2020年06月17日

紫陽花(アジサイ)の咲く頃

梅雨の時期の風物詩といえば、やっぱり紫陽花(アジサイ)です。

関東も梅雨入りしましたが、
うちの庭もアジサイの花が今まさに見頃を迎えています(↓)。

IMG_0523.JPG IMG_0525.JPG
(↑)梅雨入りしたものの、ここ数日は晴天に恵まれている南関東。
  梅雨空のもと、雨に濡れた姿をイメージしがちのアジサイですが
  初夏の陽射しの降り注ぐ青空のもとで見るアジサイもまた美しいです。

IMG_0529.JPG IMG_0531.JPG
(↑)ガクアジサイも咲いています。
  装飾花(実を結ばない花)ばかりが集まって手毬状の花房を形作る
  園芸種のアジサイ(ホンアジサイ)が今や一般的なアジサイのイメージですが、
  両性花(実を結ぶ花)を中心に咲かせそれを縁取るように装飾花が咲く
  このタイプのアジサイこそが本来の原種のアジサイと言えるものなんですね。
  ガクアジサイの花言葉は「謙虚」。
  これはホンアジサイに比べ装飾花の数が少ないガクアジサイの姿が
  謙虚に見えることにちなんでいると言われています。


うちの庭のアジサイばかりでなく
今回は他所様のアジサイもちょっと見てみることにしましょう。
道路脇や公園、マンションや駐車場の植え込みなど、
今は街中の至る所でアジサイが咲いています(↓)。

IMG_0392.JPG IMG_0393.JPG

IMG_0399.JPG IMG_0397.JPG

IMG_0401.JPG IMG_0402.JPG

IMG_0405.JPG IMG_0404.JPG

IMG_0383.JPG IMG_0385.JPG

IMG_0407.JPG IMG_0407_2.jpg


こうしてあちこちでアジサイを見ていると
ひと言で「アジサイ」と言ってもいろいろある・・・といいますか、
咲いている株それぞれに個性があるのに気づかされます。
アジサイの花の色は品種だけでなく土の酸性度(pH)によっても
(青系又は赤系に)変わってくる、という話は
以前ここでも書いたかと思いますが、
それぞれが咲いている環境のさまざまな要素の微妙な違いが
花の大きさや色合いなどに少なからぬ影響を与えていて
それが花ごとの個性となって表れているのかもしれません。


恵みの雨を喜ぶこともあれば、
降り続く雨に少し気持ちが憂鬱になったりもする梅雨の季節・・・。
あちこちで咲きつつも、少しずつ違って見えるアジサイの花々を
一つ一つ愛でるひと時というのもなかなかいいものですね。
posted by 松風あおば at 21:48 | 日記

2020年06月14日

アベノマスク

6月も中旬に入り、関東甲信越も梅雨入りしましたが
一昨日、横浜市の北のはずれにある私の家にもついに
かの伝説のアイテムが届きました。

新型コロナウイルス感染症流行による緊急経済対策に基づいて、
全国の世帯に向けて一住所あたり2枚ずつ配布することが決定した布マスク・・・
俗に言う「アベノマスク」です(↓)。

IMG_0351.JPG IMG_0361.JPG

コロナウイルスの蔓延によるマスク不足を受けて
4月7日の閣議にて急遽決定したこの事業。
総額466億円(実際の調達費は当初見込みの169億円ではなく90億円とのことで、
当初の予算よりも低く収まる見通し)とも言われたその内容に
国民から激しく批判され、国内外のメディアから失笑されていたのは
記憶に新しいところです。

abenomask.JPG

abenomask2.JPG
(↑)始めは冗談かと思いましたが・・・国は本気でした(苦笑)。


実際の配布が始まってからも
一部に髪の毛や虫、カビなどの異物混入の不良品が見つかったり、
随意契約による受注先企業からの調達プロセスの不透明さを指摘されたりと
この2か月間いろいろ物議を醸したこのマスク。
各世帯への配布も遅れに遅れる中、市場のマスク不足もほぼ解消されて、
もはや自分の家がまだもらってないことすら忘れつつあったんですが
一昨夕、自宅の郵便受けを覗いたところ、夕刊と一緒に入っていまして
「ああ、これか〜」ということで、とりあえず記念撮影しておきました(笑)。

IMG_0373.JPG
(↑)三つ折りガーゼシート5枚重ねの平型ガーゼマスクで、
  本当に(私の世代が)小学生の頃、給食当番の時に着けていたマスクそのものです。
  問題視されていた汚れや髪の毛などの異物混入はありませんでした。
  
IMG_0362.JPG IMG_0365.JPG
(↑)大きさは文庫サイズよりもひと回り小さい縦9.5 cm、横13.5 cm。
  このサイズも昔はそんなに小さいとは思いませんでしたけど、
  今現在一般的に普及している使い捨ての不織布マスクに比べると
  かなり小さいんですよね。

使い捨てではなく「繰り返し洗って使える」というのが
最大の売りのこのマスクですが、
このサイズに関してはもう少し大きくできなかったものか?
とつい思ってしまいます。
これをつけたまましゃべろうものなら、顎に引っ張られてすぐに鼻が出てしまいそうで
ウイルス防御アイテムとしては少々心細いところですが、
安倍首相は毎日これをつけて国会や閣議に臨んでいますので(↓)
まぁこれも慣れなんですかね?

abenomask3.JPG

厚ぼったくて
この先の夏場などは蒸れて息苦しそうというのもありますが、
せっかく紆余曲折を経て(?)家まで届けてもらったものですので
ここは装着する場面を選びつつ、
この先のコロナ対策に有効活用させていただこうと思います。


IMG_0352.JPG IMG_0353.JPG

IMG_0354.JPG
(↑)同封されていた冊子(ペーパー)には、
  このマスクの利用方法、洗濯方法のほか、新しい生活様式の実践例、
  いわゆる3つの密を避けることなどが分かりやすく図解で説明されています。
  先に配布されたものと後の方で配布されたものとでは
  緊急事態宣言についての記述があったりなかったりと
  若干書かれている文言が違うそうですが、
  一般的に大事なこととされていることが書かれていますので、
  改めて一読しておくといいかもしれません。


諸外国で起きているような感染爆発には至らず、
緊急事態宣言も解除されたとはいえ、まだまだ油断できない新型コロナウイルス。
今日も東京都の感染者数は47人と一時期よりまた増えた感じで(汗)
今まで通りの生活に完全に戻るにはまだまだ時間がかかりそうですが、
引き続き一人一人が意識を高めることで、この未曽有の国難を乗り切りたいところです。
posted by 松風あおば at 23:58 | 日記

2020年06月11日

お絵描き(プリンセスコネクト!Re:Dive)

今日はお絵描きです。
人気のソーシャルゲーム『プリンセスコネクト!』の続編としてリリースされた
『プリンセスコネクト!Re:Dive』が今期アニメ化されていますが
そのメインキャラクターを描いてみました(↓)。

プリンセスコネクトReDive (3).png
(↑)コッコロとペコリーヌ、キャルの3人です。

『プリコネ』は、主人公が「レジェンドオブアストルム」という
VRオンラインゲームをプレイしているという設定。
前作では主人公が ヒヨリ、ユイ、レイという女の子たちと
ギルドを結成し一緒に冒険していたんですが
主人公は一緒に戦っている女の子たちの能力を引き上げて
ユニオンバーストと言う必殺技を使えるようにすることが
出来たんですね。
『プリンセスコネクト!Re:Dive』はその続編なんですが
アニメの方は、前作のラストの戦いに敗れた主人公ユウキ君が
その時の後遺症で記憶を失い、精神が幼児みたいになってしまった状態で
ぼーっとしてるところから話が始まります。

前作ゲームのストーリーが複雑な上に
そのバッドエンドの続きからアニメ化するってどうよ
・・・って感じではあったんですが、
アニメの方は完全オリジナルストーリーで
ぶっちゃけ『プリコネ』の世界観や前作ストーリーを全く知らなくても
楽しめるようになっていました。
主人公が幼児みたいになっていてほとんど言葉を発しないというのが
ちょっとレアというか、もやもやさせられる(?)設定ではあるんですが
まぁ雰囲気的には『このすば(この素晴らしい世界に祝福を!)』みたいな感じ
(監督も同じ人です)ですかね。
メインキャラ(美食殿)以外のギルドの面々など
前作ゲームを知らないと「??」な要素もちらほらあるんですけど
そのへんはすっ飛ばして観ても十分楽しい
異世界美少女ファンタジーアニメといったところです。

かくいう私自身も
『プリコネ』のゲームの方はやったことが無いんですが、
こうなるとゲームの『プリコネ』の方もやっぱりちょっと気になってきますね。
ゲームの方は、アストルムの中のキャラクターとともに
現実世界のプレイヤーとしてのキャラクターも絡んでくるみたいなんで
そのへんは『ソードアートオンライン』とかと同じような感じですが
あっちのアスナをちょっぴりおバカキャラにしてみたのが
こっちのペコリーヌさんとかってとこなんしょうかね?
(・・・んなこと言ってると川原君に怒られそうですが(笑)。)

プリンセスコネクトReDive.jpg

にしても、ゲームにしてもラノベにしてもアニメにしても、
こういう異世界ファンタジーモノの世界ってのは、
どうしてこうも主人公がかわいい女の子たちにチヤホヤされるんですかね?
私もたまには異世界に転生されてみたいもんです(笑)。
posted by 松風あおば at 23:01 | 日記

2020年06月08日

ビワのコンポート

IMG_0332.JPG IMG_0330.JPG

今年はうちの庭のビワが大豊作・・・という話は先日書きましたが
ここ半月ほどは毎日大量のビワの実を収穫しています。

IMG_0334.JPG IMG_0335.JPG

収穫したビワは基本的にはそのまま食べるんですが
今年は本当に大豊作で毎日食べきれないほど穫れるので、
その多くは皮をむいて種を取り除いたものを鍋に入れ
水とグラニュー糖、レモン汁などで煮つめて
コンポートにして保存しています(↓)。

IMG_0321.JPG IMG_0323.JPG
(↑)煮つめるだけで保存食になるだけでなく、味に重厚感が出るんですね。
  このまま冷やして食べても良し、
  さらに煮つめてジャムなどにして食べても良し、
  ヨーグルトやアイスクリームなどに混ぜて食べても良しと、
  いろいろ使えて便利なんです。

IMG_0325.JPG IMG_0326.JPG
(↑)ゼラチンで固めてビワゼリーも作ってみました。
  ビワの優しい甘さと触感、ゼリーのひんやりとしたのどごしが
  今の季節にはちょうどいいデザートになります。


そのまま食べても美味な旬の果物ですが、
加熱したりちょっと手を加えてみることで
生の素材の時とは違う味わいや触感が生まれ、
そこから新しい食の世界が広がるのを感じます。

料理やお菓子作りというのも
素材の特徴を知りそれをどう生かすかという
人間の英知による創造の産物なんだ、
というのを改めて感じている今年の初夏です(笑)。
posted by 松風あおば at 23:51 | 日記

2020年06月06日

御チュウ元

友人から「御チュウ元」が届きました(↓)。

IMG_0311.JPG IMG_0312.JPG
(↑)「御中元」ではなくて、「御チュウ元」です。

中身は、群馬県高崎市の洋菓子店「ガトーフェスタハラダ」の
ラスク「グーテ・デ・ロワ(GOUTER de ROI)」
・・・わりと有名なお菓子なので、ご存知の方も多いんじゃないかと思います。
そのガトーフェスタハラダさんが今
ラスク販売20周年記念の企画商品として「ポケモン缶」というのを出してまして、
今回はその中身のラスクを送ってくれたんですね。

IMG_0313.JPG IMG_0316.JPG
(↑)送料節約のため、
  缶から出した中身だけ送ってくれるあたりが友人らしいんですが(笑)、
  包装紙も確かにポケモンデザインになってました。


IMG_0317.JPG IMG_0318.JPG IMG_0319.JPG
(↑)各種ポケモン(ピカチュウ、イーブイ、カビゴンなど)をあしらった個包装のラスクです。
  ラスク自体は普通にガトーフェスタハラダのグーテ・デ・ロワなんですけど
  キャラものってのはやっぱりなんとも心が和みますよね。(笑)。


実はこの商品、ガトーフェスタハラダさんが予約受付を始めたところ
2週間ほどの間になんと数万個もの注文が入り
発売前から増産が決定してしまったほどの人気ぶりなんだとか。
ポケモン人気が今なお盤石であることも物語っていますが、
なにより今は世の中全体がコロナによる自粛ムードや閉塞感に包まれている最中・・・
キャラクターに癒しを求める多くの人のニーズとも合致したのかもしれません。

こういう遊び心が世の中を明るくするんだよな〜ってつくづく思います(笑)。


写真を撮った後しばらく放置していたら
家族に早速食べられてしまって、私の分は1袋しか残ってなかったんですが(汗)、
私も面白美味しくいただきました。
posted by 松風あおば at 17:01 | 日記

2020年06月03日

Nゲージ ヨ8000形 車掌車

鉄道模型ブランドのKATOから
国鉄貨車の「ヨ8000形車掌車」(Nゲージ)が発売されると聞いて
模型店に予約していたものが、先日届きました(↓)。

IMG_0195.JPG IMG_0193.JPG
(↑)発売とともにネット販売の模型店では品切れが続出。予約しておいてよかったです(笑)。


「車掌車」とは、主に貨物列車の最後尾に連結される
車掌(列車掛)が乗務する車両のこと。
デッキ構造に手ブレーキを装備した業務用車両で
さらに貨物も積載できる車両は「緩急車(かんきゅうしゃ)」と呼ばれるんですが、
JRの前身であるかつての国鉄の貨物列車には、一部の例外を除いて
車掌車又は車掌室を持つ合造貨車の緩急車が連結されていました。

ヨ8000形は、老朽化した従来の車掌車(ヨ5000形など)の置き換え用として
1974年(昭和49年)に登場した車掌車です。
性能や外観は従来の車掌車から大幅に変更され、
車内に石油ストーブやトイレが設置されるなど
車掌の乗務環境を格段に向上させた車掌車の集大成ともいえる形式で、
1979年(昭和54年)までに1,170両が製造され
北海道から九州まで全国各地の路線を走る貨物列車などで活躍しました。

しかし一方で
貨物列車を牽引する機関車も時代とともに進歩し
ブレーキ性能の向上とともに、デッドマン装置・列車防護無線装置など
各種安全装置の整備が進んだことで
貨物列車も機関車の運転士(機関士)のみで安全運行することが
可能となっていったんですね。
そのため1985年(昭和60年)以降は貨物列車の車掌乗務が原則廃止され
ヨ8000もその活躍の場を失い、その後は急速に廃車が進みました。

ヨ8000は現在もJR貨物などにわずかながら現役車が残っていますが
今は鉄道車両の甲種輸送や特大貨物列車の係員添乗用、工事用など
特殊用途に使用されるのみとなっていて、
その姿を見る機会はほとんどなくなっています。


yo8000.JPG


で、今回購入したのは、
そんなヨ8000形車掌車の鉄道模型(Nゲージ)・・・なんですが
実はこのヨ8000のNゲージがKATOから発売されるのは今回が初めてではありません。
KATOのヨ8000の旧ロットはかなり昔から販売されていまして
私・松風も旧ロットの方はすでに持っていたんですが、
今回の新ロットは「フルリニューアル」ということで
その仕様自体が大幅に変更されていたんですね。
新ロットは、旧ロットでは点灯しなかったテールライトが点灯するようになったほか
かなりディテールにもこだわったようで
ビジュアル的にも大きく違うものになっていたんです。

IMG_0232.JPG IMG_0235.JPG

IMG_0227.JPG IMG_0230.JPG
(↑)これが今回購入した新ロットのヨ8000。
  昭和50年代後半の国鉄時代末期の頃の姿がプロトタイプで
  デッキ前面の両側、両エンドとも石油ストーブ設置車表記ありの姿を再現しているほか
  ブレーキハンドル側のデッキ横ステップを白色で再現しています。
  両側ともテールライト点灯。別売の室内灯も組み込み可能で
  均等に室内が照らされる様子を再現できる室内灯拡散板が付属しているなど
  かなりのこだわりを見せています。

IMG_0199.JPG IMG_0200.JPG

IMG_0306.JPG IMG_0309.JPG
(↑)一方、こちらは昔からあった旧ロットのヨ8000。
  こちらはテールライトは点灯せず、室内灯も組み込めません。
  ですのでお値段も500円ちょっととかなりお安く
  少年時代のお小遣いでも手に入れやすい車両でした。

IMG_0215.JPG IMG_0222.JPG
(↑)両方を並べてみます(左が旧ロット、右が新ロット)。
  単独で見た感じではあまり違いはなさそうだったんですが
  実際並べてみると結構違うことに気付かされます。
  まずはその大きさ・・・旧ロットの方が明らかにひと回り大きいんですよね。
  新旧とも同じ150分の1スケールのはずなんですけど
  昔のNゲージは貨車などの小型車両は存在感を出すために
  わざとやや大きめに作っていたという話も聞きます。
  今はディテールを忠実にこだわったハイグレード仕様が好まれますので
  そのへんは製作年代の考え方の差が出ているのかもしれません。

IMG_0204.JPG IMG_0221.JPG
(↑)屋根の色も、旧ロットは灰色なのに対し新ロットは黒一色。
  実車の写真を見ると、光の加減で屋根の色がやや明るく見えるものもありますが
  実際の色としては車体全体がほぼ真っ黒に近いものですので
  リニューアルに際して屋根を黒くしたのも頷けます。
  新ロットは手ブレーキ装備側の手すり・ステップが白塗装となったほか
  トイレ窓も実車に合わせて白入れがされました。

同じ車両を同じメーカーが模型化したものでも
製作時期によってここまで違うとは・・・と改めて驚かされますが
こういうのがあるのも鉄道模型の面白いところなんです。


さて、こうなると
KATO製品のみならず、他社のヨ8000とも比較してみたくなってきました。
KATOのライバルブランドであるTomix(トミックス)もヨ8000を製品化しており、
私自身こちらも所有しておりますので、今度はKATO車とTomix車で比較してみましょう。

IMG_0238.JPG

IMG_0241.JPG IMG_0243.JPG

IMG_0249.JPG IMG_0252.JPG
(↑)こちらはTomixのヨ8000形車掌車。
  Tomixもかなり昔からヨ8000を製品化しており、
  現時点ですでに3次ロット製品まで出ています(写真は最新ロット)。
  但し、Tomixのヨ8000は初期ロットからテールライトが点灯する仕様で
  ディテールにもこだわっていたため、ロットによる違いはそれほど大きくなかったようです。
  ヨ8000に関してはこれまでは
  テールライトのつかない廉価版のKATO車、  
  テールライト装備、高価なハイグレード版のTomix車という感じに
  ユーザーのニーズも棲み分けされていたんですね。

IMG_0272.JPG IMG_0258.JPG
(↑)しかし・・・今回KATOも大幅リニューアルにより
  ハイグレードなヨ8000を作ってきましたので
  いよいよ両者を同じ土俵で比較できるようになりました。
  早速両方を並べてみると(左がTomix車、右がKATO車)
  ・・・ん〜、どっちもいい感じ(笑)。

IMG_0256.JPG IMG_0275.JPG
(↑)車体の大きさや色合いはほぼ同じで、パッと見だと違いが判りません。
  両車ともHゴムは灰色で、サッシは銀色で印刷済。
  テールライト上の白帯もいい感じに入っています。
  手ブレーキ装備側を示す手すり・ステップの白塗装は
  実車でもあるものと無いものがあるので
  あっても無くてもどちらが正解というものではなさそうですが
  トイレ窓についてはやはり白入れをしているKATOの方が正解でしょうか?
  
IMG_0268.JPG IMG_0264.JPG
(↑)手すりの太さや一部の窓の大きさに若干の違いがあるような?無いような?
  実車の写真と見比べてみても、このへんは角度によって違って見えますので
  どちらがより忠実に再現しているのか?なかなか判断がつかないところです。
  
IMG_0282.JPG IMG_0289.JPG
(↑)最後にテールライトの点灯具合を比較してみます。
  奥がTomix車、手前がKATO車ですが、ライトはややTomixの方が明るめみたいですね。
  これもどちらが実車に近いかは判断がつきにくいところなんで、
  このへんはユーザーの好みの問題ですかね。

という感じで
KATO車とTomix車に関しては、いくつかの要素で違いは見られるものの
どちらも気合い入っていて本当に互角と言いますか・・・
どちらの方が出来がいいかの判断は難しいところ。
最後はユーザー個人の好みの問題なんですが
私としてはどっちも気に入ったので、あえて優劣を決めずとも
めでたしめでたし(?)と言ったところでしょうか?

同じ型式の車両を
同じ縮尺で作っているはずの鉄道模型(Nゲージ)ですが
こんな感じに
メーカーやロット(製作時期)によってもいろいろ違ってくるものなんですね。
メーカーの担当者も
「以前のロットよりいいもの」「他社の製品よりいいもの」
をきっと意識して各製品を作っていることかと思いますが
今回のヨ8000の比較でそのへんの情熱をも垣間見ることができました。


というわけで、
KATO車(新ロット)購入に伴う、Nゲージ・ヨ8000形車掌車のお話でしたが
今後はKATO車(新旧ロット)・Tomix車ともに、
わがレイアウトで走らせながら大いに楽しもうと思います。


IMG_0302.JPG IMG_0303.JPG
(↑)実際の鉄道では、貨物列車に車掌車が連結されなくなって久しいですが、
  鉄道模型ではまだまだ人気の高い車掌車。
  一鉄オタとしては
  やっぱり貨物列車は最後尾に車掌車がある方が見栄えがいい・・・というか、
  しっくりきますね(笑)。
posted by 松風あおば at 23:01 | 日記

2020年05月31日

お絵描き(新米姉妹のふたりごはん)

今日で5月もおしまいですね。今月の〆はお絵描きです。

今回は『月刊コミック電撃大王』にて連載中のお料理漫画、
『新米姉妹のふたりごはん』(柊ゆたか)のメインキャラ二人を描いてみました(↓)。

新米姉妹のふたりごはん.png

サチは人懐っこい天真爛漫な性格にして、しっかり者の女子高生。
あやりは大人しく人見知りする性格で、緊張すると目つきが鋭くなる女子高生。

親の再婚により、突然姉妹となったサチとあやりは
両親が再婚してすぐに海外旅行に発ってしまったため、
いきなり二人だけで生活することになってしまいます。
最初はお互い相手が「自分を嫌っているのでは?」と思うほど
同居生活に大きな不安を感じていましたが、
父親から「生ハムの原木」が送られてきたところで状況は一変。
実はあやりは不器用な性格ながら料理は得意な女の子だったんです。
誤解が解け、打ち解けた二人はそこから新たな生活の第一歩を踏み出します。

料理が趣味のあやりと
料理は苦手だけど食べるのは大好きなサチ
という点でも対照的な姉妹だったんですが、
そんな二人が同居生活の中、料理を通じて絆を深めていく物語なんですね。

各エピソード内で登場する各料理もとても美味しそうに描かれている
いわゆる「グルメ漫画」「飯テロ(?)作品」でもあるんですが、
この作品の最大の魅力はやはり料理を通じて深まるサチとあやりの絆・・・。
お互いを思いやる二人の姉妹の心温まるやり取りが
実にかわいらしく、なんともいい感じに描かれています。

shinmaisimai6.JPG

昨年秋にはなんと実写ドラマ化までされたこの『新米姉妹のふたりごはん』。
そろそろアニメ化もしてほしいですね。
posted by 松風あおば at 23:55 | 日記

2020年05月28日

ビワ豊作

IMG_0547.JPG

先日ビワの実が色づき始めたのを見て
「今年は豊作になりそう」と言ってたばかりなんですが、
あれからさらにたくさんの実が色づき、ここ数日は毎日のように収穫しています。

IMG_0551.JPG IMG_0554.JPG
(↑)去年は不作であまり実がならず、
  ハクビシンやカラスにいい実はみんな食べられてしまって
  ほとんど収穫できなかったんですが、今年は逆に大豊作です。

IMG_0524.JPG IMG_0520.JPG
(↑)さらに今年の実は粒が大きくて、全般的に甘いんですよね。
  こんな当たり年は滅多にありません(悦)。


例年ならビワの実の収穫期に差し掛かる頃、
南関東も梅雨入りを迎えるんですが、
今年はビワのシーズンの方がちょっとだけ早いみたいですね。
posted by 松風あおば at 23:58 | 日記

2020年05月26日

お絵描き(のんのんびより)

今日はお絵描きです。
今日は、『月刊コミックアライブ』で原作漫画(あっと)が連載中にして
2013年にTVアニメ1期、2015年にTVアニメ2期が放送され、
2018年には劇場版も公開された田舎の日常コメディ漫画(アニメ)、
『のんのんびより』のメインキャラです(↓)。

のんのんびより.png
(↑)今回の絵はもともと他人様に見せる用ではなく、クリップスタジオのいろいろな機能を
   試してみる用に描いていたラクガキだったので、塗りが所々雑ですみません(汗)。

とある田舎にある全校生徒が5人しかいない
旭丘分校(小・中学校)に通う少女たちの
スローライフな日々を描いたお話『のんのんびより』。
内容的にはあえてこれ以上説明するまでもない(?)作品ながら
物語の中の、自然豊かな田舎でのゆったりと流れる時間に
観ているこちらもほっこり、まったりしてしまう、そんなお話です(笑)。


そんな『のんのんびより』なんですが
実はなんと、第3期のTVアニメの放映がいつの間にか決定していたんですね(↓)。

のんのんびより3期.JPG

タイトルは『のんのんびより のんすとっぷ』
・・・「のんすとっぷ」というのが田舎らしからぬタイトル(?)な気もしますが、
2021年1月より放送予定とのこと。
キャスト陣も、以前ともちろん同じ(宮内れんげ:小岩井ことり、
一条 蛍:村川梨衣、越谷夏海:佐倉綾音、越谷小鞠:阿澄佳奈・・・)ようですね。
また、彼女たちのまったりゆるゆるな日常に癒されたいと思います。
posted by 松風あおば at 23:42 | 日記

2020年05月23日

コミケ中止に伴う当選サークルへの返金等

昨日(5月22日)、コミックマーケット準備会より
今回のコミックマーケット98(5月2日〜5日)中止に伴う
当選サークルの参加費の返金等についての告知(↓)がありました。

comiket.5.22.JPG

新型コロナウイルスの感染拡大により
開催の中止を余儀なくされた今回のコミックマーケット98。
・・・とはいえ、すでに準備作業その他で多額の諸費用が発生しており
サークルへの参加費の全額返金は難しい、
という話が先月末にすでに準備会より出ていたことは
この日記でも触れていたかと思います。

昨日の発表は
最終的に決まったその具体的な措置についての告知だったんですが、
当選サークルが支払った参加費については、結局のところ
各サークルが次の3つの選択肢から選ぶことになりました。

 (A) コミックマーケット99またはコミックマーケット100の参加費への
    繰越クーポン(6,000円分)の発行

 (B) 振替払出証書による返金(5,000円)

 (C) 寄附(繰越クーポン・返金を求めない)


返金額は5,000円。
・・・これは、まぁ大方予想通りの金額(?)といったところでしょうか。
1SPあたりの参加費が8,000円、これに申込書セット代1,000円、
オンライン(Circle.ms)申込みだと、さらにシステム手数料の1,100円が加算され
1サークルあたり(駐車料やカタログ代を除いて)
9,000円〜10,100円を支払っていますので、結局のところ
実質半額程度の返金ということになってしまったんですが、
事情が事情だけに仕方ありません。


一方、(B)の5,000円の返金以外にも選択肢として、
(A)繰越クーポンと(C)寄附も選べるようになっています。

(A)の繰越クーポンは、今回のサークル参加費のうち6,000円分を
この先開催予定のC99又はC100に繰り越して充当できるというクーポンで
(B)の返金を選択するよりも1,000円お得になります。
今後も継続してコミケに参加する予定のサークルならば
こちらを選択した方がよさそう・・・ではあるんですが、
実際のところ次のコミケがいつ開催されるのかすら不透明な今の状況だと
(B)の返金とどちらを選択すべきか?迷う人も多いかもしれませんね。

そして、究極の選択(?)は(C)。
繰越クーポンも返金も求めない準備会への「寄附」とのことで
今後のコミケの運用資金として丸々活用してもらおうというものです。
いろんな意味で余裕のあるサークルだけの選択肢になるかと思いますけど、
これを選択した場合は、緊急経済対策における税制上の措置である
「中止等された文化芸術・スポーツイベントに係る入場料等の払戻請求権を
放棄した参加者への寄附金控除の適用」を受けられるよう、
その手続きを現在行っているとのことで、正式に対象となれば
寄附サークルには確定申告書に添付する証明書(「払戻請求権放棄証明書」)も
発行されるようです。


ということで、
サークルとしてはどの選択肢をとるか?
ちょっとばかり悩ましいところではありますが
(うちとしてはひとまず(A)の繰越クーポンを選択する予定ですが)
今は同人界全体が苦難の時・・・。
ここは一日も早くコロナが終息し
再びイベント会場にて作品を通じて多くのみなさんと交流できる日が来ることを願い
日頃お世話になっている同人イベントの主催者や
その他同人界を支えてくれている多くの業種のみなさんの苦しい現状も鑑みて
出来る限り協力していきたいところですね。


ちなみに・・・
うち(虹の卵)が申し込んでいたイベントでコロナで中止になったのは
今のところコミケだけなんですが、
今月中止となった(私がよく知っている)イベントの返金状況をざっと調べてみると
大体こんな感じみたいです(↓)。

  <コミックマーケット98>
    8,000円(1sp 郵送申込)+参加申込書1,000円
    9,100円(1sp オンライン申込)+参加申込書1,000円
        ↓
    返金額 5,000円

  <COMITIA132extra>
    6,400円(1sp追加イス無 郵送申込・オンライン申込共通)
        ↓
    返金額 3,500円

  <関西コミティア58>
    4,500円(1sp追加イス無 郵送申込)
    5,100円(1sp追加イス無 オンライン申込)
        ↓
    返金額 2,500円

  <第十七回博霊神社例大祭>
    5,800円(1sp オンライン申込)
        ↓
    返金額 3,000円

 ※ 直接返金額のみの比較(繰越クーポン等を除く)。
 ※ カタログ代や駐車料の返金額は除く。


こう見ると、大体どこも参加費の5〜6割程度が返金されている
といったところでしょうか。
主催者にとってもサークルにとっても開催中止はやっぱりつらいですね(悲)。
posted by 松風あおば at 18:30 | 日記