでの告知をすっかり忘れてしまっておりました。
ということで大変遅くなりましたが、冬コミ(コミックマーケット93)参加のお知らせです。

C93 sitagaki.png

当サークル「虹の卵」は
今回も無事抽選に通りまして、ブースを確保することができました。
「虹の卵」のスペースは

  12月31日(土) 東4ホール モ23a

とのことです。
前々回・前回と、新しくて遠い東7ホールの配置が続いていたので、
今回は久々に元祖東ホールに戻れて、正直ちょっとうれしいですね(笑)。

今回の新刊は、
いつもの鉄オタ女子高生のお話『てつもえ』の続き、『てつもえO』
このところ大分引っ張ってる感のある(汗)この話なんですけど
この先はちょっと新たな展開となっていきますので、
読者のみなさまにおかれましては気長にご期待頂ければ幸いです。

今年の冬コミも大晦日のサークル参加となりますが
今回もサークルスペースにて、みなさんのお越しを心よりお待ちしております。
今回も「虹の卵」をよろしくお願いします。



さて、今年も秋が深まってきましたが、
先月は土日になると天気が荒れていた各地も
今月に入ってからは大分いい天気に恵まれるようになってきましたね。
そんな中、私も先日の日曜日は池袋の映画館に足を運び、
公開したばかりの劇場版『ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜』(↓)
を観てきました。

http://www.gochiusa.com/ova/

gochiusa_1.PNG gochiusa_2.PNG

いや〜久々の「ごちうさワールド」、なかなか良かったですよ。
これから映画館で鑑賞するという方も多いかと思いますので、
内容に踏み込んだネタバレになる感想はもちろん控えますが、
ひと言でいえば、いかにも『ごちうさ』らしいお話だった・・・というところでしょうか。
一昔前のヨーロッパのようなエキゾチックな街が舞台ながら、
みんなで浴衣で花火を見に行ったりする世界観のカオスっぷりはもちろんそのままで
チノちゃんは相変らずかわいかったし、リゼさんやモカ姉の魅力も改めて分かったし、
リゼさんの声が種田梨沙さんでホッとしたし・・・って
そんな感想しか言えないのがちょっともどかしいところなんですけど(苦笑)、
とにかく至福の60分でしたね。

全国40館ほどでのコンパクトな上映ながら、すでにかなりの人気っぷりのようで、
実際私が観に行った池袋の映画館もかなりの混雑ぶりでした。
観客の層がよくわからなかったので、
私みたいなのはやっぱり浮くんだろうか?と初めは思ってたんですが、
実際の映画館の席全体を見回すといかにもオタクなおっさん率高くて
全く浮くことは無く、実に居心地よかったですね(笑)。
TVシリーズの『ごちうさ』は、深夜に自室のTVで一人でこそこそ観ていたんで
映画館の大画面に映し出される『ごちうさ』を大勢のみなさん(おっさん多数)と
一緒に笑ったりドキドキしたり感情を共にしながら観るという状況も
なんとも新鮮でしたよ(笑)。

いや〜映画って、本当にいいもんですね(笑)。
・・・ということで、ここは
来月から上映の『ガールズ&パンツァー 最終章』の方も大いに期待したいと思います。
posted by 松風あおば at 21:35| 告知

2017年08月12日

コミックマーケット92参加します。

C92.png

相次ぐ各地の水害に連日の酷暑・・・
うだるような暑さの中「今年の夏も自然は容赦ないな〜」とか思っていたら、
いつしか8月も中旬に入り、すでに夏コミ期間に入っていました(汗)。

昨日、今日とすでに夏のコミケ(C92)1日目、2日目が開催されており
すでに一般又はサークルで参加されている人も多いかと思います。
この2日間は天気が曇ったり雨が降ったりでやや不安定でしたけど
その分さほど気温も上がらなかったみたいで
会場内の熱気も抑えられて幾分過ごしやすかったのかも?というところですが、
明日はいよいよ3日目・・・
当サークル「虹の卵」はいつものごとく「創作少年」ジャンルにてサークル参加の予定です。

今回の「虹の卵」のスペースは

 東7ホール け−21b

今回の新刊は、鉄オタ女子高生のお話の『てつもえN』。
5月のコミティアの新刊『にこ巫女ヒミコちゃん〜其ノ拾』ももちろんあります。
今回もサークル席にてみなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 今回の配置は前回と同じ仮設新ホールの東7ホール。
ビッグサイトのエントランスホールから一番遠い場所なんで正直利用しづらさも感じるんですけど、
今回はサークルは全て東ホール配置なので、
一度会場内に入れば割とコンパクトに行動しやすいのかもしれませんね。
オリンピックが近くなるにつれて会場の利用範囲の制約も多くなりつつあるようで
運営する準備会スタッフのみなさんの苦労も察するに余りあるところですが
多くのみなさんに感謝して、今回も無事楽しいコミケの1日を過ごしたいですね。




さて、コミケ前の日記ということで、
私の近況の一つでも書いておこうかというところですが、
こう暑いと熱中症対策にも水分補給が重要・・・ということで
ここは「水」のお話とかしておきたいと思います。

私・松風は最近なにげに市販の「水」をよく飲んでいたりします。
初めは災害時などの非常用の備蓄飲料水としてのみ
ペットボトルの市販の水をネット通販でまとめ買いしていたんですが
「〇〇の水」「△△の天然水」といったような全国各地の水源で採取された水が
実際にいろいろ売られているのを見て
「これらの水は実際飲み比べてみると味の違いはあるのだろうか?」という素朴な疑問にふとかられ、
今は非常用以外にも少しずつ違う銘柄のものを買って飲み比べ始めているという次第なんですね。
正直味の違いは・・・今のところほとんどわからないんですが(汗)、
なかなかこれが楽しかったりもします。

で、ここ最近は国内の水のみならず、海外の水も飲んでいるんですが、
今飲んでいるのが、アメリカのカリフォルニアのナチュラルミネラルウォーター「クリスタルガイザー」。
知名度が高い商品でネット通販でもよく安売りしていますので、飲んだことのある方は多いかと思いますが、
実は日本で売られている「クリスタルガイザー」には
正規輸入品と並行輸入品の2種類があり、それぞれ採取地(水源)が違うんですね。
 ・ 正規輸入品はシャスタ水源、
 ・ 並行輸入品はオランチャ水源又はシャスタ水源(大半はオランチャ水源)
とのことなんですが、このシャスタとオランチャ・・・どちらも聞き慣れない地名だけに
逆にどう違うのかがより気になります。

IMG_8063.JPG
(↑)左が正規輸入品のクリスタルガイザー(シャスタ水源)
  右が並行輸入品のクリスタルガイザー(オランチャ水源)。
  「正規輸入品」とは海外ブランドの日本法人や契約代理店が輸入・流通させるもので
  クリスタルガイザーの場合は大塚食品が輸入しています。
  「並行輸入品」とはメーカーと無関係な第三者が購入・販売するもの(違法ではない)です。

IMG_8062.JPG IMG_8061.JPG
(↑)正規輸入品(シャスタ水源)の方は日本語の表記・説明書きがあり
  並行輸入品(大半がオランチャ水源)の方は英語表記しかないのですぐにわかりますが
  よく見るとラベルにデザインされている山の絵も違っています。
  価格は正規輸入品の方が若干高めです(ネット通販の販売画面で必ずどちらかの表記がなされています)。

では、このシャスタの水とオランチャの水・・・
中身の水そのものには実際どういう特徴の違いがあるのか?
ネットで調べてみると、一応以下のようなことが上げられていました。

・ 硬度は、シャスタ水源のものが38mg/l、オランチャ水源のものが67mg/l。
 どちらも軟水だが、オランチャの方が若干硬度が高い。
 
・ シャスタ水源のものにはバナジウムが含まれる。
  (バナジウムは富士山の天然水などにも含まれている成分)

・ オランチャ水源のものはかつてごく少量のヒ素が検出されたことがあるが
 これは東京の水道水の基準も下回るレベルで全く問題ない。

日本では正規品が限定しているシャスタ水源の方が人気が高いとも言われているようですが
はてさて、実際飲み比べてみるとどうなのか・・・? その味に少しでも違いはあるのか?
ということで、私・松風はここ1ヶ月ほど毎日交互に正規輸入品(シャスタ水源)と
並行輸入品(オランチャ水源)を飲み比べて、その味をよく吟味していたのですが・・・

CIMG0006.JPG
(↑)左がシャスタ水源(正規輸入品)、右がオランチャ水源(並行輸入品)の水です(本当)。

・・・正直、やっぱり違いはわかりません(汗)。

水の味比べをしてその違いを敏感に感じ取るほどの味覚(?)のない私のような者にとっては
要はどっちでもいいんだよ・・・という大雑把な結論に落ち着きそうなんですけど、
正直どちらも美味しいです(笑)。

私の方は、ここまで来たら何かがわかるまで(?)
もう少し交互に飲み続けてみようかと思っているところですが、
今のところ、どちらが絶対おすすめみたいなのもないので
これからクリスタルガイザーを買おうという方にはとりあえず、
安いのがいいのなら、並行輸入品(ほとんどがオランチャ水源)、
やっぱりシャスタの方が安全で良さそうと思われる方には正規輸入品
をお奨めしておきたいと思います(汗)。

コミケに参加のみなさんは、会場では(水の産地にこだわらず)こまめに水分補給をするようにしましょう(笑)。
posted by 松風あおば at 18:28| 告知

2017年06月20日

コミックマーケット92参加のお知らせ

梅雨入りしてからあまり雨が降っていない、カラ梅雨気味の南関東ですが、
6月も下旬に差し掛かっていますね

季節はいよいよ夏ということで
そろそろ今年も夏コミの準備に本格的に入らなければというところですが、
夏コミ(コミックマーケット92)の当落はとっくに出てたんです・・・よね(汗)。
遅ればせながら、今回はそのお知らせです。

C92.png

当サークル「虹の卵」は
今回も無事抽選に通りまして、ブースを確保することができました。
今度の夏コミ(コミックマーケット92 / 8月11〜13日・東京ビッグサイト)の
「虹の卵」のスペースは

 8月13日(日) 東地区 け−23b

場所は前回の冬コミと同じ、東7ホールみたいですね。
今回の新刊は、鉄オタ女子高生のお話『てつもえ』の続き話、『てつもえN』です。
5月の新刊『にこ巫女ヒミコちゃん〜其ノ拾』もありますので
コミティアにお越しになっていない方はぜひこちらもお求めいただければと思います。


6月のこの時期にして、すでにかなり暑い日もある状況で
今年の夏コミもどんだけ暑いのか? と今から不安もよぎるところですが、
今回も会場にて元気でみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。
この夏も「虹の卵」を何卒よろしくお願いします。




さて、余談なんですが・・・
コミケットアピールなどによりますと、今回の夏コミは
東京ビッグサイトの南展示棟建設工事の影響で西ホールが企業ブースのみとなり、
サークル配置が全て東ホールとなったことで、
3日間全体では過去最大規模と言われた前回とは一転し、
通常よりかなり少ない規模(32,500サークル程度)での開催になるみたいですね。

となると、落選サークルも今回はさぞ多かったのだろう
と思いきや、実は最近のコミケ・・・
申込サークル数自体が回を重ねるごとにみるみる減少しているそうで、
今回の申込数も前回の冬コミより少ない43,000サークルほどにとどまり
規模を縮小しての開催でも落選数は10,500サークル程度とのことで、
これまでと比べてとりわけ落選サークルが多いわけでもなかったようです。

当サークル「虹の卵」はおかげさまで2010年の冬コミでの落選を最後に
それ以後はずっと当選させてもらっておりまして、
最近はサークルの申込数とか落選数などはほとんど意識していなかったんですが、
つい先日聞いた話によると
コミケの申込サークル数は、2010年の夏コミ(C78)の53,000サークルをピークに
以後はC82(2012年夏)が51,500→C84(2013年夏)が50,500→C86(2014年夏)が48,500
→C88(2015年夏)が46,000→C90(2016年夏)が44,000・・・と明らかに減少傾向にあり、
今回はついにピーク時より1万サークル減に達したということみたいですね。
この先は東京オリンピック前後の開催が不透明な状況ながら、
オリンピック後にビッグサイト自体が南展示棟も加わってさらに広くなることなども考慮すると、
このペースで減少が続けば、基本全ての申込サークルの受け入れが可能となり
コミケの抽選そのものが原則無くなる日もそう遠くないのかもしれません。

コミケの参加サークル数が減少している背景には
少子化による若者世代の減少や不景気などといった社会的動向もさるところながら、
最近の同人界の傾向・・・すなわち

 ・ 作品発表の場をネット上に移行する人が増え、オフラインでのサークル活動(イベント参加)自体が縮小傾向にある
 ・ コミケ以外にも各ジャンルでイベントが充実し、サークルのコミケ離れが進みつつある
等々(?)
・・・いろいろな原因が考えられるかと思いますけど、
まだコミケが2日間開催で、参加サークルが増加の一途だった時代の
2サークルに1サークルが落選していたような厳しい抽選を覚えている身としては、
いささか隔世の感もありますね。

まぁ、私・松風としては
創作活動・同人活動での作品頒布、みなさまとの交流の場として
この先も変わらず年2回のコミケは大いに活用させてもらうつもりですので
今後も作品作りに精を出しつつ、コミケを楽しみながら見守っていこうと思います。


なお、私・松風のコミケの(抽選を巡る)思い出話(?)的な話につきましては
近々、とあるサークルさんの評論本にも寄稿させていただく予定です。
詳細が決まり次第、こちらでも告知させていただきますので
こちらもよろしくお願いします。
posted by 松風あおば at 18:40| 告知

2016年12月29日

コミックマーケット91参加します & 2016年もありがとうございました。

IMG_7033.JPG IMG_7028.JPG

早いもので、2016年も残すところあと2日・・・
今年もあっという間に年末まで来てしまったという感じですが
今日(29日)は冬コミ(コミックマーケット91)1日目だったんですね。
昨夜(28日夜)は茨城県北部を震源とする最大震度6弱の地震があったり
今朝は東京もかなり厳しい冷え込みだったりと
今回のコミケ、ある意味波乱含みの幕開け(?)となった感もありますが、
みなさんはこの年の瀬いかがお過ごしでしょうか?

私・松風は、この師走は例年のごとくというか
それ以上にハードというか、つい先日まで死ぬほど忙しかったため
今年もクリスマスモードなどとは程遠い世界におりました。
いろいろな方からのメールの返信なども滞ってしまう次第で
この日記もこのところすっかりごぶさたしてしまっており、
冬コミのこともほとんど告知できないままでおりましたが
当サークル「虹の卵」は、今回の冬コミも3日目(31日)の
「創作少年」ジャンルにてサークル参加の予定です。

今回の「虹の卵」のスペースは

 12月31日(土) 東7ホール w−23b

今回の新刊は、
いつもの鉄オタ女子高生のお話『てつもえ』の第9話〜第12話に
描き下ろしの読み切り話を収録した総集編の3巻『てつもえV』となります。
表紙は、T・U巻同様、T2R氏にデザインしていただいたもので、
描き下ろしの番外話(20P)は、先日この日記でもご紹介した
JR伊東線が舞台の話となっております。
描き下ろし分を含めて116Pものボリュームになってしまったため
原稿の最終チェックもなにかと手間取ったものの
なんとか年内の刊行に漕ぎつけることができました。
いつも『てつもえ』各話をお読みいただいているみなさんにも
いろいろご期待いただければ幸いです。

なお、今回の当サークルのブースが配置されるホールなんですが
今回より使用される新ホール「東7ホール」とのことで
実は私自身まだ立ち入ったことのないエリアだったりします。
従来の東1〜6ホールよりもさらに奥の海沿いにある
やや不整形ながら広めのホールでして
どんな感じの場所なのかはまだよく分からないんですが、
ブロック表示がアルファベットの小文字を使用しているエリアで
「w」ブロックも小文字のwですので、検索される際は
お間違えの無いようご注意いただければと思います。

今年の冬コミも大晦日のサークル参加となりますが
今回もみなさまのお越しを心よりお待ちしております。


さて、冬コミ前というのは毎年のごとく多忙なので、
旅行などももちろん行けず、なかなか面白いネタも無い今日この頃なんですが、
先日、うちのスペースでいつも売り子の手伝いをしてもらっている茶藤より
徳島の「マチ☆アソビ」(アニメ・ゲームイベント)に行った際のお土産として
こんな素敵なものをもらってしまいました(↓)。

IMG_7039.JPG
(↑)「半田そうめん」です。

半田そうめん・・・というのは、
徳島県は吉野川の流域、つるぎ町の半田地区に古くから伝わる手延べそうめんのこと。
・・・なんですが、かくいう私はこのそうめんの存在自体は以前から知っていたものの
つい数年前までは、この「半田」は愛知県の半田(半田市)だとずっと勘違いしていたので、
実は徳島の名産だと知った時はビックリしたんですよね(苦笑)。
奈良県の三輪山周辺や兵庫県の揖保川流域、香川県小豆島などが有名なそうめんの産地なので、
そのあたりのそうめんと系統的に関係があるのかはわかりませんが、
そうめんとしてはやや太めの麺が特徴で、徳島土産としては定番の品のようです。

で、このお土産・・・中身のそうめんも嬉しいんですけど
やはり目につくのはこのパッケージ。
萌えキャラをイメージとした商品は今や珍しいものでもありませんが、
実はここに描かれているキャラは『おへんろ。』という、地元徳島の新聞社と
「マチ☆アソビ」の主催者でもあるゲーム会社とのコラボで生まれた
「四国八十八箇所巡礼」いわゆる「お遍路」を紹介する
コラム記事・漫画、TV情報番組(アニメ)のキャラなんですね(↓)。
(四国遍路は徳島からスタートし高知、愛媛、香川と八十八箇所のお寺を巡ります。)

ohenro.jpg

正式名称は『おへんろ。〜八十八歩記〜』・・・
ローカルな作品ながら、映像の方はニコニコチャンネルやGYAOなどでも
ネット配信されていて、私も少しだけ観たことがあるんですが、
アニメと実写をコラボレーションさせた新感覚の旅情報番組といいますか、
お遍路の知識やその道中のスポットをを手軽に知ることができるものなんです。
でも単なる観光PR作品というものでもありません。ちゃんと設定やストーリーもあり、
何よりその登場する女の子3人のメインキャラがかわいくて、
続けて観ていると結構ハマっちゃいそうな作品なんですよ(笑)。
そんな『おへんろ。』キャラが船上でそうめんをすする風景をパッケージにした
この半田そうめん・・・いや〜楽しいですよね。
半田そうめんの半田をかつて愛知県の半田と勘違いしていた私でも
「あ〜徳島だなぁ」と実感できるお土産をくれた茶藤には改めて感謝する次第です(笑)。

徳島の「マチ☆アソビ」のイベントも、
年々規模が大きくなっているという話を聞きますけど
参加してきた人の話を聞くと結構楽しめるイベントのようで、
やはり私自身もいつか行ってみたいところです。
ご当地アニメなども多い近年は、各地の関連イベントや聖地巡礼なども盛んで
アニオタ趣味もどんどん行動範囲が広がっていく感がありますが、
アニメと旅行とを楽しむ新たな趣味活動の広がりが
各地の活性化にも繋がるのなら一石二鳥でもありますので、
こちらもマナーを守って気持ちのいいアニオタ旅を大いにしたいものですね。


というわけで、今年2016年もありがとうございました。
みなさん良いお年をお迎えください。
posted by 松風あおば at 21:20| 告知

2016年08月12日

コミックマーケット90参加します &オリンピックのの夏2016

IMG_6059.JPG IMG_6062.JPG

今年も8月に入っていますが、連日のように猛暑が続いていますね。
リオデジャネイロではオリンピックも開催されており
各種目での日本選手の活躍のニュースも連日のように聞かれる今日この頃ですが、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、
私たちオタにとって8月といえば、やはり夏のコミックマーケット・・・ということで、
すでに今日が夏コミ(C90)の第1日目だったりするんですが、
今回の夏コミも、当サークル「虹の卵」は3日目(14日)の「創作少年」ジャンルにて
サークル参加の予定です。

今回の「虹の卵」のスペースは

 西2ホール と−20b

今回の新刊は、鉄オタ女子高生のお話の『てつもえM』。
実はもう一つ読み切りもの作品も出したいところだったんですが
この2ヶ月ほど本業の方で思わぬ仕事にてこずってしまって原稿が進まず、
結局はこの1冊のみとなってしまいました(汗)。
5月コミティアの前後で体調を崩してしまいコミティアに出られなかった分
この夏はいくつか出したいところではあったんですが、なかなか思うように手がまわらず、
予告していたものも何かとお待たせしてしまっていて申し訳ありません。
秋以降は『てつもえ』の総集編を含め、いろいろまた出していきたいと思いますので、
いつもお読みいただいている読者のみなさま方には
気長にお待ちいただければ幸いです。

今回もおそらく夏コミの会場内はうだるような暑さかと思いますが
参加されるみなさんは熱中症対策などを万全になさった上で、
今回も楽しいコミケを思いっきり堪能していただければと思います。
私も「虹の卵」のサークルスペースにて、
今回もみなさんにお会いできるのを心より楽しみにしております。


さて、コミケの告知を済ませたところで・・・
久々の日記でもありますので、最近のことなども一つお話したいと思います。

実は、先日こんなものを買ってしまいました(↓)。

IMG_6043.JPG IMG_6051.JPG IMG_6050.JPG

(↑)Bトレインショーティの「JR北海道 はまなすAセット 14系+24系25形(4両)」と
  同じく「JR北海道 はまなすBセット 14系(3両)」

青森から青函トンネルを通って札幌まで結ぶ夜行列車として長年活躍し
今年3月21日にラストランを迎えたJR最後の定期急行列車、急行「はまなす」。
寝台車と座席車で構成され、ドリームカーやカーペットカーなどの改造車両も特徴的で
鉄道マニアのみならず一般の旅行者からも大変人気の列車でもあったんですよね。

で、その「はまなす」号の客車編成・・・、鉄道模型でもNゲージの方では、
すでにかなり前からマイクロエースやKATO(関水金属)の製品が販売されていますが
(思えば私の描いてる『てつもえ』もこれの取り合いの話から始まったんでした(笑))、
今回はデフォルメ(ショーティー化)された鉄道模型であるBトレインショーティの方で
その牽引機関車のED79形電気機関車とともに初めて発売になったということで、
早速(客車の方のみ)購入してみたという次第です。
お値段はAセット・Bセット合わせて、量販店価格でも5千円超・・・(汗)
正直Bトレセットの中ではかなり高めですが、そのへんはマニアの間で人気列車ゆえに
バンダイさんもユーザーの足元を・・・いや需要をよく見てるな〜というところでしょうか(苦笑)。


というわけで、それを早速組み立てて(Nゲージ化して)みたのがこれです(↓)。

IMG_6061.JPG IMG_6063.JPG IMG_6066.JPG

AセットとBセットで、
スハネフ14(寝台車)+オハネ25(寝台車)+スハフ14+オハ14(カーペットカー)
+オハ14(ドリームカー)+オハ14(ドリームカー)+スハフ14
と、増結車を除く「はまなす」の基本編成(7両)が再現できるようになっているんですね。
いや、なかなかいい雰囲気出てますよ。ここは機関車(ED79)もやはり買うべきでしたか(?)。

IMG_6068.JPG IMG_6069.JPG IMG_6056.JPG

テールマークや、寝台車マーク、カーペット車マークものシールも細かく再現されています。
今は姿を消してしまった実車の「はまなす」も思い出されるところですが、
こういう列車、またいつか復活してほしいものだなぁと、つい思っちゃいますね。

ちなみに今回のNゲージ化にあたり、下回りはKATOの小型車両用台車を利用していますが、
このセット、今までのセットでは付属していたはずのNゲージ化用のシャーシ(床板)が
付いていなかったんですよね。
バンダイ製の(別売りの)走行台車への換装であればシャーシは不要なので、
これもバンダイさんが「Nゲージ化するんなら、他社のじゃなくてうちのパーツ使えよ」と
暗に言っているんでしょうけど(苦笑)・・・私はKATOの台車の方が好きなので、
今回も他の車種の余剰パーツのシャーシを転用して、KATO仕様でNゲージ化させてもらいました。
そのへんをカスタマイズしやすいのもこのBトレインの楽しいところでもありますかね。


・・・って、いきなりマニアックな話ばかりですみません(笑)。
今回の新刊『てつもえM』にもいろいろ鉄分(?)入っておりますが、
本の方は、鉄道に特に興味の無い読者様向けにも、
なるべくわかりやすく、楽しいものにするよう努力しておりますので
かさねがさね、今後とも「虹の卵」の作品をよろしくお願いします(笑)。
posted by 松風あおば at 19:36| 告知

2016年06月13日

コミックマーケット90参加のお知らせ

コミケ90.png

夏コミの抽選結果って、すでに出ていたんですね。
またしても周囲からの報告で気が付く始末・・・(汗)。
いや、このところは来月に横浜スタジアムで開催されるプロ野球オールスターゲーム第2戦の
ベイスターズファンクラブ会員枠チケットの先行抽選の結果ばかり気にしていて
(結局こっちは落ちました(悲))、
夏コミの抽選の方はすっかり忘れておりました。

で、その夏コミですが、
当サークルは今回も無事抽選通っております。
今度の夏コミ(コミックマーケット90)の「虹の卵」のスペースは

  8月14日(日) 西地区 と−20b

新刊は『てつもえM』と、他に読み切りの話が1冊出るかと思います。
なお『てつもえ総集編V』の方なんですが、こちらはすみません(汗)・・・当方の都合により、
出品は秋以降に延期させていただくことにしました。何卒ご了承ください。

2年続けて5月のコミティアに参加できず、
今回も前年の冬コミ以来半年以上ぶりの参加になってしまいますが
今年の夏コミも猛暑に負けずに頑張って参加したいと思っておりますので
この夏もまたサークルスペースにて、みなさんとお会いできるのを楽しみにしております。
今回も何卒よろしくお願いします。



さて、コミケの抽選結果だけでも面白くないので、ここは近況報告など・・・

私・松風は、このところは体調なども良くなり、原稿描きの方も復活させておりますが
それとは別に、最近ちょっとばかり片手間ながら自分の中でハマっていることがあります。
それは・・・

IMG_5160.JPG IMG_5161.JPG

IMG_5163.JPG IMG_5164.JPG
(↑)デザート作り
  (写真は夏みかんゼリーと、ヨーグルトババロアを作っている途中の物)

・・・といっても、大したものを作ってるわけでもないんですけどね。

きっかけは、賞味期限の切れたばかりの牛乳がほぼ1本分残っていたことや
よそ様から頂いた(とても酸っぱくてそのまま食べるにはちょいつらい)夏みかんがたくさんあった
といったことにあったんですが、
これらを美味しく一気に消費するためにどうすればよいか? ということを考えた末、
これらを使ったデザートでも作ってみよう、ということになったんですね。

はじめは「フルーチェ」とか市販のデザート商品から始まったものの
やっているうちにだんだん面白くなってきたというか、もうちょっといろいろ試してみたくなり、
やがてゼラチンや寒天、甘味料、ヨーグルトの種菌なども買い足して
自分なりのものもいろいろ作るようになった、という次第でして、
まだまだ試行錯誤の連続ながら、そこそこ食べられる(?)ものは出来ているというところでしょうか?
自分なりに「これだ」という完成品ができた時は、またこの日記でも改めて紹介したいと思いますが、
いろいろ創意工夫が試されるデザート作りの世界・・・やればやるほど奥が深そうです

でも、そんなデザート作りを始めてみて一つ気づいたのは・・・
砂糖などをそこそこの量入れたつもりでも、意外と甘さが足りないと思うことが多いことなんですよね。
特に冷やして食べるものというのは、味覚としての甘さを感じにくくなる傾向が強いようで
かなりの量の砂糖を加えないと「甘い」とは感じられないものなんだというのは
実際自分で作ってみるとよくわかります。
・・・となると、普通に冷やして食べて普通に甘いと感じる市販のデザートというのは
一体どれだけの糖分を含んでいるのやら? と、ちょっとばかり空恐ろしくなったりもするんですけど(汗)
やはり自分でトライしてみることで、肌で知ること、実感することってあるな〜って
改めて思いますね。


・・・という、私には似つかわしくない(?)お菓子作りのお話でしたが
コミケ参加も決まったということで、この先はやはり
同人誌の原稿作りの方に重きを置きたいと思います。ハイ。
posted by 松風あおば at 01:58| 告知

2016年04月29日

5月コミティア(COMITIA116)欠席します

またもごぶさたしています。
桜の季節が過ぎ、新年度が始まって1ヶ月・・・
2016年もついにゴールデンウイークがやってきました。

さて、GWといえば同人イベント。
うち(虹の卵)も、例年のごとく今回も5月コミティアに参加予定ということで
準備も大詰めに入り、今回はそのご案内・・・と言いたいところだったんですが
大変申し訳ありません。
今回の5月コミティア(COMITIA116)なんですが、
当サークル「虹の卵」は残念ながら欠席させていただくことになりました。

というのは、今月半ばに入ってからの私・松風の方が散々で・・・
風邪でぶっ倒れて寝込んだり、目の痛みに襲われて眼科に行ったり、
虫歯治療で詰めてたところが取れて歯医者通いが始まったりと、
原稿追い込み期にもかかわらず、健康面でいろいろ災難続きだったんですね。
今回予定していた新刊(『てつもえM』)の制作も中断せざるを得ず
(結構完成間近まではいってます)
今回は出せるのが既刊のみになってしまったというのもあるんですけど、
実は今もなお体調が優れない状態が続いてまして
思い切ってこのGWのイベント参加は諦めて
静養させてもらうことにしたという次第です。

参加を告知して申し込みをしていたにもかかわらず不参加ということで
みなさまにご迷惑をおかけしてしまうことになり、心苦しい限りなんですが
何卒ご容赦いただきたくお願いします。
なお、今回予定していた新刊(『てつもえM』)と『てつもえ総集編V』は
次の夏コミ(コミックマーケット90)にてまとめて出品予定ですので
(コミケの抽選で落ちないよういつも以上に祈るばかりなんですが)
今しばらくお待ちください。


また、今月は熊本大地震により、九州は熊本・大分などで甚大な被害が発生し、
今なお余震が続く中、避難生活を余儀なくされている方も多いとのとのことで、
被災された九州のみなさまには心よりお見舞い申し上げます。
私自身が体調を崩して精神的にも弱っていた時期でもあったんですが
TVなどで報道される被災地の様子は、被災者ではない私にも
メンタル面でかなりのショックとダメージを与えるものでした。
一日も早く地震活動が収まり、現地の復興がスムーズに進むことを祈るばかりです。

そういえば、2011年の東日本大震災の直後も
申込みしてた5月のコミティアを欠席したのを記憶しているんですが
奇しくもその時の私自身の状況も今の状況と似ていたんですね。
地震災害のサイクルと自分自身の心身の調子がもしかして連動しているのか?
とか思えたりもしましたけど、なんだかんだと自然災害の多い日本・・・
今後の発生が予想されている南海トラフ地震や首都圏直下地震などの
巨大地震の話もあちこちでされているところながら
正直、大きな地震はもう勘弁して〜(泣)というのが本音ですよね。
日々平穏に暮らせていることに改めて感謝の念がこみ上げてくる今日この頃・・・、
天運に身をゆだねつつも、自分としてはまずは体調を万全にした上で
同人活動を楽しく続けていられる日々の幸せを噛みしめながら
次のコミケに向けてまた頑張りたいと思いますので、
今後とも「虹の卵」をよろしくお願いします。


サボっていた当日記も、また少しずついろいろ綴っていきますので
こちらも今後ともよろしくお願いします。
posted by 松風あおば at 18:57| 告知

2015年12月28日

コミックマーケット89参加します。

早いもので2015年も年の瀬が押し迫ってまいりましたね。
毎年のことでもあるんですが、この師走は仕事やら原稿やらで死ぬほど多忙だったため、
この日記の更新もほぼ1ヶ月ぶりになってしまいました。

そしていよいよ、今年も最後を締めくくる冬コミ(コミックマーケット89)
ということで、かなり遅くなってしまいましたが、
ここで改めて当サークル「虹の卵」の冬コミ参加情報をお知らせしたいと思います。

当サークル「虹の卵」のスペースは、
3日目・31日(木)

 東2ホール S−43b

C89 サークルカット.jpg

今回の新刊は
『てつもえ 番外編〜鉄妹の憂鬱〜』という、いつもの『てつもえ』シリーズの番外話となります。
いつもより鉄分(鉄道ネタ)薄め(?)の趣向の違う話ですが、本編にもつながっている話なので
いつも『てつもえ』をお読みいただいているみなさんにはぜひともご覧いただきたいところです。

今回もサークル席にてみなさまのお越しを心よりお待ちしております。


12月はいつもジタバタしてしまう私なんですけど、
前回参加の秋コミティアから冬コミまでの期間というのが1月半ほどしかなく、
しかも年末の多忙な時期に重なるため、新刊作りのスケジュールとしては
かなりタイトなものになってしまったのは否めないところで
その日々の原稿描きも予想通り(?)バタバタしておりました。
ただ、今年のこの時期は、真夜中に原稿を描いていて、
「本当にこれって冬コミ合わせに描いてるんだよな?」と自問自答してしまうくらい
例年にない不思議な感覚にとらわれたりすることが多々あったんですよね。
というのは、私の部屋・・・この時期にしては珍しく温かく、暖房の入っていない日が多かったんですよ。
このところは実際に平年よりも気温が高めの日が多かったようで
TVの気象予報士の人も「この冬はエルニーニョ現象の影響もあって世界的に気温高め」みたいなことを
言っていましたが、やはり地球規模での温暖化も急速に進行しているのかもしれません。
暖冬だと電気代は安く済みそう・・・とは思うものの、冬らしい寒さの無い冬というのは、
いささか物足りなさを感じてしまうというか、素人ながらに
グローバルな環境問題としていろいろな弊害が出てくるのでは?とも思えてしまうので、
やはりこの先の冬は「そこそこ冬らしく寒くあってほしい」というところでしょうか。
この先のコミケ期間、またお正月あたりは寒いのか?暖かいのか?
まだわかりませんが、ひとまず風邪など引かないよう、みなさんもお気を付けて
コミケを楽しみ、そして良いお年をお迎えください。


さて、久しぶりの日記なので、
ここは身近なものの写真でも載せるか・・・ということで、今回はこんなものを撮ってみました(↓)。

IMG_4496.JPG IMG_4497.JPG

サボテンです。って、見ればわかるかと思いますが
このサボテン、実は私が小学生の時に自分で花屋さんで購入したもので
すでにかなりの年齢のものなんですよね。
この時は自分のお小遣いをはたいてまで何故このサボテンを買おうと思ったのか?・・・
その動機は今では全く覚えていないんですが、その時の花屋さんのおじさんが
おつりを50円おまけしてくれたのはよく覚えています(笑)。
最初はとても小さな植木鉢にちんまりと収まっていたもので、
しばらくは特に大きくなる気配すら無かったんですが、いつしか花をつけるようになり
横からコブが出てきたりもして、そんな様子を見守り続けること〇〇年・・・
今ではかなりの大きさに成長しております。
冬になると毎年根元の方がしぼんできて黒ずみ、枯れちゃったのか?と思ったりもするんですが、
これが全然大丈夫でして、春頃になるとまた生き生きしてくるんですよね
(冬の間は水はあまり与えてはいけません)。
もともと熱帯の乾燥地帯などに自生している植物で、寒さに弱いイメージもあるんですけど
雨季と乾季、寒暖の差が激しい砂漠地帯を生き抜いているこの植物は想像以上にたくましく、
置かれた環境に順応しながら成長できる強い生命力を秘めているようで
見ているとこちらも元気をもらえるような気がしてきます。

一般的にあまり季節感を感じる植物ではないかと思いますが、
長く見ているとやはり四季それぞれの変化がありまして、
この冬の根元がややしぼんだみすぼらしい状態は
逆にサボテンの奥底にある生命力を感じる姿でもあるんですね。
これをしばし眺めて、今回もコミケの前にいろいろ元気をもらっておこうかと思います(笑)。
posted by 松風あおば at 23:13| 告知

2015年10月29日

COMITIA114参加のお知らせ

早いもので10月も終わりに近づいてきていますね。

「1週間に1回くらいは更新しよう」と
私自身とりあえずの目標を立てていたこちらの日記だったんですが
前回の書き込みから・・・ずいぶん長い1週間だな(汗)と
自分で突っ込みを入れたくなるくらい間をおいてしまいました。
私もこの秋は例年以上にいろいろと慌ただしかったりしていたのですが
久々のこちらの日記には何を書こうか?というところで、よく考えたら
来月参加の秋コミティア(COMITIA114 11月15日(日)・東京ビッグサイト東2・3ホール)の
告知を全くしていないことに気付いてしまいましたので
遅ればせながらここでお知らせしたいと思います。

今年の秋コミティアはなにやら募集サークル数に対し申込サークルが大変多かったらしく
久々に抽選になったとかで、結果400サークル近くが落選したとのことですけど
おかげさまでうちは何とかその抽選も通って参加できることとなりました。
その「虹の卵」のスペースは

  し02a

今回の新刊は、昨年冬以来となります『てつもえ』の続きの『てつもえL』です。

comitia114.jpg

今回のコミティアは申込サークルが多かった分、
一つでも落選サークルを減らすべくコミティアの実行委員会さんもかなり努力していたようですが
会場の座席配置図を見ると、思った通り(?)
いつも以上にサークルスペースや通路が狭そうでかなりキツキツな感じなんですよね。
当日の会場はかなりごちゃごちゃしそうな気がしますので
一般参加されるみなさんにおかれましても、会場内の移動が不自由だったり
いつも以上に何かと大変なコミティアになってしまうかもしれませんが、
うちとしては久々のコミティアへのサークル参加ということもありまして、
サークル席でみなさんとお会いできるのを心より楽しみにしております。


そんなこんなで、
今はそのコミティアに向けて原稿の仕上げ作業に入っているところだったりしますが・・・
ここ最近、私の家では一つのある悩み事がありまして、
その対応に苦慮していたりするところでもあるんですね。
その我が家を悩ませるものとは・・・

nezumi.jpg
(↑)ネズミ(クマネズミという種類の小さいネズミです。)

去年くらいから我が家の天井裏や壁の中にネズミが入り込むようになって
最近はその数が増えているのか、やたらガタゴトうるさくなってきました。
壁の中の断熱材などをむしばんでいるようで、衛生的にもさすがによろしくないので
ネズミの進入口と思われる縁の下のあたりにネズミの忌避剤などを撒いたりもしているのですが
効果があまり長続きしないんですよ。
こうなったらやはり捕獲するのが一番・・・ということで、捕獲グッズもいろいろ調べたりしているのですが
ネズミ捕りの粘着シートは間違って人が踏んだりすると後が大変らしく、
また箱状・檻状になっているトラップグッズも
「ネズミがかかったら水を流し込んで溺死させて捨ててね」
みたいな説明書きがさらっと書いてあって(汗)、なんかいまいち使う気が起こらないんですよね。
たまにうちの飼い猫のチビタが庭で捕えてくれたりすることもあるんですけど、
捕えたネズミを得意げにくわえて家の中に持ち込むのやめて〜(泣)というところで、
結局抜本的な解決法が見当たらないままという次第なんですが・・・
どなたかいい対処方法があったら教えてください。


そういえば、
そろそろ冬コミ(コミックマーケット89)の抽選結果も出る頃なんでしたっけ?
コミケの方もここ最近は落選が無いんで、もしかしてそろそろかも・・・と
不吉な予感とか漏らしてどうするんだというところですけど、
こちらの参加情報についても当落が判明次第、またお知らせ致します。
posted by 松風あおば at 03:11| 告知

2015年08月09日

コミックマーケット88参加します & 酷暑の夏2015近況

IMG_4090.JPG

暑い〜・・・いや、ほんとに暑い(汗)。
このところは連日のように「猛暑日」というニュース見出しが飛び交っていますが、
日本の夏ってこんなに暑かったかいな?とつい思ってしまう今日この頃・・・
外を歩いているだけで汗が吹きこぼれ、体力が吸い上げられていくのを感じ、
何もする気がしなくなってしまうような酷暑の中で、この日記も1か月近く
サボってしまいましたが、みなさんはこの夏いかがお過ごしでしょうか?

さて8月に入り、いよいよ今年も真夏の祭典・夏コミ(コミックマーケット88)が
近づいてまいりましたので、まずはそのお知らせから・・・。

今年は5月イベントを休業してしまいました当サークル「虹の卵」ですが
この夏コミ以降はまた元気に復活します。
今回の夏コミもいつもの「創作少年」ジャンル、
3日目・16日(日)の参加で「虹の卵」のスペースは

 西2ホール か−37a

今回の新刊は、『にこ巫女ヒミコちゃん 其ノ九』。箱根編の3話目になります。
奇しくも箱根が噴火警戒レベルが上がって観光客が減っているという夏に
ちょっと皮肉な感じもするんですが(苦笑)。

今年は5月イベントに参加しなかった分、夏は新刊2冊を当初目指していたのですが
やはり時間はあっても2冊並行作成となるといろいろ煩雑になり、
またサークル席のスペースの問題などもあるため、
結局はこの『ヒミコ』1冊のみとさせていただくことにしました。
今年は、秋のコミティア(COMITIA114)にもサークル参加することにしましたので、
『てつもえ』の続きの方はここから再スタートさせていただく予定です。
また、今後はこれまでよりもイベントへの参加頻度を若干増やしていく予定でして
原則その都度何らかの新刊を出したいと考えておりますので、
今後とも引き続きサークル『虹の卵』をよろしくお願い致します。

今回もサークル席にてみなさまのお越しを心よりお待ちしております。


さて、このところはこの日記もサボり気味、ということで
このところの近況報告(?)も兼ねて、ちょろっと最近のお話でもしたいと思います。


『少女は書架の海で眠る』抽選プレゼント色紙

これは先月のお話なんですが、いつもクジ運の無い私としては珍しく
「抽選プレゼント」が当たった〜(悦)というお話。

アニメ化もされた『狼と香辛料』シリーズなどで知られるライトノベル作家・支倉凍砂氏の作品
『マグダラで眠れ』のスピンオフ作品に『少女は書架の海で眠る』という作品があります。
スピンオフといっても、『マグダラ』本編とは世界観を共通しているのみで
本編ストーリーとの接点は全く無い、実質独立した1つのお話と考えてもいいものなんですが、
この『少女は書架の海で眠る』、昨年の夏から月刊誌の『電撃大王』にて
コミカライズ作品が連載されていたんですね。そのコミカライズの作画を担当したのは、
(以前もここで話題にさせてもらったことがあったかもしれませんが)
私・松風あおばとは「松風」つながり(?)の上ちょっとだけご縁もある松風水蓮氏。
萌え漫画誌『電撃大王」の中にあって、少女漫画調の優しいタッチが個性として光る
松風先生の作風なんですが、この作品の1巻の単行本と原作ライトノベル
(こちらの挿絵も松風先生が担当しています)の帯にある応募券をハガキに貼って送ると
抽選で直筆サインの色紙が当たるというキャンペーンがありまして、私も応募してみたところ、
なんと・・・幸運にも(?)当選することができまして、先月その色紙が私の手元に届いたんですね。
その色紙というのがこれ(↓)。

IMG_4096.JPG IMG_4098.JPG

本を抱えて、微笑みかけるヒロインのクレア。いや〜かわいらしく美しいですね。
早速自分の部屋に飾らせてもらっていますが、部屋にいると時々このクレアと目が合います。
私自身、夏コミ新刊の仕上げに入っていた時期だったんですが
サボり気味にだらだらやっていると、時々クレアの視線に怒られそうな気がしてきまして
おかげで今回は原稿の終盤ははかどりましたね(笑)。

書籍商を目指す本好きの少年フィルが仕事の同僚のジャドとともに
(かなり変な人の)異端審問官のアブレアを連れて訪れた閉ざされた修道院。
そこで出会ったのは貴族の娘だった少女クレアと、
その父が彼女とともに修道院に託した二千冊もの蔵書だった。
たった一人で修道院を守りつつもどこかその本を憎む少女だったが、
その本に込められた真の意味とは・・・?
ファンタジックな世界観ながら、特に冒険活劇的な大きな展開があるわけではなく
ストーリー的にはやや地味さも否めないものの、
その場面、その言葉のところどころに深い意味を感じる
ちょっと大人向けの作品(?)といったところでしょうか。
とってもいいお話ですので、お読みになっていない方はぜひとも
コミック、ライトノベルいずれか一つでもお読みになってみることをお奨めしたいです。
『電撃大王』の連載の方は先月号で最終回を迎え、コミック単行本の2巻は10月頃発売とのことです。


大陽出版渋谷営業所

さて、今回も新刊の原稿が仕上がったので、
いつもお世話になっている同人誌印刷会社の大陽出版鰍ウんの渋谷営業所に早速入稿へ向かいました。
今やFTP入稿(オンライン入稿)も普及し、私のような直接入稿するアナログ人間は
おそらく減っているのだろうと思われるところですが、
やはり完成した作品を入稿しに行くときの気持ちというのはいつも
なんとも充実感に満ちていて清々しいものです。
そんな私をこの10年、イベント直前ごとに受け入れてきてくれたのが
この大陽出版さんの渋谷営業所・・・だったんですが、今回も営業所に訪れ
入稿の手続きを済ませて帰ろうとした時、ふと目に入った貼り紙の内容にビックリ・・・(汗)。
なんと大陽出版さん(本社工場は豊橋)、
このたび東京の営業所を秋葉原営業所1店に統合することになったそうで、
今月いっぱいを持って、この渋谷営業所は営業終了とのこと(↓)。

taiyou_shibuya.PNG

いや〜・・・なにげにショックです、これ。
私の場合、自宅から電車1本で入稿に来れる便利さがあったからというのもあるんですけど、
ある意味ここ10年の私の同人活動の舞台だったスポットが一つ消えてしまうという
なにか鉄道が廃線になるときのような(?)ノスタルジックな感覚すら覚えましたよ。
渋谷駅を出てセンター街を突っ切って、立ち食いそば屋(富士そば)の脇から入る
お世辞にもきれいとは言えない(ドブネズミをよく見かける)路地にある
薄暗いビルの3Fにあった大陽出版渋谷営業所・・・なんですけど
もうここへ来ることは無くなるのかと思うと、帰り際なんとも寂しさがこみ上げてきました。
今後お世話になるであろう秋葉原営業所の方もさして遠くもなく、
私のようなヲタにはむしろ入稿帰りにいろいろ楽しめそうな感じ(?)でもあるんですけど、
思わぬ一つの時代の終わりを感じさせる出来事に、
つい感傷に浸ってしまった真夏の炎天下の渋谷での出来事でした。

とにもかくにも、
ここ10年お世話になった大陽出版渋谷営業所さんとそのスタッフのみなさまには
「長らくありがとう、お疲れさまでした」と心より申し上げたいですね。


というわけで、日記の方もまたこんな感じにいろいろ書いていきたいと思いますので、
今後ともよろしくお願いします。

それにしても、やっぱりこの異様な暑さ・・・
5年後のオリンピックはこの暑さの中で本当にやるんですか?という気もしますけど、
まずは今年もコミケ会場は大丈夫かいな?という不安がよぎりますね。
みなさんも、くれぐれも体調にお気を付けて
コミケに参加する方は熱中症対策を十分になさってお越しになってください。
posted by 松風あおば at 15:33| 告知

2015年06月13日

コミックマーケット88参加のお知らせ

夏コミの当落発表って昨日だったんですね・・・(汗)。

当サークルは無事今回も抽選通りまして、参加できることになりました。
今度の夏コミの「虹の卵」のスペースは

  8月16日(日) 西地区 か−37a

とのです。
今回は「創作少年」「創作少女」ともに3日目(日)の西ホールなんですね。

今年は5月イベントをお休みしてしまったため
うちとしては半年ぶりのサークル参加になってしまいますが、
今年の夏もサークルスペースにて、元気でみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。



さて、こちらのブログの方も
前回の続き(千葉ロッテマリーンズ vs 横浜DeNAベイスターズの応援観戦記)を書いているところ
だったんですが・・・そのわが横浜DeNAベイスターズが今月に入ってから
何かに呪われたかのように(?)弱くなってしまい、このところは連戦連敗(悲)。
昨日(6月12日)の試合が終わった時点でなんと8連敗ですよ・・・(泣)。
つい1月ほど前(交流戦前)は、まさに絶好調〜♪というほど強くて、
「このままではCS進出どころか、優勝してまう♪」とか浮かれてたんですけど・・・。
この交流戦でのまさかの大失速に、こっちのモチベーションも今や落ちまくりでして、
なんかもう、どうでもよくなってきちゃった・・・って感じで
コミケの当落発表のことなどすっかり忘れておりました(汗)。

というわけで、夏に向けて原稿も頑張んなきゃいけないとこなんですけど・・・
モチベーション向上のためにも、ベイスターズよ、そろそろいい加減勝ってくれぃ。

bay_renpai.png
posted by 松風あおば at 16:33| 告知

2015年03月27日

5月GWイベント 不参加のお知らせ

IMG_3434.JPG IMG_3431.JPG
(↑)今年の我が家のヒガンザクラです。

3月も終わりに近づいて、
今年もいよいよ桜の便りも聞こえてくる時期となりましたが、
私、不覚にも重要なことを告知するのをすっかり忘れてしまっておりました(汗)。

例年なら、次のサークル「虹の卵」のイベント参加は
5月のゴールデンウイークのイベントとなる予定で、
前回の冬コミの「にじたま通信」でも、
次回のサークル参加は2015年5月4日の「Little“T”Star! 6」と
5月5日の「COMITIA112」という予定をお知らせしていたのですが
・・・大変申し訳ありません(汗)。
実は今年のGWイベントは、いずれも申込みを見送らせていただきまして、
不参加とさせていただくことになりました。

というのは、私自身が今年1月から2月にかけて風邪をこじらせてしまい、
その後もしばらく、なんとなく体調が悪い状態が続き、
上記の両イベントの参加申し込みの締め切りの直前になっても
身体が十分に回復しきっておらず、この時点では
同人活動を再開できる見通しが立たなかったといいますか、
この先の作品作りとイベント参加準備を順調に進められるだけの
体力の自信が無かったため、いろいろ考えた末に
今回の5月のイベントはやはり休養させていただくことにした次第です。

その後は身体も回復し、元気ハツラツに戻ったので
後になって2つのイベントとも参加申込みを見送ってしまったことに
ちょっと後悔したりもしたんですが、それも後の祭り・・・ということで、
とりあえず今回はお休みさせていただいて、
私自身しばらくは作品作りに集中することにしたいと考えております。
次の夏コミには5月に刊行予定だった作品も含めて
まとめて複数冊を新刊として発表したいと考えておりますので、
いつも作品をご覧いただいている読者のみなさまにはご迷惑をおかけして恐縮ながら、
何卒ご理解の上、今しばらくお待ちいただきたくお願い申し上げます。

告知も遅くなってしまい、大変失礼してしまいましたが
今後ともサークル「虹の卵」をよろしくお願い致します。



さて、明日、明後日(3月28日・29日)は幕張メッセにて
「オタクサミット2015」と銘打ったコミケットスペシャルが開催されますね。
小規模ながら、因縁の幕張メッセで開かれるコミケ。
ここをご覧の方でサークル参加される方もいらっしゃるかと思いますが、
私もちょっとばかり一般参加してこようかと思います。
posted by 松風あおば at 23:58| 告知

2015年01月12日

サークル「虹の卵」〜個人サークル化のお知らせ・訂正 & 竹鶴17年ピュアモルト

お正月も過ぎ、2015年もいよいよ本格始動〜・・・というところなんですが、
すみません、先日(1/2)の新年最初の宣誓みたいに書いた
「サークル「虹の卵」〜個人サークル化のお知らせ」につきまして、
ここでお詫びとともに少々申し上げることがありまして・・・。
この告知、実のところ後半のあたりが
私の心の中の悪い冗談というか悲観的妄想があまりに強すぎて(汗)
広く誤解を与えかねない内容でもあったので、ここでちょろっと訂正させていただきます。

今後の「虹の卵」が、松風作品のみを扱うサークルになるという意味で
「松風あおばの個人サークル」化するというのは、その通りの意味なんですが
その後に続く「そして「虹の卵」ブースから松風以外誰もいなくなった・・・」みたいな話は
大半が私が頭の中で勝手にイメージしてた最悪の場合のシュミレーションでして、
「思えばこれまではいろいろな人に支えられてきたが、
みんな自分のサークルも持ってることだし、個人サークル化したからには
今後はにじたまの運営全体もなるべく一人でこなせるようにならねば・・・」
というちょっとした決意だったはずが、
いつしか自分の中のイメージがネガティブに膨張してしまい
「そして誰もいなくなった・・・生きねば・・・」みたいな、
悲壮な決意文のような感じに書いてしまっていました(苦笑)。

その後水瀬から
「あたしゃ、自分の作品出さなくなるだけでにじたまブースから離れるとはいっとらんわ、ボケェ!
ついでにそこまで『ゆゆ式』廃人じゃないわ、ボケェ(怒)」
・・・と、こっぴどく叱られまして、今はやっと我に返ってるところなんですが、
とりあえず、今後の「虹の卵」ブースは松風作品のみの扱いとなるものの、
人的陣容としてはほぼこれまで通りでやっていけそうですということで、
遅ればせながらそのあたり訂正させていただきます。ハイ(汗)。
新年早々、サークル内部での意思疎通が全然かみ合っていない醜態を晒してしまい
大変失礼致しましたが、悪い夢から覚めたところで(?)
改めて今年2015年も頑張っていこうと決意しているところです。
かさねがさね今年もよろしくお願いします。



さて、年明けの1月というのも
年末ほどではないにしてもそこそこ忙しいもんでして、あっという間に半ばに入っているんですが
つい先日、仕事の相手先の方からお年賀のご挨拶に
なにやら上等なお酒をいただいてしまいました(↓)。

IMG_3200.JPG
 ♪麦は泣き、麦は咲き、明日(あした)へ育っていく〜

ウイスキーです。
ニッカウヰスキーの「竹鶴17年ピュアモルト」。・・・17年物ですよ、いくらするんだこれ?(笑)

IMG_3201.JPG IMG_3205.JPG

「竹鶴」というのは、ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝の名からとっらもの。
この人物・・・現在放映中のNHKの朝ドラ『マッサン』の主人公のモデルとなった人ということで
今は何かと話題に上がる人物なんですが、スコットランド人の妻とともに
国産のウイスキーを造ることに生涯をかけた「日本のウイスキーの父」と呼ばれている人なんですね。

その朝ドラの『マッサン』もなにげにずっと観ている私・・・
主人公・亀山政春の妻・エリーは朝ドラ初の外国人ヒロインで
その役者さん(シャーロット・ケイト・フォックス)のかわいさとタフな演技ぶりにも注目してるところなんですけど、
中島みゆきの主題歌がまさに似合う(?)ドラマのストーリ―の軸となっている
その国産ウイスキー造りの道のりの険しさにもやはり興味を惹かれます。

大正時代、ウイスキー造りに情熱を燃やす一人の青年(造り酒屋の息子)が単身スコットランドへ渡り、
そこで出会ったスコットランド人の女性と半ば駆け落ち状態で国際結婚をし、
国産のウイスキー造りの夢を抱いて日本に帰国するところから物語が始まるものの、
スコットランド留学をさせてくれた最初の会社では資金面からウイスキー造りを断念せざるを得ず、
その後紆余曲折を経てウイスキー造りに着手していた鴨居商店(現在の「サントリー」の前身の会社がモデル)で
山崎の工場長を任されてついに国産初のウイスキーを完成させるも、日本人にはほとんど売れず・・・、
しかし、その営業活動で立ち寄った北海道の余市の地に新しいウイスキー造りの可能性を見出し・・・
とドラマは今も展開中なんですが、
史実ではその後独立した主人公が余市で新会社を設立し、
それが後の日本を代表するウイスキー会社「ニッカウヰスキー」となるはずでして
この先もどんなストーリーが繰り広げられるのか楽しみなところだったりします。

その「ウイスキーの父」と言われたニッカウヰスキーの創業者から受け継いだ
伝統的な技法で作り上げているという今のウイスキーの一つがこの「竹鶴」・・・というわけなんですが、
早速ロックで飲んでみました(↓)。

IMG_3203.JPG IMG_3204.JPG

美しい琥珀色で、なんとも不思議に香ばしくもまろやかな香りが漂います。
一口口に含むと思わずむせるような強さではあるものの、これがまた・・・
長年樽の中で育まれた実に円熟な味といいますか、実に奥深い余韻が広がります。
(アルコールがかなり強いですので、お酒に弱い人は始めから水割りやハイボールにするか
口直しのチェイサー(水・炭酸水など)を用意して飲まれることをお奨めします。)

そもそも「ウイスキー」というのは、日本の酒税法(3条15号)では
「発芽させた穀類及び水を原料として糖化させて発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの」
と定義されるものですが、一般には大麦の麦汁を主原料とする蒸留酒(モルトウイスキー)が主流で
その歴史は12世紀以前まで遡ると言われています。日本のウイスキーの父・竹鶴がその技法を学んだ
スコットランドの「スコッチ・ウイスキー」は、18世紀にスコットランドがイングランドに併合された後に
課された厳しい酒税から逃れるために作られた密造酒を樽に詰めて隠していたところ
長期間樽の中に入れられた酒が「琥珀色をした芳醇でまろやかな香味をもつ液体」へと変貌を遂げることがわかり、
それ以後蒸留したウイスキーを樽の中で熟成させる工程が製造法に加わることとなって完成したものだそうで、
その歴史そのものにも面白いものを感じるんですが、
麦芽を乾燥させる際に燃焼させる泥炭(ピート)に由来するこの煙のような香り(スモーキーフレーバー)も
この酒の大きな特徴だそうで、その一つ一つの要素に奥深いものを感じます。
山崎で造られた初期のウイスキーがなかなか売れなかったのは、
当時の日本人がこの独特な香りや味わいに全く慣れていなかったから、とも言われていますが、
日本酒の風味に慣らされてきた日本人がこれを受け入れるようになるまでには
確かにちょっと時間を要したかもしれない・・・と、
まさにこれを飲んでいる今の日本人である私も少し思いました。


ともあれ、なかなか普段は飲むことのできない高級ウイスキー・・・
新年から味わえるのはなんとも幸せですね。
高級酒は何かお祝い事とか特別な時に開けるという話もよく聞くものの
平凡な日々を謳歌している自分(?)としては酒にあまりそういう意味を持たせることもなく・・・
とりあえず、今回も冬コミが無事終わったこと、今年も平穏な新年を迎えられたこと、
あとは・・・正月の箱根駅伝でわが母校が大健闘したことでも思い出して(?)
冬の静かな夜の酒に、もう一口たしなみたいと思います(笑)。
posted by 松風あおば at 15:00| 告知

2015年01月02日

サークル「虹の卵」〜個人サークル化のお知らせ

今年の活動を始めるにあたりまして
ちょっと一つ宣言しておかなければならないことがありますので
ここで告知させていただきます。
先日の冬コミの「にじたま通信」でも申し上げたことではあるんですが
今年より当サークル「虹の卵」は私・松風あおばの個人サークルとなります。

このブログの流れなどを見る限りでは
「え?今までもそうだったんじゃないの?」と思われる方も多いかとも思いますが、
この数年はイベントのサークル席では3代目相方の水瀬雅美とともに、
それぞれの同ジャンルの製作本(鉄道創作本など)を出展する形態でおりました
(詳しくは「works(にじたまわーくす)ページなどもご覧ください)。
しかしながら、それぞれの作る作品が冊数を重ねるうちに
1サークル2作家でイベントの1ブースに共同出展するのは
さすがに展示スペース的に無理が生じ始めたこと、また
水瀬自身すでに独立サークル「LavenderBlue」を運営し二次創作中心に移行していて、
両者の活動の方向性がかなり違うものになってしまったこと、などの傾向が
このところますます顕著になってきておりまして、さすがにこれ以上
共同出展するメリットを見出せなくなってしまった感が否めなくなってきたため、
今年から(事実上先日の冬コミから)は両者の活動を明確に区分することにしまして
当「虹の卵」の方は私・松風の個人サークル・・・すなわち松風作品のみを扱うサークルと
させていただくこととしました。

今後は水瀬サイドの作品を「虹の卵」のスペースで出展することは原則なくなり、
これまで「虹の卵」のサークル名で刊行していた彼女の一次作品も
今後はサークル「LavenderBlue」での取り扱いとなりますのでご了承ください。
水瀬のサークル「LavenderBlue」とは、これからも共通するコミティアやLTSなどの
イベント参加時に合体申込み・参加するなど、一部の協力関係は維持する予定でおります。


で、今後のイベントでの「虹の卵」ブースがどうなるかといいますと・・・
机の上は松風作品のみとなるというのはすでに申し上げた通りですが
実は売り子勢にも影響が出ます。
実は水瀬のみならず、これまで売り子として手伝ってくれていた茶藤ももも
自身の評論サークル(「プロジェクトH&A」)の活動が忙しくなってきたことで
こちらの売り子まではなかなか頼めなくなってきてしまい、
今後はこちらの現場からはほぼ離れることになってしまいそうなんですよ(汗)。
水瀬の方は「作品はにじたまから出さなくなっても手伝いはするよ〜」と
言ってくれてはいるんですが、実際のところ
最近の水瀬は脳の8〜9割ほどが「ゆゆ式大好き〜」になってしまい(?)
寝ても覚めても『ゆゆ式』の人になってしまっていて、そちら方面の交友関係も広がり、
二次創作も絶好調なようでやたらテンションが高く(笑)、そんなノリノリの人に
うちみたいな地味な一次創作サークルの世話までしろというのも酷な気もしますので
結局のところ、今後の「にじたま」の運営(作品作り〜イベントへの参加)は
やはり私・松風一人だけで担うことになっていきそうな気配なんですよね。

今後は私・松風自身、サークル席を一人で切り盛りする覚悟でおりますが、
実際一人参加の場合は、時々「不在時間」ができてしまうかもしれないこと、
スケブの取り扱いは「郵送でのお渡し」か「次回参加時のお渡し」が原則となること
などの制約ができてしまうと思いますので、心苦しい限りながら、
そのあたりご了承いただきたいと思います。


・・・って、
「別に一人で全てをやっている「個人サークル」なんて今どき珍しくも無かろう、
そんな「覚悟」とかいうほどの話か?」と思われる方も多いかと思います。
とはいうものの、
実はうち「虹の卵」は私・松風がメイン描き手として発足しすでに10数年になるものの
これまで松風の「個人サークル」だった時代っていうのは一時期すらなかったんですよ。
人は入れ替わってはいるものの、松風以外にいつも誰かしらの「相方」+「お手伝い」の人が
いてくれたもので、常に周囲の人に支えられてここまで来ていたという感が強いんですね。
   ※「相方」というのは、「虹の卵」の下で一緒に創作活動をする人、
    またはこちらの創作活動を直接サポートしてくれる人、
    「お手伝い」というのは、創作活動にはノータッチながら、
    イベント会場での売り子・雑事などを手伝ってくれる人をここでは言っています。

それがここにきて、ついに周りに誰もいなくなる・・・という事態に直面しそうというわけで、
いきなりの「独居老人サークル」化で大丈夫なのか? という不安はよぎるんですが
弱気に甘えたことばかりも言っていられません。
とりあえずここは、「ひとりでできるもん」というところを見せなければ
これまでにじたまを支えてくれた相方・お手伝いの人たちの霊になんと顔向けできようか(?)
というところなので、
今後のことはまだ未知数な部分も多いところながら、とりあえず頑張っていこうということで、
これを年初の誓いとしたいと思います。


みなさまにおかれましては、これからも温かい目で見守っていただければ幸いです。
かさねがさね、今年も「虹の卵」をよろしくお願い致します。
posted by 松風あおば at 17:36| 告知

2014年12月27日

コミックマーケット87参加します

IMG_3166.JPG  
   東の野にかぎろひの立つみえて 
       かえりみすれば月かたぶきぬ


またもごぶさたしてしまいましたが、
早いもので今年2014年も残すところあとわずかになりましたね。

個人的な話ながら、私の方はこの1か月は仕事に原稿にと、
例年の師走以上に多忙を極めてまして、
夜中に遅れている原稿を進めていて、眠気覚ましにふとベランダに出れば
上の写真のように東の空が明るみ始めていた・・・みたいなことが幾度もありまして
自分が好きでやってる趣味とはいえ何故にここまで追い込んでやってるんだ?と
我ながら思いつつも、なんとか体調も崩さずに乗り越えてきました(苦笑)。

あとは今年最後のイベント、冬コミを残すのみ・・・
ということで、ここで最後の参加告知をしておきたいと思います。
今回の「虹の卵」のスペースは

  12月30日(火) 東5ホール ポ−59b

新刊は、鉄オタ女子高生のお話『てつもえ』の続き、『てつもえK』となります。

なお、毎回のごとくサークル席にて配布させていただいていて
前回めでたく(?)60号目を迎えた当サークルのペーパーの「にじたま通信」ですが、
今回の61号からは心機一転リニューアルすることとなり、
今後の号は今までのものとは中身が大分違うものになります。
どう変わるのか?は・・・とりあえず、見てのお楽しみということで、
今回もみなさまのお越しを心よりお待ちしております。



さて、年の瀬も押し迫って、
日本列島は各地で大雪の被害のニュースが飛び交うなど、
いきなり厳しい冬に突入しているようですが、
私の住んでいる地域周辺では特に大きな気象災害に見舞われるようなこともなく
じわりじわりと冬が来ているといったところでしょうか?

IMG_3156.JPG IMG_3160.JPG

うちの庭の木々も今月の中旬ごろまでは奇麗に葉が色づいて
遅めの紅葉ながらなかなか美しかったんですが、なにぶん多忙を極めていたため
なかなかゆっくりと季節の移ろいを愛でることも出来ぬうちに
いつしか時間が過ぎてしまってたという感じでしたかね。



でも、今月は自分自身ちょっとばかりワクテカな(?)話も・・・

新刊原稿の印刷所への入稿も予定よりだいぶ遅れてしまったものの
とりあえず間に合ってホッとしながら家に帰ると、私宛に何やら一つの小さな荷物が・・・

IMG_3177.JPG

自分自身すっかり忘れていたんですけど(汗)、
2か月ほど前に自分でネット予約注文していた
Bトレインショーティーの「DE10形ディーゼル機関車」が届いてたんですね。
「12月発売」というのはかなり前から発表されていたんですが
以前DD51形ディーゼル機関車が発売の時は予約をせずにいたため、
発売後あっという間に売り切れて、しばらくの間は入手困難に陥ったという
苦い経験があるので、今回のDE10形は真っ先に先行予約していたんですよ。
それがタイミングよく原稿を入稿した直後に発売となり、お店もすぐに送ってくれまして・・・
思わぬ自分へのご褒美&クリスマスプレゼントになりました。

で、早速組み立てたんですが・・・

IMG_3174.JPG IMG_3176.JPG

・・・これがまた、なかなかの素晴らしい出来。
Bトレとは思えないパーツのこまやかさ、ディテールの再現性・・・
いや〜、4輌も購入した甲斐がありましたよ(笑)。
来月にはバンダイ純正のBトレのDD51・DE10専用の動力ユニットも発売されるとのことで
特に改造もせずに動力車化できるようになるので、
とりあえず足回りは取り付けずに、4輌分のボディだけを組み立てた状態で
今は動力ユニットが届くのを全裸待機中です(笑)。



・・・って、その前にまずは目の前の冬コミですよね(汗)。
私もBトレを全裸待機している場合でもなく(苦笑)、
まずはコミケの準備の方を頑張りたいと思います。

コミケに参加される方は、サークルの方も一般参加の方も
くれぐれも風邪などひかないよう体調を万全にして会場にお越しください。
今回もみなさんにとって大いに楽しいコミケになりますよう、心よりお祈り申し上げます。
posted by 松風あおば at 18:07| 告知

2014年08月14日

コミックマーケット86 参加します

IMG_1995.JPG
(↑)先日偶然撮れた虹

す〜っかりごぶさたしてしまっておりました(汗)。
今年も日本列島は猛暑に大雨にと・・・過酷な夏真っ盛りを迎えておりますが
みなさんはお元気でお過ごしでしょうか?

8月も中旬に入り、今はお盆休み真っ只中という方も多いかと思いますが
今年も真夏の祭典・夏コミ(コミックマーケット86)が
いよいよ明日(15日)から始まりますね。
当サークル「虹の卵」もかねてよりお知らせしていた通り
3日目・17日(日)にいつものごとく「創作少年」ジャンルにて参加予定ですが
ここであらためて告知させていただきます。

今回の虹の卵のスペースは

 東4ホール ム−57b

新刊は、『てつもえJ』となります。
5月のCOMITIA108での新刊『てつもえI』、
『えんじ色の二等客車 B線上の交声曲』(LavenderBlue)の方ももちろん出品しております。
今回もサークル席にてみなさまのお越しを心よりお待ちしております。


さて、夏のコミケといえば毎年「お盆」の頃というイメージが定着していますが
近年は8月の第2土曜(又は日曜)開催の「東京湾大華火祭」と日程が重なることが
多いことでも知られていますね。
今年は花火大会の日程とは1週間遅い形でコミケの日程が組まれたようですが、
先週の週末は台風11号の影響で関東も荒れ模様の天候となり
10日(日)に開催予定だった花火大会の方はなんと中止・・・順延なしという
散々な結末を迎えてしまいました。
なので先週がコミケでなくてよかったという声もちらほら聞かれるところですが
はてさて、この週末のビッグサイト周辺の天気や気温の方は、どうなりますやら?
先週のような台風や大雨の影響などはなさそうですが、
カンカン照りの晴天の下で昨年のような「コミケ雲」とかが発生したりするのも
もう見たくないところでもありますので(苦笑)、
残暑はあんまり厳しくなってくれるなと願うばかりですね。

毎年のことではありますが、一般参加者の方もサークル参加者の方も
くれぐれも熱中症対策は万全にして、体調管理に十分気を付けて
今回も楽しいコミケの時間をお過ごしください。


余談・・・というか、どうでもいい話ながら、
わが横浜DeNAベイスターズ、後半戦絶好調であります(悦)。
このところはTVで勝ち試合観ながら原稿描く幸せに浸っていた私でしたが
コミケ終わったらやっぱハマスタに思いっきり応援に行きたいところですな〜
・・・って、すみません、ほんとにどうでもいい話で(汗)。
posted by 松風あおば at 22:34| 告知

2014年06月07日

コミックマーケット86 参加のお知らせ

IMG_1053.JPG

今日は、四国の予土線のお話・・・ではありません(汗)。
(鉄道模型の話でもありません。)

昨日、今度の夏コミ(コミックマーケット86 )の抽選結果が出ましたので、そちらの報告です。
最近はいろいろなツールと人脈のおかげ(?)で他の方々からすぐに情報が入ってくるので
抽選のことをすっかり忘れてて自分で確認せずとも、自然と結果がわかってるという
なんとも便利というか、受け身な感じの私なんですが(笑)
おかげさまで今回も抽選通ったようで、夏コミ(コミックマーケット86)の参加が決まりました。

夏コミの「虹の卵」のスペースは

  8月17日(日) 東地区 ム−57b

とのです。

昨年は2日目に配置されていた「創作少年」ジャンルも、
今回は一昨年までの定位置・3日目に戻りましたね。
正直、私としてはこっちの方がしっくりくるというか、なにか落ち着くものがあります(笑)。
水瀬のサークル「LavenderBlue」は2日目の「ゆゆ式」島(西 る01a)での参加があるため
今回の創作ジャンルは(これまでのコミケと同じと言えばそうなんですが)
この「虹の卵」1スペースでの松風・水瀬の出展となります。

2人合同参加で本の数が多くなり、スペースのやりくりもなにかと苦労するところではありますが、
次々回のコミケ(2014年冬コミ)以降は
水瀬の「LavenderBlue」も「創作少年」ジャンルの方に転向し
前回の5月コミティア同様、「虹の卵 with LavenderBlue」という合体参加を目指しており
2スペース体制での参加が実現できそうなので、
今回はなんとか頑張って1スペースで乗り切りたいと思います(笑)。

今年の夏もみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。


にしても
今回は、創作系ジャンルでの私の知り合いのサークルさんや
私がいつも本を買っているサークルさんの落選がやたら多いんですよね。
実際に抽選が厳しくなっているのか? ただの偶然なのか? はわかりませんが
ここまでなじみのサークルさんの落選が多いと
なにかこっちのモチベーションまで下がりそうですよ(汗)。

6月に入り、梅雨入り前から各地ですでに猛暑日を記録していたりしてまして
今年の夏コミもどれくらいの猛暑が待ち受けているのか?・・・とかも
今から気になるところではありますが
とりあえずうちは今回もスペースをもらえてホッとしたというところで、
新刊作り、頑張らにゃなりませんね、ハイ(笑)。
posted by 松風あおば at 18:38| 告知